その他リンク

 


 

お願い

 本校のコンテンツにはPDF形式で作成されたものが含まれます。
 PDF形式のファイルをご利用になるにはAdobe Readerが必要です。
 Adobe Readerをお持ちでない方は下のアイコンをクリックして入手してください。
 

SPH指定校

  
SPHとは
 本校の家政科が、文部科学省より「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(略称SPH)」の指定を受けました。(指定研究期間:平成30~32年度迄)
 SPHとは、専門高校において、大学・研究機関・企業等との連携の強化等により、社会の変化や産業の動向等に対応した、高度な知識・技能を身に付け、社会の第一線で活躍できる専門的職業人を育成することを目的としています。

        ◆文部科学省 平成30年度「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」(SPH)指定校について
         http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/1402426.htm


        ◆館山総合高校のSPHの研究構想図・事業計画・研究実施報告書

         平成30年度(第1年次)   平成31年度(第2年次)   平成32年度(第3年次)
         ・研究構想図         ・研究構想図         ・研究構想図
         ・事業計画          ・事業計画書         ・事業計画 
         ・実施報告書         ・実施報告書         ・実施報告書

 

SPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)活動報告

SPH
12345
2020/01/29

家政科立食パーティー

| by CPC

 3年間お世話になった先生へ感謝の気持ちを込めて、立食パーティーが行われました。フードデザイン・調理の授業で学んだ内容から、生徒が考えた献立をふるまう伝統行事です。前日から仕込みを始め、いつもの実習の5倍の量を協力し、ズラリと並んだテーブルに、51名の職員が参加しました。「パーティー用に丁寧に飾り付けることが難しかったけれど、これまでの学びを活かし、先生方への想いを込めて一生懸命頑張りました。先生方に自分たちの成長と感謝の気持ちを伝えることができて良かったです。3年間で学んだことを、卒業後の1人暮らしでの生活に繋げていきたいです。家政科に入って良かったです。」「お世話になった先生方とたくさん話すことが出来て、どの料理も褒めて下さったり、とても楽しいパーティーでした。自分だけでなく、先生方にも楽しんでいただけて感謝が伝わったと思います。」と、来場された先生1人1人とコミュニケーションをとりながら料理を説明したり、取り分けたりと、成長を見せてくれました。





15:00
2020/01/26

東日本大震災メモリアルday2019

| by CPC

 1月25日と26日の2日間、みやぎ防災ジュニアリーダー研修会「東日本大震災メモリアルday2019」が行われ、防災チームとして活動している、家政科2年生の戸波さんと早川さんが参加しました。この研修会は、これまで多くの学びをいただいている宮城県立多賀城高校を主管に、東日本大震災での経験と教訓を後世に繋げ、国内外の減災に貢献する若者を育成する目的で開催され、大学教授による講義や被災地スタディツアー、多賀城高校オリジナルのDIGを使用したワークショップやまち歩きなどが行われました。2日目のポスターセッションでは、「台風災害から考える継続した支援~被災地と高校生を結ぶ取組み~」をテーマに、昨年受けた自然災害から現在までの取組み、今後にむけての計画を発表しました。「この2日間で、初めて会う高校生とコミュニケーションをとったり、自分の意見を発表したり、人前で堂々と発表する力をつける貴重な経験になりました。全国の高校で行っている防災活動はとても新鮮で、新しい発想をもらえたので今後に活かしていきたいと思います。」と、意識が高まる大変貴重な機会をいただきました。





15:00
2020/01/22

家庭クラブ新役員選挙

| by CPC

家庭クラブ新役員立候補者立会演説会が行われました。新家庭クラブ会長に立候補した久野さんは、「地域の方と交流する機会を増やしたい。」と決意を見せ、他の役員も「先輩の活動を引き継ぎ、地域を元気にしたい。」「親子料理教室を開いて、子どもの好き嫌いを無くしたい。」「コミュニケーション能力を高めたい。」など、一人一人が自分の言葉で演説を行いました。また、この会で現役員は引退となり、「家庭クラブ役員の活動を通して、地域のイベントに参加したりしてコミュニケーション能力を高めることが出来ました。役員をやって良かったです。」と、振り返っていました。選挙結果は全員新任となり、10名の新家庭クラブ役員が誕生しました。これからの活躍に期待です。





15:00
2020/01/18

おはなし会

| by CPC

館山市の図書館で、2年生の子ども文化選択者が、おはなし会を行いました。これまでの授業で練習をしていたパネルシアターを一人一人が発表し、「子どもの反応がたくさんあって、楽しみながら演じることができました。」「緊張したけど、たくさんの子どもたちの前で練習の成果を発揮することができました。」「子どもが本当に素敵な笑顔で喜んでくれてやりがいを感じました。」と、今後につながる活動ができました。





15:00
2020/01/17

漆原さん出前講座

| by CPC

 SPH運営委員会や、これまでの取組みでたくさんお世話になっている漆原さんに来校して頂き、2年生を対象に「まちづくり」の授業を行って頂きました。これまでの漆原さんの活動を、写真を見ながら聞き、「すごーい!」「楽しそう!」と、生徒の表情はキラキラ輝いていました。2年生は、来年度のまちカフェに向けてイメージをふくらませており、生徒自身がわくわくの気持ちをもちながら、そして来場された方がわくわくするような計画をしていきたいと思います。





15:00
2020/01/15

SPH成果発表会

| by CPC

 SPH2年目の成果発表会を本校体育館で開催しました。「各学科の取組みを広め、館総全体の意識向上に繋げたい」と想いのもと、学習発表会として会を開き、工業・海洋・商業科の取組み発表も行いました。家政科は選考会で選抜された「家政科1年間の取組み」「商品開発」「協働学習」をテーマとし、SPH運営委員会の先生方や、近隣中学校の先生方、3学年全クラスと、全学年家政科の前で発表を行いました。

 発表を聞いた方からは、「昨年度からの学びが積み重なっていることを感じ、ぜひ地域の方にも発表をみてもらいたいと思いました。」「これまでのやらされている感から、自主的に責任をもって取り組むようになったという話しが印象的でした。」などの評価をいただきました。その後のSPH運営指導委員会でも様々なアドバイスを頂き、来年度に向けての計画や、研究指定終了後の継続など、これからの課題も見え、今後につながる貴重な時間となりました。





15:00
2020/01/12

リノベーションスクール@館山

| by CPC

1月12日(日)リノベーションスクール@館山

 市内外から集まる受講生とまちづくりを実践する講師陣がユニットを組み、館山市内の遊休不動産でエリアを変える事業計画作成、提案、事業化へとつなげる「リノベーションスクール@館山」が3日間行われ、最終日の公開プレゼンテーションの司会を、3年生の鎌田さんと尾形さんが努めました。2日間多くの時間を使って考え出されたプレゼンテーションでは、「高校生が集まれる場所を作りたい」などをコンセプトに、非常にレベルの高いアイデアがまとめられていました。司会を務めた2人は、「どのチームも本当にレベルが高くて、聞いていてわくわくしました。」「今回のプレゼンで聞いたお店が実現したら利用したいと思いました。」と刺激をうけていました。



15:00
2020/01/10

SPH成果発表会リハーサル

| by CPC

 来週行われるSPH成果発表会にむけて、プレゼンテーションの選考会が行われました。家政科2年生と本校職員の前で、3年生がグループごとに1年間の成果を発表し、参観した生徒は「先輩方の活動を聞いて、色々な場所に調査に行ったり、自分たちでレシピを考えていてすごいと思った。」「今、私たちが始めたばかりの取組みのヒントになった。先輩方の活動を引き継いでいきたい。」と、今後の活動につながり、3年生は発表態度を向上できるよい機会となりました。





15:00
2020/01/09

松苗先生出前講座

| by CPC

 保育選択の2年生が製作しているパネルシアターの技術向上に向けて、松苗先生に来校して頂きました。1人1人自分で作ったパネルシアターを発表し、松苗先生から「アドリブを入れるとおもしろいね。」「目線を気を付けよう!みんなの方をしっかり見てね。」など、様々なアドバイスをいただきました。参加した生徒は、「もっと練習して、おはなし会に向けて頑張ります。」とやる気をみせていました。


15:00
2019/12/25

被災地サンタ訪問

| by CPC

 11日の布良地区訪問を経て、2Aの安西さん・戸波さんが「私たちができることはなんだろう?」「今必要なのは、心に元気をもってもらうことかな?」「そういう時は、家政科のパウンドケーキが一番!」と、計画をたてました。

 「こんにちは!館山総合高校です!今日はクリスマスですね、よかったら館総のパウンドケーキでほっと一息ついて下さい!」と、約30名の方に一人一人プレゼントをしました。高校生からのクリスマスプレゼントに「最近ボランティアの数が少なくなってきたから、すごく励みになります。ありがとう」「この前も来てくれたね、元気をもらいました。いつもありがとう」「館総がんばってるね!応援してるよー!」など、笑顔をたくさんいただきました。また、先月のまちカフェで技術を学んだハンドマッサージも行うなど、高校生であるからこその、メンタル面での支援の効果を感じました。





15:00
12345