千葉県立四街道高等学校
 〒284-0003 千葉県四街道市鹿渡 809-2
 TEL 043-422-6215 FAX 043-424-4104
 e-mail yotsukaido-h@chiba-c.ed.jp

 

授業の様子

授業の様子 >> 記事詳細

2021/06/30

【家庭科・3年生 生活産業基礎】特別授業⑧

| by 家庭科教員
6月29日(火)
【家庭科・3年生 生活産業基礎】特別授業⑧
障害者福祉施設永幸苑 後藤 智子 先生

障害者福祉を学ぶということで、今回は障害者福祉施設永幸苑で働いている後藤先生にお越しいただきました。
後藤先生は生活産業基礎の授業がスタートして以来7年間、この授業にご協力いただいています!
 
現在の障害者福祉のお仕事に就くまでのお話や、仕事の内容、やりがいや大切にしていることなど、多くのことをお話しいただきました。
特にお仕事の内容に関しては、”その方の出来ないことをお手伝いする”ということを大事にお仕事をされているというお話を伺いました。その方が出来ることさえも、自分がやった方が早かったり、やるのが大変そうに見えるからといって、支援する側がやってしまうことで、その人がそれまで時間がかかっても、ちょっと大変でも出来ていたことが出来なくなってしまうきっかけを作ってしまうというお話を伺いました。「誰かの役に立ちたい!誰かの生活を支援したい!」という気持ちが強く、そうしたことからヒューマンサービスを将来の自分の仕事にしようと思っている生徒が多いので、このお話はやってあげることだけがすべてなのではなく、あえてやらないという見極めが大切なのだという新たな視点になったのではないかと思います。
 
 
施設紹介のDVDも見せていただきました。
法人が運営している施設の中には、生徒の住んでいる地域にもある施設があり、授業後に「家の近くの施設があってびっくりした!毎朝その前通って学校来てます!」と話す姿も見られました。

利用者さんを施設の職員の方だけで無く、医師や看護師、歯科医、薬剤師、マッサージの方、ボランティアの方と多くの人が連携して支えているという話も印象的でした。だからこそ、コミュニケーションをとることの大切さがよくわかったのではないでしょうか。

そして最後に人と接する仕事に就くにあたって大切なことをお話ししてくださいました。人と接する仕事だからこその難しさがあるけれど、だからこそのやりがいがあるということを後藤先生のお話から知ることが出来たと思います。

1学期の特別授業は今日の授業で終わりになります。
後藤先生もおっしゃっていましたが、「人間じゃないと出来ない仕事」の出来る人になってほしいと思いますし、そういう生徒を育成しなければならないと私自身改めて感じさせられました。

2学期の授業では、ヒューマンサービス関連産業で必要となる知識そして技術を、体験的授業を交えながら、生徒一人ひとりに身につけさせていきたいと思います。

1学期にお越しいただきました講師の先生方、本当にありがとうございました。
10:06