その他リンク

 




 

お願い

 本校のコンテンツにはPDF形式で作成されたものが含まれます。
 PDF形式のファイルをご利用になるにはAdobe Readerが必要です。
 Adobe Readerをお持ちでない方は下のアイコンをクリックして入手してください。
 
 

学科説明


生活産業のスペシャリストへ続く道の第1歩を踏み出し、基礎的な知識と技術の
 習得をめざします。

経済社会の変化や情報化の進展に適切に対応できる能力を育てます。

各種検定の合格や資格取得をめざします。



  1年生は全員が共通科目を履修します。2年生から「服飾」「食物」「保育」系科目の授業選択ができるように
  なります。

  2年生は介護体験、3年生は保育体験を全員が行います。

  学校家庭クラブ活動を行い、学んだ知識・技術を学校や地域の場で生かすことができます。

            (概 要)             (学習内容)                          (資格取得)

                                                

Home Economics


 

SPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)



     ※家政科の活動は、SPHブログで随時UPしています。ご覧ください!
 

日誌

家政科 NOW
2021/05/04

たてやま里まちMEET UPでボランティア②

| by CPC
 リノベーションスクール館山の受講生の2A鈴木さんはなんと大勢の大人を目の前に自分の夢をプレゼンテーションしました。

 布良でボランティアした経験とイベントに参加した経験を結びつけたい。地域のイケてる大人に近づけるようにグループで今活動しています。と今後の計画を説明し、大人から助言を沢山いただきました。
 「リノベーションスクールは私にとって人生を変えるきっかけになりました。2年生が勝負の1年になると思うので頑張っていきたい。」と日頃からよく話しています。


 2年生がボランティアで参加した「MANDI」では看板作りや流木ワークショップ、フレッシュフルーツジュースの販売が行われました。
 部活が終わってから参加した生徒もいます。自分のやりたいことを妥協せずやっていく姿勢には頭が下がります。

 MANDIは来た人みんなが穏やかに笑っている空間になっていました。SPHの活動の中で目指していたビジョンが目の前に現れているようでした。


 看板の設置もやらせていただきました。こんな重要なことを初めてドリルを扱う高校生にやらせていいの!?と教員側としては驚きましたが、地域の大人はどんどん任せてくださいます。そしてやり遂げていく生徒の姿を見て、「大変だからこそ、重要だからこそ未来を担う生徒たちにどんどん経験させていかなければならない。生徒が経験によって成長し愛着がわくことが重要だ」と感じる事ができました。


 みんなで作った素敵なMANDIの看板がこちら!!センスが光ります。


 生徒にとっても教員にとってもとても充実した1日になりました。ありがとうございました!!
12:09
2021/05/04

たてやま里まちMEET UPでボランティア①

| by CPC
 3月に行われたリノベーションスクール館山に参加した方々がみどりの日にイベントを行い、そのボランティアに家政科生徒9名が参加しました。

 館山駅周辺に人工芝をどんどん敷いていきます。みどりが増えることでとても明るい雰囲気になりました。準備から参加することで地域の方々と仲間になっていきます。


 3年生がお手伝いする「おかげや」は”不揃い”や”規格外”の魅力が沢山あります!館山市の中心から少し離れた農家さんの野菜は路線バスの空きスペースに乗せて、駅前まで運ばれてきました。

 シイラやコチ、小さな鯛など値段のつきづらい魚や割れた陶器やシーグラスでできたアクセサリーなど販売するものの説明を受けます。課題研究がスタートしたばかりの3年生にとってまさしくアイデアの宝庫!みんな興味津々です。


 また獣害対策を行っている沖さんから「ゴミは宝!」とお話を伺いました。獣害対策で捕まえたイノシシやキョンの肉を食べたり、骨を素敵な置物にしたり、また獣害が餌にする果実などを商品化したりしているそうです。私たちがゴミと思っているものがすごく価値あるものになる、命を大切に扱うなど学ぶ事ばかりです。

 3Aの佐久間さんは骨に興味津々!「今度獣害の解体をさせてください!」とお願いをしていました。
11:42
2021/04/23

家政科課題研究~地域の大人に出会う~

| by CPC
 家政科の課題研究では、少人数のグループで各研究がスタートしました!とは言え、まだテーマも定まらなければ、何をしていけば良いのか計画も立てられません。
 そんな迷える生徒たちに最初に教員側から少しだけアイデアの種をまきます。

 ①定時制及川先生による東日本大震災被災経験を聞く

 今年度も災害のことをあまり知らない生徒たちに及川先生から講話をしていただきました。津波の映像を見たり、震災から10年経った今人々がどのように生き抜いているか、及川先生自身の話をゆっくりと聞きました。
 及川先生からは「若者とか高校生のパワーって大人にすごく影響するんだよ。みんなが思っている以上に大きなエネルギーがあるから、どんどん挑戦してみよう」と応援の言葉を頂きました。

 ②地域の大人に出会う

 館山地域のリノベーションを行っている漆原さんのお話を聞きに、tu,ne,hostelや永遠の図書館に行きました。漆原さんがどのような思いで館山に移住し、リノベーションを行っているかを伺います。

 「昔の人々が作ってきたものをただ捨てるのはなんだか抵抗があるし、そこの魅力を引き出せたら掛け買いのないものになるよ」「自分の思っていることをどんどん発信することで仲間が増えるからやりたいことを口に出してみよう」と活動に向けたアドバイスを頂きました。


 次に先日館山リノベーションスクールで本校生徒も参加して現在も活動に参加を続けているMANDIに行きました。MANDIでは物件の所有者の渡邉さんが絶賛DIY中。そしてリノベーションスクールのみなさんが作ったブランコを生徒も楽しみました。
 渡邉さんからは「どんどん挑戦する場として使ってみてよ。いろんなハーブもあるし果樹も育てているよ。カフェに興味があるなら一緒にやってみようよ」と温かい言葉を頂きました。

 館山地域の大人は高校生をとても広い心で受け止め、受け入れ、そして大切にしてくださいます。そんな地域の大人と協働することで生徒にとって新たな気づきが生まれることを期待しています。

 ③先輩から学ぶ

 昨年の課題研究で館山駅の観光案内所をリニューアルしたいと奮闘していた先輩がいます。その先輩がどのようなことをしていたのか、実際に見学に行きました。
 観光案内所には「来た人日記」が置かれ、館山にいらっしゃった観光客の方々の思い出の文章には1つ1つ返事が書かれていました。先輩が卒業してから滞っていたコメントを後輩が引き継ぎ行いました。

 さて、少しだけアイデアの種をまいてみましたが、生徒によってどんな花が咲くでしょうか。自分たちで考えて、行動することはワクワクする一方で少し怖いのではないでしょうか。ただ、やってみれば頑張っている人には意外と周囲の人は手をさしのべてくださいます。どんな目標や計画を立てられるか楽しみです。
20:51
2021/04/19

食物調理技術検定2級に向けて

| by CPC
 2Aのフードデザインでは食物調理技能検定2級の合格に向けて、17歳女子の通学用弁当の献立を考え始めました!50分内に決められた条件を満たして、調理をするのは生徒にとって初挑戦です。

 感覚をつかむためにモデル献立の調理実習を行いました。

 お弁当箱に入れてみると・・・「あれ、煮物の汁がフライにくっついちゃった」「すき間ができて上手く入れられない」とハプニング続出!

 少しだけ先生に入れ方を直してもらいました。同じメニューなのに盛り付けで見え方が変わります。
 これからいよいよ2年生では自分で作った献立での調理が始まります。全員合格に向けて頑張ろう!
20:45
2021/04/12

家庭クラブ入会式を行いました

| by CPC
 家政科の生徒全員が所属する家庭クラブでは、役員のメンバーを中心に新入生に向け入会式を行いました。

 家庭クラブの活動の様子や1年間の流れについて説明がありました。

 家庭クラブ会長の3年畠山さんから「家庭クラブの活動は、家庭生活や学校生活をより良くするために行います。新しい形の活動を模索しながら新入生のみなさんと学校家庭クラブ活動を発展させていきたいのでよろしくお願いします」と挨拶がありました。

 家庭クラブ活動では、様々なイベント・講習会やボランティア活動などを行っています。新しく家庭クラブに入会した1年生のみなさんの活躍が楽しみです。
11:54
2021/03/10

ファッション造形基礎の作品

| by CPC
 2年生は女児服を作成しました。小さな作品のためアームホールやえりぐりが小さく苦戦しながら縫いました。



 1年生はエプロンに思い思いのアップリケを作りました。


16:43
2021/03/07

TATEYAMAリノベーションスクールに参加

| by CPC
 館山市の事業のリノベーションスクールに1年生の鈴木夏音さんが参加しました。地域の大人や大学生の方々と3日間で館山のまちづくりについて考えます。 実際に地域を歩いたり、色々な意見を出し合う刺激的な3日間となりました。
 最終日には、企画の発表会の司会に前日に卒業式を終えたばかりの3年生が参加しました。
 
 3Aの中村さんはこの一年間課題研究の授業で館山市の観光案内所のリニューアルについてずっと研究してきました。本気の大人の発表を聞いて、「きらきらした大人が沢山いる館山は素敵なところだなと改めて感じました。そんな館山に住めて幸せです。」と感想を述べました。

 1Aの鈴木さんは、これからもリノベーションスクールに参加した方々と一緒にまちづくりについて探究していきたいと意気込みを述べています。本気の大人と出会うことが生徒に取って大きな影響があると改めて感じました。
16:35
2021/03/05

家庭クラブ活動~卒業プレゼント~

| by CPC
 家政科の生徒は全員家庭クラブに入会します。そんな活躍してきた3年生の卒業を祝うために卒業プレゼントを作りました。
 被服分野からはあずま袋、調理分野からは伝統のパウンドケーキ、保育分野からはメッセージカードのプレゼントです。下級生が心を込めて作りました。


 下級生は卒業式に参加できないので3年生の教室にそっとプレゼントしました。

16:31
2021/03/01

ファッション造形基礎~絞り染め~

| by CPC
 2年生のファッション造形基礎では、染色の学習を行いました。あずま袋とトートバックを絞っていきます。巻き絞りや平縫い絞りなどを工夫して配置してデザインを考えます。糸の引き締めが弱いと染料が入り、模様ができません。

 染料を溶いて85度で加熱していきます。


 きちんと模様に染まるか楽しみです。


 絞った糸をほどくとかわいらしい模様がうかんできました。
16:12
2021/02/09

沐浴実習

| by CPC
 2年生の保育コースの生徒が沐浴実習に挑戦しました。

 「かわいい~。でも意外と頭を支える手がきついよ。」「次は何をやるんだっけ。」と確認しながら保育人形で沐浴を行いました。

 コロナ感染症の影響により、今年の2年生は実際に幼児と関わる実習が1度もできていません。早く、実際に子どもと関わる実習ができるようになってほしいですね。
13:57
2020/12/21

自主探究に挑戦

| by CPC
 「地域の魅力を発信したり、課題を解決するプロジェクトをやってみませんか」という声かけに家政科の1・2年生12名が自ら手を上げました!「高校生活の中で、探究することで自分の力にしたい」「布良のボランティアに参加して布良を盛り上げるイベントを開きたい」動機は人それぞれです。

 今回の探究については課外の時間で行うのでどんなことをやるかもすべて生徒に託しています。教員は徹底的に生徒の伴走者になります。生徒がどんなことをやりたいのか、誰に向けて行うのかなど問いを投げかけることで、生徒の真意を明確化する役割に徹します。
 そして、今回の探究は文部科学省「地域との協働による高校教育改革推進事業(グローカル型)に指定されている島根県立隠岐島前高校と千葉県立佐倉東高校の3校で協力することで新しい価値観に触れて生徒の思考を深めていきます。3校が連携することによってどんな化学反応が起きるのか、私もとても楽しみです。

 まず、生徒は地域の魅力や課題を書き出し発表していきました。(ふくしま学宿のときに意見を出しやすかったと率先してブレストを始めました。)

 まずはzoom会議で課題や魅力を伝えると共にそれぞれの地域のことを聞いてみたいそうです。

 そして本日3校で初めてのzoom会議が行われました。ハキハキと話す島前高校・佐倉東高校の生徒のみなさんに圧倒されながらも色々な気づきがあったようです。


 まずは自分たちが人数が多いので意見をきちんとまとめてから会議に臨まなければならないこと、その上で聞きたいことを絞っていくことなどに気付きました。
 島前高校の生徒の「海士町は課題先進地域だからそこが魅力」という発言から、地域の課題を魅力に変えられるような商品を作ったり、イベントを行いたいと少し方向性が定まってきたようです。
 また、まずは館山の特徴を知ってもらわなければうまくコラボができないと生徒たちは冬休み中に紹介シートを作ってくると意気込んでいます。(どんな紹介カードが作られるのか楽しみです。)

 どんなことを考えて、行動していくのかとても楽しみです。
16:16
2020/12/01

3年生フードデザイン調理実習

| by CPC
 家政科3年2学期最後の調理実習は、お正月料理献立です。
献立は 伊達巻き ナッツ入りごまめ 栗きんとん かまぼこの飾り切り 竜眼揚げ 七福なます 養老えび 八宝肉飯 グレープフルーツゼリー の9品。いつもと違い各班でそれぞれのメニューを分担して調理して、それぞれの班に配って盛り付けました。
盛り付けには各班の個性が出ます。立体的に盛り付けセンス良くおいしそうに見せたいと限られた時間の中で頭と手先をフル回転させていました。

手作りのおせち料理を味わって「なますがおいしい!家で作ろう!」「中華おこわもいいね!」とお腹と気持ちが満たされました。ぜひ家でも実践して手作りの味を広めてほしいです。
おせち料理にはそれぞれに明るい未来に向けた願いや日々の感謝の気持ちが込められています。3年生にとっては高校生最後のお正月。おせち料理を食べながらそれぞれの未来に思いをはせてほしいです。
03:20 | 今日の出来事
2020/01/12

リノベーションスクール@館山

| by tateyamasogo
「リノベーションスクール@館山」が
館山駅前サカモトビルで1月12日(日)開催されました。

 館山市内の遊休不動産でエリアを変える事業計画を作成し、
未来のまちづくりのきっかけを生み出そうとするものです。



 一般参加者の方々が3チームで3日間練り上げた事業計画を
発表する報告会では、本校家政科3年生の鎌田さんと尾形さんが
司会を務めました。



 館山の未来をみんなでつくろうという意気込みが会場内を包む、
3チームともすばらしいプレゼンテーションでした。

13:00
2019/01/21

SPH・異校種体験

| by tateyamasogo
□SPH関連講座 1/21(月) 8:50~ 
 「地域の魅力に気づき地域づくりについて考える」
 本校家政科の2年生が「生活産業情報」の授業で、SPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)の研究開発の一環として、地域の人と校内カフェ講座の企画を考えました。これは、様々な人と協議し、課題解決をする授業として位置づけ、地域の関係者から指導助言を仰ぎ、学ぶことと社会とのつながりを通して課題を解決する力を育成する目的で行われました。地域の関係者として、たてやま「里まち」企画編集サロンの主宰者の漆原 秀氏、元館山市議会議員の室 厚美さん、地域おこし協力隊の沖 浩司氏、VMV合同会社社員の高木潮音さんを招き、アドバイスを受け、意見を交換しました。地域や社会とのつながりを感じることができ有意義な時間となりました。


































   たてやま「里まち」企画編集サロン主宰者 漆原 秀氏

□フォローアップ研修【異校種体験】
 本日館山二中の高橋茉子(たかはし まこ)先生が家政科で異校種体験を行いました。2年生のSPH講座はもちろん、3年生の食品やフードデザイン、1年生のフードデザイン造形の授業を体験しました。とても意欲的に授業に参加してくれました。この経験を中学校での指導に活かしてほしいと思います。



18:57
2018/11/04

ビーチマーケット

| by tateyamasogo
北条海岸でパウンドケーキ販売
 11月4日(日)10:00時から家庭クラブがパウンドケーキを販売しました。これは、北条海岸で行われたビーチマーケットに家庭クラブが参加したもので、いろいろなお店やキッチンカーがひしめく中、多くの市民が家庭クラブのブースに足を運んでくれ、自慢のパウンドケーキを購入してくれました。用意した260個は全て完売しました。立ち寄ってくれた人から暖かい声援をもらえて大満足の一日でした。



10:00
2018/06/27

家政科3年生 保育実習

| by tateyamasogo
6月27日(水)
 昨日から、家政科3年生全員が北条幼稚園で保育実習を実施しています。
この日のために一生懸命練習を積んできました。
教室をちょっとのぞかせていただくと園児たちと楽しく七夕の飾りを
折り紙で作製する姿がありました。
 素朴で無邪気な園児たちに囲まれ、ただいま奮闘中です!





11:13 | 今日の出来事
2017/12/14

『朝とも』で「房総の恵ぎゅっとピタ」をつくりました!

| by CPC

 恒例の『朝とも』が実施されました。お昼に食べる弁当を家政科の先生と生徒の手ほどきで、他学科の生徒や先生方がつくるという本校の特色ある行事です。

 今年は、「ご当地!絶品!うまいもん甲子園」で準優勝をとった「房総の恵ぎゅっとピタ」を約20名の生徒と先生が、朝からつくりました。

「不器用な僕でも、なめろうのフライや野菜などをピタにうまくつめることができました。」と言うとおり、皆さん上手に調理することができました。

 今日のお昼は、一味違ったお弁当を味わうことができそうです。
19:50
2017/11/27

認知症サポーター講座

| by CPC



 家政科2年生38名が、『生活と福祉』で認知症サポーター養成講座を受講しました。講師として、館山市地域包括支援センターたてやまの方々が来校され、初日は、テキストに沿って、認知症についての説明をしていただきました。2日目には、グループワークでロールプレイを行い、認知症に対する理解を深めました。

福祉の仕事についても説明していただき、進路学習にもなりました。最後に、受講者全員に受講の証となるオレンジリングが配られました。




17:45
2017/09/05

ものづくりマイスターによる特別講義

| by CPC

 本校では「ものづくりマイスター」をお招きし、その卓越した技術に直接触れ、学ぶことができる実習を展開しています。
 本日の講師は、文化ファッション大学院大学非常勤講師、日本モデリスト協会特任委員 稲荷田征 先生です。
 家政科3年で被服を選択している生徒は、家庭科被服製作技術検定(洋服)1級の合格を目指し、裏付きプリンセスラインジャケットの製作に取り組みました。
16:28
2017/08/02

うまいもん甲子園 全国大会出場決定!

| by tateyamasogo

房総の地元料理のサンガをベースにピタでおいしく包みました



 作品名 「房総の恵 ぎゅっとピタ」
 作   3年A組 竹中さん・島田さん・近藤さ


8月1日、第6回ご当地!絶品うまいもん甲子園 関東甲信越エリア第二次選考が行われ、
過去最多応募数の中から勝ち抜き、関東甲信越代表として全国大会に出場決定しました。
また、
ファミリーマート関東エリア店舗での商品化も決定!

 

プレゼンテーションはとても緊張しましたが、たくさんの先生方からアドバイスをいただいたおかげで、練習の成果を発揮することができました。これから始まるプロジェクトや、千葉県から初めての出場という緊張もありますが、地域の活性化につなげるためにも、精一杯頑張ります!


09:06
2017/07/05

被服製作技能検定(和裁)1級に向けて!!

| by CPC

 3年生の選択授業のファッション造形では、被服製作技能検定(和裁)1級に向け、製作した浴衣の着付けを行いました。
 帯の色選びも一興。愛着のある浴衣を苦戦しながら美しく着こなしました。
16:32
2017/06/28

食物調理技術検定が実施されました。

| by tateyamasogo
 
 食物調理技術検定で、きゅうりの小口切り試験が終了したところ。基準は30秒で50枚、各厚2mm以下。
 上級生が厚さや形を厳しく採点しているドキドキの一瞬です。
07:30
2017/06/23

北条幼稚園にて、保育体験実習を実施

| by CPC

 6月21日~23日にかけて、家政科3年35名が、北条幼稚園で保育体験実習を実施。 
 劇の上演をし、園児への接し方を学びました。
 元気いっぱいの園児と過ごし、充実した3日間でした。
17:00