吹奏楽部のおしらせ

2019/12/28

【吹奏楽部】校内クリスマスコンサートの報告♪

| by 吹奏楽部顧問

12月23日[月]、校内クリスマスコンサートについて報告します(๑•̀ㅂ•́)و✧

例年終業式の日の放課後に校内でクリスマスコンサートをやっています。劇仕立てにしながら曲を演奏していく感じです₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾


観客の生徒たちも非常に多く駆けつけてとても盛り上がってくれました。とてもありがたい(助かる)観客です

今年は曜日の並びの問題で、自衛隊が金土日、翌週土曜日にそごう、そして月曜日に校内クリコンなので大変でしたが、盛り上がってくれるとそれも吹き飛びますね。冬休みは楽器別に講師の指導を受け、年明けは地区連合音楽会目指して活動します。


○セットリスト

・アンサンブル×2

・カーペンターズフォーエバー (編:真島俊夫)

・サンタが街にやってくる in Swing (作:J. Fred Coots/編:金山徹)

・シロクマ (作:RYO KISHIMOTO/編:YUKIO KIKUCHI)

・クリスマスソング(作:清水依与吏/編:宮川成治)

・スーパークレジット(作:Michael Giacchino/編:郷間幹男)

enc. Inba de Smba!!(作:神長一康) +宝島(作:和泉宏隆/編:真島俊夫)


「カーペンターズフォーエバー」

吹奏楽の編曲者として有名な真島俊夫による編曲で、持ち味の(?)原曲からガラッと変えつつも聴いて楽しい仕上がりになってます。ただ中高生にはキーがちょっと高め(?)かもですね。

「サンタが街にやってくる in Swing」

クリスマスの曲はよくジャズ風にアレンジされるイメージがあります。この曲もグレンミラーっぽくアレンジされています。短期間でグレンミラー風までは難しかったものの、速くして誤魔化さずともハネ感はまあまあそれっぽいとこまで持っていけた感じはします。あとはやっぱりタイム感は日頃からやっとかないと厳しいですね。

「シロクマ」

Jabberloopはジャンル的にはクラブジャズということになるのか(?)、とてもキャッチーでカッコよく小洒落た感じもあり、盛り上がる非常に楽しくていい曲です。テレビでも使われてますね。ニューサウンズインブラス2018のJabberloopメドレーに取り上げられたこともあり、野球応援等でも最近演奏される機会も多くなりました。今回の編曲は吹奏楽オリジナルverで、原曲のPiano soloをAlto Sax soloに置き換えTp soloはなるべくそのままになってます。ソロが書き譜を吹くだけで格好いいという(吹奏楽ポップスアレンジでは基本ない)。

「クリスマスソング」

近年人気があるback numberの一番のヒット曲。プロデューサーが小林武史というのもあるのか、古き良きJ-POPの匂いがします。今回選んだアレンジではそのまま吹くとあまりいい感じにならなかったので、J-POPのドンシャリ感を意識して大胆にパートごとの音量をいじってあげると原曲のイメージに近いそれっぽい演奏になりました。あとハネ感もうまく調整してあげないといい感じにならないですね。

◯写真
パーカッション                      1年金管アンサンブル

スーパークレジット 打楽器後方より             宝島 客側から


02:00 | 投票する | 投票数(3) | 報告