その他リンク

 


 

お願い

 本校のコンテンツにはPDF形式で作成されたものが含まれます。
 PDF形式のファイルをご利用になるにはAdobe Readerが必要です。
 Adobe Readerをお持ちでない方は下のアイコンをクリックして入手してください。
 

SPH指定校

  
SPHとは
 本校の家政科が、文部科学省より「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(略称SPH)」の指定を受けました。(指定研究期間:平成30~32年度迄)
 SPHとは、専門高校において、大学・研究機関・企業等との連携の強化等により、社会の変化や産業の動向等に対応した、高度な知識・技能を身に付け、社会の第一線で活躍できる専門的職業人を育成することを目的としています。

        ◆文部科学省 平成30年度「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」(SPH)指定校について
         http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/1402426.htm


        ◆館山総合高校のSPHの研究構想図・事業計画・研究実施報告書

         平成30年度(第1年次)   平成31年度(第2年次)   平成32年度(第3年次)
         ・研究構想図         ・研究構想図         ・研究構想図
         ・事業計画          ・事業計画書         ・事業計画 
         ・実施報告書         ・実施報告書         ・実施報告書

 

SPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)活動報告

SPH
12345
2020/03/04

卒業式

| by CPC

 卒業証書授与式が行われました。本来であれば、保護者の方や在校生と共に卒業をお祝いするところですが、新型コロナウイルスの影響により、3年生と職員のみの式となりました。家政科では、2年生が心をこめてつくった伝統のパウンドケーキをプレゼントしました。3年間の学びで得たこと、またSPHの校外活動などの様々な経験で確実につけた力を、これからの活動に活かしてください。卒業おめでとう!



15:00
2020/02/25

内房スバルソーイング出前授業

| by CPC

 毎年お世話になっている内房スバルソーイングの方々に、今年も出前授業を行っていただきました。縫製業の仕事内容や、重要な縫い方などを動画で説明してくださり、6限はプロの方直伝の実技指導を行っていただきました。本校家政科を卒業した先輩が活躍されている姿をみて、先輩から直接教わった生徒は、「えー!まち針ささないの?」「縫いしろの感覚をつかむのがむずかしい・・」「仕事に対する熱意を感じた。1つ1つの作品に想いがこもっているから、大切にしたいと思いました。」と、良い刺激を受けていました。




15:00
2020/02/21

相可高校SPH成果発表会

| by CPC

 「まごの店」で有名な三重県立相可高校の、SPH成果発表会を参観しました。授業公開では、本格的な焼き菓子屋を運営するカフェ実習や、授業で学んだラッピングやアイシングのワークショップ、異学年グループでの製菓実習と、大量調理実習など、どの授業も高度なレベルの指導内容にも関わらず、生徒の前向きかつ積極的な姿勢に圧倒されました。午後の発表では、三重から世界へ~「世界で活躍する食のプロフェッショナル」の育成と「グローバル・ブランド」の開発~をテーマに研究を行ったSPHの報告、トビタテ!留学JAPANでの経験や、そこで得た課題をさらに次の学びへつなげる活動など、非常に勉強になり、学校全体で取り組む姿勢を考えさせられる発表会となりました。





15:00
2020/02/19

ふたば未来学園Zoom会議

| by CPC

 情報の授業で、地域活性化に向けての活動を計画しています。パウンドケーキ開発チームの4名は現在、新たな商品開発に向けてレモンや黒ごま、野菜パウンドなどの試作を行っています。さらに視野を広げるため、防災チームが東日本大震災メモリアルdayなどで交流をした、ふたば未来学園高等学校の生徒の皆様とZoom会議を行いました。ふたば未来高校は、SGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)に指定され、「原子力災害からの復興を果たすグローバルリーダーの育成」をテーマに研究をされている学校で、研究時間を使って相談にのって下さいました。Zoom会議では、ふたば未来で育てている食材を使って企業の方と商品開発を行った具体例や、現在取り組んでいる研究活動を教えて頂きました。「会議の中で、学校で育てたみかんを使った商品がたくさんあって、学校がつながっているなあと感じました。私たちもたくさんの人とコラボして、地域活性化させたい!」「初めて他県の高校生と話して、緊張したし、進行のむずかしさを感じました。」など、今後の活動につながる貴重な時間となりました。ふたば未来高校の皆さん、ありがとうございました。

 




15:00
2020/02/07

SPH校外学習

| by CPC

 家政科2年生のSPH校外学習が行われました。訪問させていただいたのは、ソーイングアサヒと千葉科学大学です。ソーイングアサヒは、高い技術と高品質のものづくりで有名なファクトリーメーカーであり、これまでの授業や校外学習でもお世話になっています。現在、被服自由製作でドレスやワンピースなどに挑戦している2年生ですが、プロの方の技術やスピード、規模の大きさに圧倒されていました。道の駅で昼食をとり、午後は千葉科学大学の熊谷圭二郎教授から「東日本大震災の体験から~災害時における高校生の活動~」の講義を受けました。3.11では、被害が大きい地域で臨床心理士として活動された教授で、実体験に基づく高校生に求められる災害時の役割を学びました。「実際の写真を見て、今まで話しをきいていたよりも悲惨な現実を知り、ショックを受けましたが、私たち高校生が出来ることを実践していきたい」と、真剣に話しをきいていました。





15:00
2020/01/29

家政科立食パーティー

| by CPC

 3年間お世話になった先生へ感謝の気持ちを込めて、立食パーティーが行われました。フードデザイン・調理の授業で学んだ内容から、生徒が考えた献立をふるまう伝統行事です。前日から仕込みを始め、いつもの実習の5倍の量を協力し、ズラリと並んだテーブルに、51名の職員が参加しました。「パーティー用に丁寧に飾り付けることが難しかったけれど、これまでの学びを活かし、先生方への想いを込めて一生懸命頑張りました。先生方に自分たちの成長と感謝の気持ちを伝えることができて良かったです。3年間で学んだことを、卒業後の1人暮らしでの生活に繋げていきたいです。家政科に入って良かったです。」「お世話になった先生方とたくさん話すことが出来て、どの料理も褒めて下さったり、とても楽しいパーティーでした。自分だけでなく、先生方にも楽しんでいただけて感謝が伝わったと思います。」と、来場された先生1人1人とコミュニケーションをとりながら料理を説明したり、取り分けたりと、成長を見せてくれました。





15:00
2020/01/26

東日本大震災メモリアルday2019

| by CPC

 1月25日と26日の2日間、みやぎ防災ジュニアリーダー研修会「東日本大震災メモリアルday2019」が行われ、防災チームとして活動している、家政科2年生の戸波さんと早川さんが参加しました。この研修会は、これまで多くの学びをいただいている宮城県立多賀城高校を主管に、東日本大震災での経験と教訓を後世に繋げ、国内外の減災に貢献する若者を育成する目的で開催され、大学教授による講義や被災地スタディツアー、多賀城高校オリジナルのDIGを使用したワークショップやまち歩きなどが行われました。2日目のポスターセッションでは、「台風災害から考える継続した支援~被災地と高校生を結ぶ取組み~」をテーマに、昨年受けた自然災害から現在までの取組み、今後にむけての計画を発表しました。「この2日間で、初めて会う高校生とコミュニケーションをとったり、自分の意見を発表したり、人前で堂々と発表する力をつける貴重な経験になりました。全国の高校で行っている防災活動はとても新鮮で、新しい発想をもらえたので今後に活かしていきたいと思います。」と、意識が高まる大変貴重な機会をいただきました。





15:00
2020/01/22

家庭クラブ新役員選挙

| by CPC

家庭クラブ新役員立候補者立会演説会が行われました。新家庭クラブ会長に立候補した久野さんは、「地域の方と交流する機会を増やしたい。」と決意を見せ、他の役員も「先輩の活動を引き継ぎ、地域を元気にしたい。」「親子料理教室を開いて、子どもの好き嫌いを無くしたい。」「コミュニケーション能力を高めたい。」など、一人一人が自分の言葉で演説を行いました。また、この会で現役員は引退となり、「家庭クラブ役員の活動を通して、地域のイベントに参加したりしてコミュニケーション能力を高めることが出来ました。役員をやって良かったです。」と、振り返っていました。選挙結果は全員新任となり、10名の新家庭クラブ役員が誕生しました。これからの活躍に期待です。





15:00
2020/01/18

おはなし会

| by CPC

館山市の図書館で、2年生の子ども文化選択者が、おはなし会を行いました。これまでの授業で練習をしていたパネルシアターを一人一人が発表し、「子どもの反応がたくさんあって、楽しみながら演じることができました。」「緊張したけど、たくさんの子どもたちの前で練習の成果を発揮することができました。」「子どもが本当に素敵な笑顔で喜んでくれてやりがいを感じました。」と、今後につながる活動ができました。





15:00
2020/01/17

漆原さん出前講座

| by CPC

 SPH運営委員会や、これまでの取組みでたくさんお世話になっている漆原さんに来校して頂き、2年生を対象に「まちづくり」の授業を行って頂きました。これまでの漆原さんの活動を、写真を見ながら聞き、「すごーい!」「楽しそう!」と、生徒の表情はキラキラ輝いていました。2年生は、来年度のまちカフェに向けてイメージをふくらませており、生徒自身がわくわくの気持ちをもちながら、そして来場された方がわくわくするような計画をしていきたいと思います。





15:00
12345