THBより
12345
2018/11/26

高文連放送コンテスト結果のお知らせ

| by Nakmura Masao
11月24日(土)・25日(日)千葉県教育会館大ホールにて第31回千葉県高文連放送コンテストが行われ、THBも参加しました。
参加部門は、朗読部門2名・ビデオメッセージ部門1作品・CM部門1作品でした。
結果ですが、朗読で「カルテット!」(鬼塚忠昨)を読んだ2年生女子が優秀賞を獲得して見事に来年夏に佐賀県(基山町)で行われる全国高校総合文化祭出場を決めました。THBとしては初の快挙です。「きらきら眼鏡」(森沢明夫作)を読んだ2年生女子も見事に優良賞を獲得し2名入賞はやはり快挙です。
ビデオメッセージ部門は「未来への道標」というタイトルの5分番組を制作しました。東金市民には名前のしれた「喫茶サントス」が約40年ぶりに同じ建物で復活しました。昭和初期に建てられた建物で、国指定登録有形文化財に指定されています。閉店後しばらくは倉庫として使用されていて、取り壊す直前になって、急遽保存が決まったいきさつがあります。更に今年4月16日から「サントスカフェ」と名を変えてオープンしました。古い建物を活かしながら町作りを提案する東金町並み保存センターの栄山慶二さんにインタビューし、建物を壊さず直して使って町作りを進めるという考え方に接し、サントスへの思いを市民に語っていただきました。残念ながら全国や関東を逃しました。作品を作り出したのが9月下旬からで(修学旅行の関係)、いよいよ10月から本格的に制作し始めた矢先の11月1日より突然リニューアル工事のためしばらく休業の張り紙を見てしばし愕然となり、なんとか番組として形を作るのが精一杯でした。結果はやむを得なかったと思っています。是非リニューアルを終えて営業再開を願わずにはいられません。
17:10
2018/09/19

学校紹介ビデオ・部活動紹介ビデオ

| by Nakmura Masao
学校説明会でお知らせしていた、学校紹介ビデオと部活動紹介ビデオが東金高校公式ホームページに公開されました。
是非ご覧ください。
12:15
2018/09/19

有吉優樹投手へのインタビュー

| by Nakmura Masao
8月25日(土曜日)、本校卒業生で千葉ロッテマリーンズで活躍する有吉優樹投手に千葉マリンスタジアムでインタビューしました。この模様はお昼の校内放送で流しました。
有吉さんは昨年マリーンズに入団されましたが、現在はローテーションピッチャーとして先発を任される実力派投手です。
東金高校では投手と遊撃手(ショート)を任され、夏の大会で最高ベスト16、その後東京情報大学から九州三菱自動車販売を経てプロ入りされました。
いろいろな方のお世話になり、特に社会人野球では、営業でお客様の気持ちになって商品を販売したという話を伺い、様々なご苦労の上に現在があることを知りました。
お昼の放送では毎回「マリーンズ情報」を流しています。地元千葉のチームの情報を短時間ではありますが、全校の皆さんにお伝えしています。そしてそのマリーンズに私たちの先輩が仲間入りしました。本校初のプロ野球選手です。
私たちの先輩である有吉優樹投手を応援しましょう。
背番号36です。


11:18
2018/08/03

Nコン全国大会の結果

| by Nakmura Masao
 去る7月23日からの4日間、第65回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会に参加してきました。
 本校からはラジオドキュメント部門で「機銃掃射~もう一つの空襲~」という作品で全国大会に参加しました。昭和19年東京墨田区立菊川小学校の生徒が集団学童疎開で本校前身東金高等女学校の寄宿舎にやってきましたが、彼らは卒業式の為に翌年3月に東京に戻り、東京大空襲に遭遇し、多くの方が犠牲になりました。その中の一人で東京に住む酒井喜美子さんは、東京大空襲で大きなやけどを負いながらも奇跡的に助かった一人です。
 東金の人々も空襲の一報を受け、食糧難の中おにぎりを握って東京に救出に向かったそうです。その事を知る本校卒業生(放送委員)の七井旬子さんは、そのときの記憶を語ってくれました。残念ながら生存者を一人も見つけ出せなかったのですが、その後お父さんに連れられて帰ってきた酒井さんを見たときはみんなが喜んだそうです。
 酒井さんは東金で今度は機銃掃射の恐怖を経験します。超低空で侵入した戦闘機の
パイロットが見える至近距離から狙われる恐怖。高度上空からの無差別爆撃も恐怖ですが、酒井さんはその二つの恐怖を経験されたのです。
 そして8月15日。玉音放送が流れて兵隊さんの姿が急に見えなくなったそうです。日本が戦争に負けたと知って、もう飛行機は飛んでこない、逃げ回らなくてもよい、と感じたそうです。
 この体験談を直接聞いた生徒たちは、この実感をどのように伝えたらよいのか、非常に悩んだそうです。自分たちが伝えた瞬間に受け手には他人事になってしまうという怖さ。戦争をどこか他人事のように感じていた事をひしひしと感じたそうです。番組はそこで終わっています。
 コンテスト自体は、残念ながら入賞はできませんでした。しかし、東金高校の歴史の一コマと重ねて、よい経験になりました。



15:23
2018/06/25

Nコン千葉県大会の結果

| by Nakmura Masao
去る6月23日(土)、NHK杯全国高校放送コンテスト千葉県大会が千葉県教育会館大ホールで行われました。
THBは、アナウンス部門3年女子1名、朗読部門3年男子1名、2年女子1名の3名とラジオドキュメント部門1作品が参加しました。
個人部門は善戦したのですが、残念ながら全国大会には進出できませんでした。やはり全国の壁は高かったです。
ラジオドキュメント部門は1作品、「機銃掃射~もう一つの空襲~」が全国大会に進出しました。

全国大会は7月23日(月)が総合受付、24日から3日間代々木のオリンピック記念青少年センター・NHKホールで行われます。よい結果を報告できるよう、最後の手直しをしたいと思っています。
18:35
2018/06/20

Nコン番組予選の結果について

| by Nakmura Masao
6月12日に昭和学院にてNコン番組予選が行われました。
東金高校からはラジオドキュメント部門・創作ラジオドラマ部門
テレビドキュメント部門・創作テレビドラマ部門の4部門で参加してきました。
結果はラジオドキュメント部門「機銃掃射~もう一つの空襲~」が県大会に進出しました。
テレビドキュメント部門「輪をつなぐ」は公立高校では珍しい本校新体操部の活動を約3ヶ月間の密着取材で8分の番組に仕上げました。結果は残念ながら奨励賞で県大会には進めませんでした。新体操部の皆さん、取材にご協力いただいてありがとうございました。ちなみに新体操部は関東大会に進出しました。おめでとうございます。

創作テレビドラマ「神友」は何事にも信じて行動することが大事だ、というテーマをコミカルに描いた8分間のドラマです。結果はドキュメント同様に奨励賞でした。会場の笑いを誘っていました。

創作ラジオドラマ「カレーライス」は料理部という架空の部活動を通して、家庭のカレーライスの秘伝の味「鶏ガラスープ」をもとに壁を乗り越える高校生の姿を追った作品です。

県大会の結果は終了後掲載します。
12:53
2018/06/03

Nコン個人部門CDE地区予選

| by Nakmura Masao
6月2日(土)千葉県教育会館501会議室において、平成30年度NHK杯放送コンテスト千葉県個人部門CDE地区予選が行われました。
東金高校からは朗読3名(3年男子1名2年女子2名)アナウンス1名(3年女子)がエントリーし、午前中朗読部門午後アナウンス部門の審査が行われました。
その結果朗読部門で3年男子と2年女子1名、アナウンス部門1名の合計3名が県大会への進出を決めました。朗読の1名も奨励賞を受賞し、全員入賞しました。
12日には番組部門の予選があり、県大会は23日(土)に行われます。
15:48
2018/03/30

THBが制作した番組が公開されました

| by Nakmura Masao
THBが東金市町作り活動に参加して制作した「私の町に観光拠点を~みんなの知らない東金御殿」が、東金市の東金公式チャンネルで公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=YHWy72jSqA4

この番組は、東金には観光に拠点になるもの(たとえば観光資料館)が乏しいので、そのようなものができたらいいなあとという発想から制作されました。
徳川家康が鷹狩りに来た際に使われた「東金御殿」の跡地は私たちの学校がある場所です。そこで東金御殿の門を再建してそこに観光拠点を作ればと考えこの番組を作りました。門があった場所は意外にも旧道沿いの旧NTT電話局跡近くでした。格好のよい門ができたら目立つと思います。そんなことを考えながら是非ご覧ください。

なお、東金市広報番組「とうがねnews」3月号で私たちTHBが紹介されています。併せてご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=7p0czUGXgZI
15:07
2017/11/22

高文連放送コンテストの結果のご報告

| by Nakmura Masao
平成29年11月18日(土)・19日(日)の二日間、千葉県教育会館にて第30回高文連放送コンテストが行われました。
個人部門ではアナウンス部門に二年女子1名、朗読部門に二年男子1名一年男子1名一年女子2名の合計5名が参加しました。
結果は朗読部門で3名が予選を突破して本選に進出しました。(優良賞)
アナウンスの1名と朗読の1名は残念ながら本選には進出できませんでしたが、奨励賞を受賞しました。
全国・関東に進出は出来ませんでした。

ビデオメッセージ部門では、「私の町に観光拠点を~みんなの知らない東金御殿~」という作品を作成しました。本校は徳川家康が鷹狩りに来た場所として有名ですが、何らかの形でそのことを彷彿とさせるものをもとに観光拠点を作りたいという提案型番組です。これは東金市町作りボランティアの一環として作成しています。本作品は1月に完成予定です。
オーディオピクチャー部門は「成功は不断の努力から~病気を乗り越えつかんだ優勝」という作品を作成しました。本校旧職員の薮崎達規先生が大学時代の栄光からガンを克服して京都国体で千葉県男子チームを優勝に導いたことをコンパクトにまとめました。取材の際に前田隆様の「炎のがん患者ヤブ」という著書に出会い、彼の壮絶な生き様を知りました。
両作品とも残念ながら入賞できませんでした。
CM部門「ひかりネギ!!!」は、横芝光ネギを全国の皆さんに紹介しようという作品です。奨励賞をいただきました。
取材にご協力いただいた方々、本当にありがとうございました。
16:18
2017/07/29

NHK杯放送コンテスト全国大会のご報告

| by Nakmura Masao
7月24日から27日まで、NHK杯放送コンテスト全国大会にいってきました。
24日は総合受付でした。今年は男子1名と代々木のオリンピック記念青少年センター(オリセン)に行ってきました。
25日いつものように新宿駅(今年は西口)に集合して、小田急線参宮橋経由でオリセンに行きました。準々決勝で本校のラジオドキュメント作品はAの22番、お昼休み直後に発表しました。2年生の男子が前に出て簡単な挨拶、そして作品が流れました。学校生活の話題を切り取った正統派の作品でした。
翌日、初めて宿泊地からオリセンまで徒歩で移動しました。そして結果発表があり、残念ながら準決勝進出はなりませんでした。
生徒は手分けして準決勝作品を鑑賞し、レベルの高い作品に触れて刺激を受けていました。
決勝は千葉県の学校から2枚融通をしてもらえて生徒4人と顧問の合計5人でNHKホールに入場しました。大いに刺激をもらい、来年への強い思いを抱いていました。
これで3年生も引退です。毎年この時期寂しい思いになりますが、来年はもっと上を目指してもらえるものと、いつものことですが希望も併せて抱いています。
いま、学校紹介ビデオの制作にとりかかっています。新体制でこれからもしっかり活動していきたいと思います。
16:26
12345