お知らせ

千葉県立匝瑳高等学校スクールポリシー


【GP:育成を目指す資質・能力に関する方針】
 匝瑳高等学校では『至誠・剛健・快活・高雅』の校訓のもと、『すすんで新しいことに挑む、豊かな人間性を持った人材』を育むため、次の5つの資質・能力“S.O. U. S.A. を3年間を通して身に付けることを目標に高等学校教育を行います。


◆育てたい人材◆
『すすんで新しいことに挑む、豊かな人間性を持った人』


◆育成を目指す資質・能力:“S.O.U.S.A. ”◆
 S. O. U. S. A.
           S. … S ustain “持続”
                   障害や困難に遭遇しても、しなやかに乗り越えて、粘り強く進み続けることができる
           O. … Output “表現”
                   自分の考えなどを、適切な方法を用いて、相手にわかりやすく伝えることができる
           U. … Unify “統合”
                   新たな知識・技能を積極的に吸収し、すでに習得している知識・技能と組み合わせることができる
           S. … S ympathy “共感”
                   相手の言動を公平な視点で分析し、理解しようとすることができる
           A. … Ambition “大志”
                    自分が目指す進路を、積極的に探求することができる

 


【CP:教育課程の編成及び実施に関する方針】
 GP で示した生徒像を支えるそれぞれの資質・能力を育むために、次のような方針のもとに教育課程を編成し、実施します。


1.

 1年次『産業社会と人間』や2・3年次『総合的な探究の時間』、その他キャリア教育プログラム(「仕事を知ろう」等)での探究活動や体験活動などをとおして、上級学校が求める知識・技能、思考力・判断力・表現力、学びに向かう姿勢を身に付けられるようにします。また、自分の目指す進路を見据え、その実現のために必要なものを見つけられるようにします。


2.

 3年間を通して行う探究活動の中で、それぞれの活動の内容の進行に合わせて、プレゼンテーションやレポート作成などをとおしてまとめることで、自らの思考や探究活動の成果を他の生徒と共有する機会を設けることで表現力の向上や他者を共感的に理解する力の育成を図ります。


3.

 1年次では、基礎となる必履修科目を中心に履修することで基礎・基本の定着を図ります。2年次以降は4つの系列に分かれて、生徒それぞれの希望する進路に合わせた教科・科目が履修しやすいように教育課程を編成します。


4.

 ICT 機器を活用した授業や学習支援アプリケーション等を活用したわかりやすい授業を提供するとともに、幅広い選択授業を開設することで、生徒それぞれの希望する進路に合わせた学びを提供します。


5.

 課外講座の開講や地域・高等教育機関との連携によって希望する進路に関する情報を得られるようにします。

 


【AP:入学者の受け入れに関する方針】
1.

 本校の教育方針や特色、総合学科の特性についてよく理解し、自らの将来について積極的に考え、その実現に必要な課題に積極的に取り組む強い意志を持っている生徒を求めます。


2.

 出席状況が良好で、学習意欲と知的探究心に溢れる生徒のうち、学習成績が優良で、学校行事・生徒会活動・ボランティア活動・英検などの各種検定取得や部活動に積極的に取り組んだ生徒のうち、本校入学後も引き続き諸活動に取り組もうとする意欲をもつ生徒を求めます。