東金高校陸上競技部

その一瞬に、全てを懸けろ。

「走る」「投げる」「跳ぶ」このシンプルな要素を極め、肉体の限界に挑戦するスポーツが、陸上競技。

0.01秒、0.1mmを競うため、選手は日頃から練習を積み重ね多くの技術を身につける。

高校陸上では男子21種目、女子20種目の計41種目から自身にあった種目を選ぶことができる。

そのルーツは紀元前776年の古代オリンピックにさかのぼり、時代・国境を越えて現在も限界への挑戦は続いている。






部活動紹介



目標  
上位大会入賞
自己ベストの更新
人間性の向上

部員  
例年20~30人程度で活動しています。
高校から陸上を始める選手も多く、小学校・中学校からの経験者も多数在籍しています。
マネージャーも大歓迎です。 

活動日時 
月~金 放課後15時45分~18時
土   午前練習9時~
日   休養

活動場所 
グラウンド 他、周辺施設や競技場

活動内容 
短距離・長距離・跳躍・投擲がブロック別に練習を行っています。
部員同士が互いに競い合い、助け合いながら日々練習に取り組んでいます。

年間予定  
4月 総体支部予選
5月 総体千葉県大会
6月 総体南関東大会 千葉県選手権大会
7月 総体インターハイ
8月 関東選手権大会
9月 新人戦支部予選 新人戦千葉県大会
10月 新人戦関東大会 千葉県高校駅伝
 ※この他大学記録会など各種大会に出場します。
 

日誌

陸上部より >> 記事詳細

2022/05/15

第75回県総体関東予選会(陸上部)

| by 陸上部顧問
令和4年5月12日(木)~15日(日)の4日間、千葉県総合スポーツセンター陸上競技場第75回千葉県総合体育大会陸上競技大会がおこなわれました。

今回の県総体は準決勝・決勝進出はもちろんのこと、「支部大会よりも自己記録を更新する」という目標をもって挑みました。
トラック種目ではやはり選手層の厚さもあり、準決勝・決勝進出は叶いませんでしたが、多くの選手が自己記録の更新、そしてハードリングなどの技術の向上を見せてくれました。
フィールド種目では先日お伝えした通り、女子やり投で本校の選手が第6位入賞、関東大会への進出が決定しました。

そして3年生から2年生へ代替わりが行われ、これ以降の大会は新体制で臨むことになります。
様々な困難や葛藤を乗り越え、強く成長した3年生からの代替わりに、2年生は引き締まった表情をしていました。

チームとしても個人としても、まだまだ成長していきます。応援の程、よろしくお願いいたします。




18:52