千葉県立四街道高等学校
 〒284-0003 千葉県四街道市鹿渡 809-2
 TEL 043-422-6215 FAX 043-424-4104
 e-mail yotsukaido-h@chiba-c.ed.jp

 
野球部

目標

【四高ベースボール】追究し、『誰からも愛される素晴らしい野球部』になる!
 

部員数

 3年2年1年
男子271247
女子
 H31.8.1現在
 
野球部の活動
 

活動紹介・結果報告


2019/11/28

【四高野球部】野球ノートより

| by 野球部顧問
11月27日(水曜)

 今日は自主練だった。〇〇と外周を走りにいった。タイムを測りながらやって、だいぶ良いペースで走れるようになってきていると感じた。頑張るけど、無理に頑張りすぎないというのも覚えておいて怪我のない濃い冬にしたい。あと、久しぶりにボールを打った。素振りじゃ感じられない打ったときの“感覚”が少し鈍っていた。“感覚”がすべてでは無いけれど、“感覚”を大事にしていきたい。(2年生)


 我々の子どもの頃の映画俳優で、李小龍(ブルース・リー)というアクションスターがいた。(昨日がちょうど誕生日だった)
 『ドラゴンへの道』という映画の名セリフに「Don't think! Feel!」(考えるな!感じろ!)というのがある。『感覚を大事にしていきたい』まさにそれ!!だ。( 顧問の一筆)


11月27日(水)

 自分は昨日と今日で大学のことを調べた。自分の将来、介護福祉関係の仕事をしたい。そして大学でも野球を続けたいので、千葉を離れ他の地方の大学の1部リーグ、もしくは2部リーグで野球をしたいと思っている。そこで、各地方ごとの1部リーグ、2部リーグの学部を調べ書いてみると色々な学部があり、また、福祉の中でも社会福祉や総合福祉、健康福祉、などたくさんの種類がありとても勉強になった。
 今日は久しぶりにボールに触れた。キャッチボールをした。久々の感覚でとてもうれしかった。また、ゲージでバッティング練習もした。打感がとてもすがすがしかった。ボールを使えることを当たり前に思わず、そのメニューを大事にしていきたいと思った。(2年生)

 野球ノートの記入の仕方は「自由」だ。何かを貼ってもいいし、図や絵を描いてもいい。今夜は「奇跡のレッスン(後編)」があるから、感想を書くのもいい。これから先、介護福祉関係の新聞記事の切り抜きや、その仕事についての自分の考えや思いなどをどんどん書いてみるといい。『十人十色』それぞれの進む道はそれぞれだ。この一冊100円にも満たないノートが1ページ1ページものすごい価値あるノートになっていく。楽しみだ。(顧問の一筆)

11月28日  水  練習

 今日は久しぶりにボールを触った。とても投げづらい。やっぱり毎日ボールに触れないと感覚がおかしかった。
 土曜日には今シーズンのラストゲームがあるので、今の自分の”BEST VERSION"で臨みたい。勝った負けたは関係なしに、冬の課題を見つけたい。(2年生)


 「課題を見つける目」というのもレベルがある。その日打てなくて、「春までにはもっと打てるようになる。」とか、エラーをして、「春までにはちゃんと捕れるようにする。」というのもその選手の『課題』ではあるだろう。相手チームの打者を見て、「ああいう打席での雰囲気を出せる打者になりたい。」とか、チームを鼓舞している選手を見て、「自分もそういう存在感のある選手になる。」というのも『課題』であり、人は『それぞれのレベルの課題』に取り組んで、クリアしたり、放置したりしながら生きていく。「今の自分の”BEST VERSION"」楽しみだ。(顧問の一筆)

 11/27 練習

 1時間自主練。短い時間だったけど、すごく質の高い練習ができた。久しぶりに投げたりボールを打ったりできたので、すごく楽しかった。でも、ボールを投げる感覚がすごく違って、少し焦った。少しやっていないだけでこんなにも変わってしまうと毎回思ってしまう。
 テスト明けに変なクセがついていないように、しっかり体を動かしておく。最近寒い日が続いているので、ストレッチをしっかりして怪我をしないようにする。冬練が始まって焦ってオーバーワークしてしまうのが一番だめ。
 短い練習でも意識を高く一球に集中して質高くやる。(2年生)

 『毎日やる事の意味』を教えてくれる長雨だ。ピアニストやバレリーナの名言で、「一日休めば自分に分かり、二日休めばパートナーに分かり、三日休めば聴衆(観客)に分かるというのがあるが、今日の野球ノートには同じように感じた事を書いた部員が多かった。これもレベルが上がって来た事を示していると思う。(顧問の一筆)

Date11・27・水

 今日のInsideworkを読んでいたら、〇〇〇〇のノートから拾えるものがあった。「限界のリミッターを外す」。これは「奇跡のレッスンのバレーボール編」で出てきた言葉だ。DVDを見ているとき、自分もいいなと思ったものだったから、その日に書けなかったものが、後から出てきて、こうやって思い出せて書けるのはラッキーだなと思う。
 最近投げる時、「投げにくいな~」と思っていて、壁当てしていたら、〇〇から、「もっと体の前で腕回した方がいいぞ」と言われて、やってみたら意外とすんなり投げれて投げやすかった。たった一言教えてもらうだけでこんなに価値観が変わるから、だからおもしろい。(2年生)


 廊下にゴミが落ちていたら「拾う」。グランドにボールが落ちていたら「拾う」。Insideworkから友だちの言葉を「拾う」。
 ディズニーランド(テーマ・パーク)は「おもしろい」。四高グランドも「おもしろい」。グランドは『道場』であり『ボール・パーク』だ。(顧問の一筆)

12:47

活動日・練習時間

基本的に月曜日が休みです。
イメージは『年中夢球(無休)』ではなく、『年中有球(有休)』
 平日・・・放課後
 休日・・・終日
 

活動・練習内容

           四高野球部部訓十箇条


 一・誰にでも挨拶できる爽やかな人間であれ

 一・時間を守る信用できる人間であれ
 一・はっきり返事をし、意志表示のできる人間であれ
 一・物を大切にする公共心を持った人間であれ
 一・無駄な私語を慎み集中力を持った人間であれ
 一・次を瞬時に考えられる行動力ある人間であれ
 一・負の感情を抑え、集団に貢献できる強い人間であれ
 一・逆境に立っても闘志を全面的に出し、前向きに取り組める人間であれ
 一・困難を乗り切る忍耐力、志を全うする強い信念を持った人間であれ
 一・裏表がなく正々堂々と行動できる、潔い大きな人間であれ 

 

 

             四街道高校野球部【(たま)十則(じゅっそく)


  一・野球は鬼ごっこである

  二・力を合わせよ,しかし寄りかかるな

  三・やわらかく,つよく,そしてはやく

  四・ボールを追うな

  五・審判と野球せよ

  六・全てを力に

  七・年中有球(「年中無休(夢球)」ではなく「年中有休)(有給休暇)」(笑))

  八・個性を磨け

  九・ピンポイントを狙い続けよ

  十・下手くそが掴む日本一の夢          以上

 

 

年間のおもな活動

春季大会
選手権大会
秋季大会
 

活動に関わる諸費用

 
 

過去のおもな実績

  • H22 春季大会  県大会出場
      選手権大会県大会ベスト32
      秋季大会  県大会ベスト16
  • H23 春季大会 県大会ベスト16選手権大会Cシード獲得
  • H24 選手権大会 県大会ベスト32
  • H25 春季大会  県大会ベスト16選手権大会Cシード獲得
  • H 26選手権大会 県大会3回戦進出
  • H27春季大会 県大会出場
  •   選手権大会 5回戦進出(県大会ベスト16)
  • H28選手権大会  3回戦進出
  •   秋季大会 県大会2回戦進出
  • H29春季大会 県大会ベスト16 (選手権大会Cシード獲得
  •   選手権大会 5回戦進出(県大会ベスト16)
  •   秋季大会 県大会ベスト32
  • H30春季大会 県大会出場
  •   選手権大会 準々決勝進出(県大会ベスト8)
  •   秋季大会  県大会出場
      中部地区大会 優勝
    H31春季大会 県大会ベスト16 (選手権大会Cシード獲得
      選手権大会 3回戦敗退
      秋季大会   ブロック予選敗退
      中部地区大会 1回戦敗退
    R2春季大会
      選手権大会
      秋季大会
      中部地区大会