THBより >> 記事詳細

2017/11/22

高文連放送コンテストの結果のご報告

| by Nakmura Masao
平成29年11月18日(土)・19日(日)の二日間、千葉県教育会館にて第30回高文連放送コンテストが行われました。
個人部門ではアナウンス部門に二年女子1名、朗読部門に二年男子1名一年男子1名一年女子2名の合計5名が参加しました。
結果は朗読部門で3名が予選を突破して本選に進出しました。(優良賞)
アナウンスの1名と朗読の1名は残念ながら本選には進出できませんでしたが、奨励賞を受賞しました。
全国・関東に進出は出来ませんでした。

ビデオメッセージ部門では、「私の町に観光拠点を~みんなの知らない東金御殿~」という作品を作成しました。本校は徳川家康が鷹狩りに来た場所として有名ですが、何らかの形でそのことを彷彿とさせるものをもとに観光拠点を作りたいという提案型番組です。これは東金市町作りボランティアの一環として作成しています。本作品は1月に完成予定です。
オーディオピクチャー部門は「成功は不断の努力から~病気を乗り越えつかんだ優勝」という作品を作成しました。本校旧職員の薮崎達規先生が大学時代の栄光からガンを克服して京都国体で千葉県男子チームを優勝に導いたことをコンパクトにまとめました。取材の際に前田隆様の「炎のがん患者ヤブ」という著書に出会い、彼の壮絶な生き様を知りました。
両作品とも残念ながら入賞できませんでした。
CM部門「ひかりネギ!!!」は、横芝光ネギを全国の皆さんに紹介しようという作品です。奨励賞をいただきました。
取材にご協力いただいた方々、本当にありがとうございました。
16:18