校長通信 >> 記事詳細

2018/03/23

3学期を終えて

| by toso-th
 彼岸の中日の寒さは驚きました。その後は暖かくなると云う予報もありましたが、肌寒い日です。
 先程、3学期の終業式が終了しました。生徒は通知表をもらい、部活動や早めの帰宅となっています。
 体育館の中も若干冷えており、賞状伝達式の最中は寒そうにしていました。
今日は、317名に対して延べ26名でした。一人一人の生徒が自分の良い点を生かして、賞状をもらうことはとても良いことだと考えます。全員が賞状伝達で呼ばれるようにして欲しいと生徒には話しました。
 卒業生の進路も国立大学の後期発表が終わり、国立大学の理学部に1名が受験で合格しました。縁故4名も含め、158名全ての生徒が自分で決めた進路に進むことが出来ました。進路決定率100%を達成できました。
 これは、生徒個人の努力もさることながら御家庭の御指導、学校の指導、友人など周囲の支援があったからこそと考えております。この良い雰囲気を次年度にも伝えていきたいと思います。
 終業式で生徒に、色々な試練があったときそれに立ち向かう力は「自分が努力したと信じる心」だと話しました。周囲から見たときに小さいと言われることもあるかもしれないが、自分で誇れる努力をしてくださいと申し上げました。
春休みの過ごし方に少しでも良い影響があることを祈っています。
 そして、元気な笑顔で4月6日を迎えて欲しいと話しました。春休みは、周囲も浮き立つ時期です。交通事故やもめ事に巻き込まれないように、SNSの使用は注意するようにと生徒指導部長も話しておりました。
 在校生・新入生の御家庭でも、是非お気をつけください。
 最後に、春休みの課題を忘れずにやってきてください。
11:00