千葉県立四街道高等学校
 〒284-0003 千葉県四街道市鹿渡 809-2
 TEL 043-422-6215 FAX 043-424-4104
 e-mail yotsukaido-h@chiba-c.ed.jp

 

授業の様子

授業の様子 >> 記事詳細

2021/12/08

【家庭科・1年生 家庭総合・消費生活分野】外部講師特別授業

| by 家庭科教員
1年生の家庭総合では、衣生活分野、消費生活分野、住生活分野、家族・家庭生活分野を勉強します。
2学期前半に勉強していた消費生活分野のまとめとして、外部講師の先生にお越しいただき、特別授業を行いました!


アクサ生命保険株式会社よりファイナンシャルプランアドバイザーの福田 亨様と齊藤 基幹 様にお越しいただきました。
「人生100年時代 大人になるために必要なこと」と題し、人生のライフプラン設計のプロであるファイナンシャルプランナー
から、ライフプランの設計の仕方、資産形成の方法など、“人生100年時代”と呼ばれる長い人生を夢や目的を持って生きるために必要な知識を学ぶための授業を、1学年全クラスで実施していただきました。
 
 
なぜライフプランを立てる必要があるのか、昔と今でどのくらい生活が変化したのか、資産形成は預金だけでは不十分なのか等、データを用いながらわかりやすく説明していただきました。
 
 
授業の後半では実際にライフプランを立ててみました。
講師の先生が普段お使いのライフプランシュミレーションツールに、家族構成や子どもの教育の計画(公立か私立か)、家族旅行の頻度、耐久消費財の買い換え、住宅購入など様々なライフイベントを考え、どの時期にどれくらいのお金が必要になるかをシュミレーションしました。
そして、1ヶ月の生活費をシュミレーションするグループ活動も行いました。
食費、光熱水費、通信費・・・授業の中でも1人暮らしする際に掛かる平均的なコストについて考える授業はありましたが、今回は”家族の1ヶ月分の生活費”ということでグループでそれぞれ意見を出し合いながら生活費を計算してみました。
 
その後各グループで算出した生活費を発表し合いました。
そしてその中から選ばれた1班の生活コストを、先ほどのライフプランに入れ込んでもう一度見てみると、子どもが高校生になるころから、特に大学生になったときにかけて教育費が増大して、それと生活費等を合わせると、家計がマイナスになってしまうということも見えてきました。
今回の授業を通して、お金の流れはどこか1点のみで考えるものではなく、先を見据えて考えなければいけないという視点を生徒達に得させることが出来たと思います。

生徒の感想より
大人になってから、良い生活をするには保険や資産、投資などの知識を身につけていく必要があると思った。大人になったときの将来の経済状況とかその先の未来にも目を向けてライフプランを立てていきたい。投資のことももっと勉強して豊かな人生が送れるようにしていきたい。

授業の中でもらったたくさんの学びの種を、生徒それぞれにしっかり育てて、将来につなげていけると良いと思います。
外部講師の先生には、8クラスすべての授業にお越しいただき、最新のデータや知見に基づく、最先端の学びを提供していただきとても感謝しております。
生徒だけでなく、私たち教員も学ばせていただく貴重な機会となりました。
本当にありがとうございました。

09:22