メニュー

新トップページ旧トップページ学校紹介学科紹介取得可能な資格生産技術科News寮教育進路指導緑和会(生徒会)部活動 同好会魅力ある県立学校づくり開かれた学校づくり学校評価校長より近況報告(H29)校長より近況報告(H28)校長からの近況報告H27トピックス(H29)トピックス(H28)トピックス(H27)平成29年度修学旅行平成28年度修学旅行5月10日(火)~進路指導部より下総高校だより学校説明会・一日体験入学・入試情報学校からの連絡(配布文書・登校許可証明書)アクセスリンク集総務部よりPTA連絡問い合わせ卒業生の皆さまへ道徳教育小御門祭(文化祭)について保健室より緊急連絡

カウンタ

COUNTER18646

年間計画



自動車部活動日程
 

自動車部

自動車部活動日誌 >> 記事詳細

2017/04/27

自動車部 ベトナム文化交流プログラムレポート③

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
自動車部の代表チームがベトナムの文化交流プログラムに招待され、
4月13日から6泊7日をベトナムで過ごしました。
ベトナムの大会に出場させていただいたほか、いろいろなところを視察したようです。
ここからは視察行程について部員たちの感想を交えながらお伝えしたいと思います。

 
ベトナムに出発した初日、空港に到着してすぐにホンダベトナムの工場に見学に行きました。
ホンダベトナムの工場全体では年間二輪車250万台、四輪車1万台を生産しているそうです。
この数字からも分かるように、ベトナムはバイク大国なのですね。

代表チームはまず本社に案内されました。
(ここから写真撮影禁止になってしまいました。)
広い敷地内に本社と二輪、四輪の生産工場が併設されており、
本社からバスで移動して四輪車の生産工場を見学させてもらいました。

以前、日本国内で他社の自動車生産工場を見学したこともあった彼らは、
その違いに驚いたと言います。

まず、ひとつの空間ですべての生産過程を見学できること。
部屋が仕切られておらず、プラットホームの状態からエンジンの組み立て、
溶接や塗装をぐるっと一巡できる状態で見られるそうです。
そのため、自動車がどうやって組み上がっていくのかを学ぶことができるのだそう。

また、ほとんどの作業が機械に頼らずに手作業で行われているということ。
日本では溶接工程や塗装工程などはラインに乗せてオートメーション化されているのに、
ベトナムではそれらのほとんどが手作業で、
車を移動させるのも人が手押ししていたそうです。

これらは、敢えてそうしているということです。
四輪車の生産は始めたばかりで、
一巡できる狭い空間でその生産過程を知り、手作業で関わっていくことで、
自動車の生産方法を学んでもらおうという狙いがあるそうです。
車を手押しで移動させるのも、次の行程が何かを知るためなんだとか。

その工程が、車好きな部員たちにはたまらなく興奮を誘うものだったそうです。
「ものづくりの基本を教えてもらっているような気がしました。」
と興奮を抑えられない様子で目をキラキラさせて話してくれたのは三浦くんです。
「どの生産工程も間近で見ることができたし、うらやましいと思いました。」
三浦くんがその話をしてくれると、
他の部員も寄ってきて盛り上がっていました。
よほど興味をそそられたようでした。

また、工場内を案内してくださった方が日本語を勉強中のベトナム人だったそうですが、
工場には日本人もいるなかで敢えてベトナム人に任せることで、
難しい課題を与えて社員に成長してもらいたいという思いを感じたそうです。

さらに工場にはそこで働く人物の写真が飾られていたのですが、
重役ほど下になる逆ピラミッド型になっていたそうです。
社員を役員が下から支えるという構図だという説明を受けて、
感銘を受けたとも話してくれました。

工場を見学したことで三浦くんは
「人間的に成長してもらいたいという思いで社員を育てているのだということが
すごく伝わってきました。」
と言い、「うちの部活と似ている」とも言っていました。
世界のホンダと肩を並べるなんておこがましい気も致しますが、
確かに、本校自動車部でも似たような考えのもとで部員を育てているところがあります。
それを三浦くんが感じ取ってくれていたということがまた嬉しい一言でした。


記念に帽子をもらったそうですが、
二輪のマークも四輪のマークも両方入っているものが手に入るのはここだけだと聞いて、
とても喜んでいました。
本当に車が好きな部員たちなのでよほど嬉しかったのでしょう。

次回は市街地の視察についてレポートしたいと思います。
ベトナムの文化に触れて部員たちが感じ取った思いをお伝えしていきます。
19:02 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)