様々な支援

1 全県の病弱教育(院内学級・訪問教育,通常学級)への支援
 病弱教育に関係する特別支援学校、院内・訪問学級と「病弱教育連絡協議会」を組織し、情報交換、
研修会等を行い、地域支援ネットワークの構築に努めています。

2 市内・近隣の幼・保・小・中・高等学校への支援
 「四街道市特別支援教育連絡協議会」を軸に、近隣の幼稚園、保育園、小・中・高等学校との連携を
図り、支援を行っています。

3 教育相談による支援
 県内全域から病気の児童生徒に関する相談を受け支援を行っています。特別支援コーディネーター
を中心に、電話、来校、訪問、メール等で個別の教育相談に応じています。
 具体的には、
 「集団活動への参加ができない」
 「周囲の人とうまく関われない」
 「学校に行けない」
 「医療的ケアを受けさせたい」
 「病気を治療しながらの進学が心配だ」
 「学校生活で様々なトラブルがある」
 「部屋にひきこもっている」などがあります。
相談内容については守秘義務を厳守しますので、お気軽に御相談下さい。

4 教育・医療相談会
 本校では、センター的機能の地域支援の一環として、隣接する独立行政法人国立病院機下志津病院
と連携し、医師、臨床心理士、本校職員による教育・医療相談会を7月の第一週に実施しています。