学級編成

本校は、児童生徒が病気を治しながら学習できるように、病気や障害の状態および発達段階に応じて、
 「小学校、中学校または高等学校の教育課程に準じた学級」
 「知的障害・精神疾患等のある児童生徒については、教科等の指導も取り入れた学級」
 「重度重複障害のある生徒については、自立活動を主とする学級」

を編成しています。

 

実施上の配慮

児童生徒の実態に応じて「通常学級での指導」以外に、次の様な授業形態も実施しています。
 「床上での指導」
  医師の判断、児童生徒の状態により、ベッドサイドでの学習を行います。
 「訪問による指導」
  児童生徒に応じて教育課程を編成し、週3回(1日2時間)程度、教員が訪問して学習します。
 「院内学級での指導」
  日本医科大学千葉北総病院に入院している児童生徒に対して、病院内での学習を行います。
 「通級による指導」
  教育的支援が必要な他校の児童生徒に対して、可能な範囲で本校に通って学習します。

 

医療的ケア

本校では、主治医の指示に基づき学校看護師や教員が必要な研修を受けて、吸痰、経管栄養などの
行為(医療的ケア)
を行っています。

学校看護師は常駐しており、児童生徒個々に必要な医療的ケアを行うとともに、健康観察にも常に
気を配り、より快適に安心して教育が受けられる環境づくりに尽力しています。