その他リンク

 


 

お願い

 本校のコンテンツにはPDF形式で作成されたものが含まれます。
 PDF形式のファイルをご利用になるにはAdobe Readerが必要です。
 Adobe Readerをお持ちでない方は下のアイコンをクリックして入手してください。
 
 

学科説明

 

海洋一水産に関する各分野で働く技術者を育成します。

海洋一環境・船・魚・食品加工に関し、幅広く学習します。

様々な資格取得にチャレンジする機会があります。

 
  1年生は、海洋科として共通のカリキュラムで学習します。2年生から、希望に応じて各コースに分かれます。

  海洋科で学んだ「知識」を、南房総の資源に活用する力を育成します。


              (概 要)                     (学習内容)           (資格取得) 

 

Ocean

 

海洋科 最新情報

海洋科 NOW >> 記事詳細

2019/12/10

ヒロメ(大葉ワカメ)の養殖実習

| by CPC
 海洋科栽培環境コースでは、毎年ヒロメ(房州では大葉ワカメと呼ばれている)を養殖しています。ワカメやノリ、コンブといった海藻類は、冬場が養殖する時期です。この日は、ヒロメの幼芽が付いた種糸を養殖用の延縄(はえなわ)に挟み込んで、観光桟橋の近くに設置します。収穫時期は2月下旬の予定です。
   
 種糸を延縄に間隔をあけて挟み込むため、事前に短く切っておきます。
 種糸に付いている幼芽は非常に弱く、真水(=雨)にふれる、乾く、温かい手でさわる、のいずれでも枯れて(=溶けて)しまいます。水温にも敏感で、種糸を生産している富津の水温と館山の水温の差が3℃を超えると枯れてしまう(溶けてなくなる)可能性が高くなるほどです。


 延縄の準備ができたら、乾かないように手早く延縄の太いロープに種糸を挟み込んでいきます。


 種糸をすべて挟み込んだら、延縄両端を土のうで海底に固定します。土のうを船の前部に吊り下げておき、固定する場所にピンポイントで落下させます。左右の土のうを止めているロープを生徒が切断した瞬間、はじけるようにロープが引き込まれていきました。
 養殖延縄の両端には夜間点滅灯がついているので、観光桟橋の先端付近からよく見えると思います。2月下旬の収穫が楽しみです。
10:52 | 今日の出来事