千葉県立四街道特別支援学校
本校は病弱教育を専門とする県立学校です
 

文部科学省研究開発学校指定

1 文部科学省研究開発学校指定

研究開発学校制度は、学習指導要領等の現行の教育課程の基準によらない特別の教育課程の編成・実施を認め、その実践研究を通して新しい教育課程・指導方法を開発していこうとするものです。

本校では、この制度の下、平成27年度から30年度までの4年間、研究開発学校として指定を受け、研究を進めています。

 

2 研究テーマ

  特別支援教育(高等部におけるICTを活用した遠隔教育)

 

3 研究開発課題

特別支援学校(病弱)高等部における遠隔地の病院に入院中の生徒に対するICTを活用した遠隔教育の在り方についての研究開発

 

4 研究の概要

本校は,病弱特別支援学校として高等部を有し、自宅療養や遠隔地の病院へ入院した高等学校の生徒の転入を受け入れている。
これらの生徒は、病状や学力、学科等様々であるが、出席の確保、履修継続、単位修得、学力向上、復学等という共通したニーズがあり、現在、訪問教育として対面で教科指導を行っているが、授業時数、履修科目の確保に困難を極めている。

病弱特別支援学校高等部においても、病気療養時に多様なメディアを利用した授業等の導入が制度化されたので、単位数の上限等について、より柔軟な対応をすれば、病状からの制約や複数の入院先があっても、入院中の生徒の学習の保障と充実、ひいては入院生活のQOLの向上につながる。

そこで本校では、ラポートを大切にしながら、履修状況、本校へのニーズ等個々の生徒の実態に応じた形で遠隔教育を新たに導入し、訪問教育と併せて実施する病弱特別支援学校高等部における教育課程の研究開発を実施する。

 

5 研究の仮説等

(1)研究仮説

遠隔地の病院に入院するなど通学が困難な病弱特別支援学校高等部生徒の多様なニーズに応じた教育課程を編成し、対面授業に加え、前籍校との連携を含めた同時双方向型授業やオンデマンド型の授業などICTを活用した遠隔教育による多様な授業を行うことにより、学習の保障と学力向上を図り、生きる意欲を高めていくことができる。

 

(2)教育課程の特例

ア 特別支援学校(病弱)の高等部において、全課程の修了要件として定められた単位数の2分の1未満を上限とする遠隔教育の単位数を緩和する。

イ 受信側生徒が1名で、配信側教師の即時指導や質疑応答等ができる同時双方向型授業においては、受信側に教員を置かずに対面授業と同等に扱う。

  更に、受信側が複数になり、場所が異なっても、受信側デバイス1台に生徒が1名なら、同様に扱う。