メニュー

新トップページ旧トップページ学校紹介学科紹介取得可能な資格生産技術科News寮教育進路指導緑和会(生徒会)部活動 同好会魅力ある県立学校づくり開かれた学校づくり学校評価校長より近況報告(H29)校長より近況報告(H28)校長からの近況報告H27トピックス(H29)トピックス(H28)トピックス(H27)平成29年度修学旅行平成28年度修学旅行5月10日(火)~進路指導部より下総高校だより学校説明会・一日体験入学・入試情報学校からの連絡(配布文書・登校許可証明書)アクセスリンク集総務部よりPTA連絡問い合わせ卒業生の皆さまへ道徳教育小御門祭(文化祭)について保健室より緊急連絡

カウンタ

COUNTER18760

年間計画



自動車部活動日程
 

自動車部

自動車部活動日誌
12345
2017/10/06

自動車部 全国大会レポート①

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
10月1日(日)栃木県のツインリンクもてぎにて
本田宗一郎杯Hondaエコマイレッジチャレンジ2017第37回全国大会が開催され、
本校自動車部より2チームが参加しました。
 
この大会は「君はガソリン1リットルで日本一周できるか?」をテーマに開催されており、
自作の自動車で決まった距離を制限時間内に走行し、
消費した燃料を計測することで燃費の良さを競う大会となっています。

本校自動車部はグループⅡ(高校生クラス)において2連覇中。
今回の大会には237チームが参加する中、3連覇をかけて挑みました。

「実は自分たちには大会で負けた経験がないんです。
負けた悔しさを知らないから3連覇は難しいと言われています。」
と神妙な面持ちで話していた厚海部長。
それでも活動の中で何度も失敗を経験し、痛い思いを経験してきた彼らにも、
結果を出したいという強い意志があるのを感じ取りました。



前日の9月30日(土)には同会場で練習走行が行われました。
 
早朝5時の開門を待って指定された場所にテントを設置してピットを設営します。
出発前に学校で練習していた成果があらわれ、
無駄なく素早く設営することができました。

2チーム分として与えられた決して広くない4台分の駐車スペースで
カウルをテントの梁に渡すなどして空間を有効に活用していることに毎回感心します。

 
設営が終わるとタイヤの取り付けやエンジン回りの最終確認が行われます。
「急いでいるときなどは焦ってしまうこともあります。
けれども焦るとミスを誘発してしまうので深呼吸をしてから作業に当たります。」
とエンジンを担当している3年生の宮崎くんが話してくれました。
いつもと違う環境で大きなプレッシャーを感じながらの作業でも、
落ち着いて作業することが大事なのだと教えてもらいました。

 
走行前にはゼッケンが配布され、それぞれの車体に貼り付けます。
ただシールを貼るだけのように見えますが、みんな真剣です。
 
と言うのもゼッケンの中に空気が入ってしまうと
散々研究してきたマシンの空気の流れが狂ってしまいます。
空気が入らないように中心から外側に向かって空気を押し出すようにして
慎重かつ丁寧に貼り付けているのです。

練習走行は本番とほぼ同様に進行されます。

コースウォークの時間が設けられ、複数の部員でコースを歩いて確認します。
燃費向上のために平坦な道や下り坂ではエンジンを切って走行します。
ドライバーはここでエンジンをかける、ここはこういうラインで走るなどということを
確認しながら歩いていました。

続いて車両検査に向かいました。

コースには複数台のマシンが走行するので安全に配慮された車検が徹底されています。
緑のゼッケン147番がAチーム、
赤のゼッケン148番がBチームです。
 
車体寸法等が規定を満たしているか、視界はミラーを含めて良好か、
燃料装置に不備はないか、ブレーキ機能に支障はないかなどを点検してもらいます。

万全の態勢で挑んだはずの車検でしたが、
最後のブレーキの点検中にAチームのブレーキパッドがずれてしまいました。
パッドの調整ができていなかったようです。
ブレーキの効き具合には好みもあるからとドライバーに任せっきりにして
確認していなかったことが原因でした。

あわてて整備をしなおして再度車検に通します。
無事、通過したものの大会のプレッシャーに押されて浮足立っている様子で、
今一度気を引き締めなおした部員たち。

車検終了後ほどなくして燃料が供給されます。
この時点で燃料は規定量を渡されるのですが、
スタート前にも計測をして燃料を増減する措置が取られています。
燃料が暖まって膨張してしまうと、スタート前の計測で燃料を減らされてしまいます。

この日は日差しが強かったので燃料を膨張させないように
日傘で守りながら大事に大事に運びます。

準備が出来たらスタート前待機エリアに移動です。
 

レースが楽しみで仕方がない様子のAチームドライバー田中くんの隣で、
Bチームに不具合が見つかりました。

エンジンをかけた後、回転数を上げようとするとすぐに切れてしまうのです。
設定した回転数まで上がると自動的にエンジンを切る役目をしているデジタルタコメータが
何かのノイズを拾ってしまっているようです。
出走までもう時間がありません。

果たしてBチームは無事に走行できるのでしょうか!?

気になる続きは次回!
15:50 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/10/02

自動車部 全国大会3連覇!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
10月1日(日)栃木県のツインリンクもてぎにて開催された
本田宗一郎杯Hondaエコマイレッジチャレンジ2017 第37回全国大会に
本校自動車部から2チームが出場しました。


結果は
Aチーム   2097.539㎞/ℓ 1位
Bチーム   1815.359㎞/ℓ 2位

1位2位を独占しての3連覇となりました!

全国大会当日に起こった数々のドラマや
部員たちの声についてはまた後日お届けしたいと思います。

応援して下さった皆様、ありがとうございました。
15:14 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2017/09/26

自動車部 全国大会に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
全国大会が今週末にせまった自動車部。

あれ?いつもはボディー班の厚海くんがなぜかエンジンのチェーンを整備しています。

「人手が足りなくなったのでやることになりました。」
と言いながら手際よくチェーンを扱っています。


同じボディー班で2年生の秋山くんが
「分からないことがあって厚海先輩に聞いたときに、
先輩はボディー班なのにエンジン班の分野まで丁寧に教えてくれたので、
すごいと思いました。」
というように、部長に任命されてからの厚海くんはボディー班の仕事を後輩に任せて、
自分は部長としての責務を果たすために周りを見渡すことを心掛けていたようです。

そんな部長の厚海くんに全国大会に向けて話を聞いてみました。

―今回の大会での一番の改良点はどこでしょうか?

「ボディーの形が大きく変わったことです。
空力的なところがどれだけ結果に影響してくるか楽しみです。
タイヤも、もてぎ大会の時からですけど新しくしています。」

―もう少し時間があれば手を付けたかった、もっとこうしておけばよかったと思うところは?

「エンジンについてはあまり手をかけられず
セッティングを調整したのみになってしまいました。
エンジン班の部員はもう少し手をかけたかったと言っていましたが、
その分ボディーに手をかけた形になりました。」


とは言え昨年の秋から気になるところは修正しているという厚海くん。
もてぎ大会までにクラッチの改良も行っていたので、
エンジンの状態としては十分ではないでしょうか?

―ボディーはサイズもかなり小さくなったし、フレームも大幅に改造しました。
 ボディー班としてはどうですか?

「今後のために実験的に改良したというところもあります。
エンジンのクラッチの改良をしたときもこれまで先輩方が積み重ねてきたところに
ちょうどよくマッチしただけで、クラッチの改良だけで良い記録が出たわけではありません。」

厚海くんたちも、積み重ねられてきた地層の一部になれればと言います。

「大会も重要ですが、大会終了後の風洞実験も楽しみです。」

今の自動車部のことだけでなく、
過去や未来の自動車部のことも考えている厚海部長。
その視野の広さに本当にこの子は高校生なのかと疑ってしまうほどです。

―全国大会の目標は?

「今まで通りなら2,500㎞/㍑(という記録)なんですが、
無事に完走できることを目標にしたいです。」

入部当初から、本当に理解できるまで簡単に「分かった」と言わない慎重派の厚海くん。
部長として大きく成長した今でも、その心は変わっていないようです。


―大会での課題はなんでしょうか?

「それぞれがやった仕事をチェックし合うことです。
みんなでやった仕事にミスが出ることもあるので、それをなくしたいと思っています。」


「最後なので悔いのない大会にしたい。」
最後に静かに放った厚海くんの言葉に、胸の奥の熱い情熱を感じました。

厚海部長率いる自動車部の全国大会は、
10月1日(日)栃木県のツインリンクもてぎにて行われます。
18:20 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2017/09/22

自動車部 地道な努力家

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
自動車部の全国大会に向けて残り10日を切りました。

各部署で最後の調整を行っている中、
大会に向けて恒例の持ち物チェックリストを作成していたのは3年生の三浦くん。

従来は手元のリストにすべて書き込むというスタイルをとっていましたが、
今回からガラッと変えて中に何が入っていればいいかが分かるリストを
工具箱本体の引き出し一つ一つに貼ることにしました。


「これまでのリストだとどうしても見落としがあって、
写真をつけたりもしましたが大切なものに限って小さすぎて分からないこともあって、
顧問の先生からアドバイスをもらってこういう形にしてみました。」


出来栄えについて伺うと
「使ってみないと点数はつけられない」と謙虚な答え。


3年生になって目下就職活動中の三浦くん。
面接練習の中で「部活と勉強との両立はどうしているのか」という質問に対して
「意図的に両立していたわけではないのですが、
自動車部の中で頭を使って考えることが多くて、
自然と考える力が身についてきたので勉強にも役立ったと思っています。」
と答えていたのが印象的でした。


「就職活動で部活を抜けることも多くて後輩に迷惑をかけた」
という三浦くんに対して、2年生の秋山くんが
「自分のことだけじゃなくて周りのことも考えてくれる先輩」
だと言えば、1年生の堀口くんも
「部活に来て最初に話しかけてくれたのが三浦先輩だった。
相談しやすくて頼りになる先輩」
と言います。
後輩を放っておけない面倒見のいいところがあり、
三浦くんの周りにはいつも後輩の姿があるのもうなずけます。


最後の全国大会に向けて目標は?と聞くと
「忘れ物をしない」
と言うので最後の大会の目標があまりにも基本すぎないかと難癖をつけると
「最後の大会だからこそ、忘れ物をしないことが大事」
なのだと力強く答えてくれました。


「あとは何かあっても他人のせいにしないこと。
コミュニケーションをしっかりとってチームワークを大事にしていきたい。」
3年間、部活の中では努力が裏目に出ることも多かった三浦くん。
それでも自分を成長させたいと地道に努力を続けて
誰よりももがいてきた姿が実を結んだんだなと思える言葉でした。

全国大会は10月1日(日)栃木県のツインリンクもてぎにて開催されます。
本校から出場する2チームの成績だけでなく、
部員の成長した姿にも注目です!
18:29 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/09/08

自動車部 先輩から引き継いだ優しさ

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
いつも物静かにニコニコ笑っている宮﨑くんはエンジン班の3年生です。

エンジン班に最初に配属されたとき、
「こんな自分に務まるのかという不安が大きかった」
と言う宮﨑くんですが、先輩が優しく丁寧に教えてくれ少しずつ不安は解消されたそうです。

そうやって先輩に教わった宮﨑くんは
後輩に対する態度も同じように優しく丁寧に接しているようです。


「2年生だけでやってみろと言われた作業で自分たちが困っているとき、
実は宮﨑先輩がこっそり教えてくれて、優しい先輩だと思いました。」
宮﨑くんについて尋ねると、
同じエンジン班で2年生の田中くんはすぐにそう答えてくれました。


同じくエンジン班の2年生石塚くんは
「常に自分の考えを持って行動している先輩だと思います。
自分が製作したものの問題点を指摘してくれて、
先輩と一緒ならより良いものを作れるような気がしたこともあります。」
と後輩の信頼は厚いようです。


全国大会に向けての意気込みを聞いてみました。
「3年目なので3年生らしい振る舞いで挑みたいと思います。
大会では主に配線のチェックなど点検が主流です。
後輩に教えられることはしっかり教えていきたいと考えています。」


「これまでやってきて自分がまだまだ未熟だということを思い知りました。
あともう3年足りない気がします。」
という宮崎くん、最後の全国大会では全力を出し切って
悔いを残さない戦いができるでしょうか。

全国大会は10月1日(日)栃木県のツインリンクもてぎにて開催されます。
18:10 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/09/07

自動車部 見習いからの正式配属

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
全国大会が近付いてきたこの日、自動車部ではミーティングをしていました。

現在の進捗状況を報告しあい、大会までのスケジュールを確認しました。

士気が高まったところでそれぞれの作業に移ります。

タイヤ班の2年生の水上くんは1年生ではボディーを担当していましたが、
タイヤ班が3年生の石塚くん一人になってしまったため、
色々と手を貸しているうちに、いつの間にか正式配属となっていました。

タイヤ班は覚えることも多くて、センスを問われるだけでなく、粘り強さも求められます。
ボディー班との違いを聞いてみました。

「ボディー班ではみんなで一つの作業を協力してやることが多かったけど、
タイヤ班では一人でやる作業が多くて、最初は少し戸惑いました。」
という水上くん。
 
以前は先輩の作業を見て学ぶ、メモをとって学ぶだけでしたが、
最近は先輩が見守る中ではありますが、
任されたタイヤのバランスをとる作業を黙々とやっている姿を見かけるようになりました。

先輩の石塚くんは3年生なので、近いうちに否応なしに独り立ちしなくてはなりません。

全国大会ではどういう姿勢で挑むのかと聞くと
「石塚先輩はドライバーなのでそんなに教えられる余裕はないと思います。
少しでも先輩の負担を軽くできるように自分でできることを見つけて動きたいと思います。」
と少し緊張したような面持ちで話してくれました。

 
石塚くんに水上くんについて尋ねると「まだまだですね」と手厳しいお言葉。
それを聞いて苦笑いしている水上くんの横で、
「なんとかなる」と言う石塚くんの言葉が
肩ひじ張らずにがんばれという励ましに聞こえました。

水上くんの加入のおかげで絶滅の危機を免れたタイヤ班。
全国大会で2人が整備したタイヤの働き、
そして水上くんの成長も楽しみです。

全国大会は10月1日(日)栃木県のツインリンクもてぎにて開催されます。
16:45 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/08/29

自動車部 棚卸

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
自動車部は、長期休暇(春休み、夏休み、冬休み)に入ると、
航空車両整備科棟の機械設備について棚卸を行うことになっています。

 
チェックリストを見ながら全員で
あれがない、これはどこだ、数が足りないと四苦八苦しながら進めています。

3年間棚卸をしてきた部長の厚海くんは
「普段使わない工具などもたくさん出てきますが、
調べながらチェックすることも大事な勉強になります。」
と話してくれました。

名称が分からないものについては資料室の本で調べ、
それでも分からない場合は文明の利器(インターネット)を使うそうです。
(それでも分からないものは先生に聞きますが、そう易々教えてくれる先生ではありません。)

棚卸をすることでこんな工具があるんだと発見することもあるし、
必要になった時にあそこにそんな工具があったと勉強になることばかりです。
人員配置など段取りは部長がすべて仕切ることになっているので、
部長としてもいい勉強になるんだと顧問の中西先生が教えてくれました。

 
8時30分から10人程度の部員で始めてなんとか終了したのが12時30分頃。
お疲れ様でした!
14:15 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/08/28

自動車部 タイヤチューブの接続

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
自動車部では内径20インチのタイヤを使用しています。
ところが、市販されているタイヤチューブは26インチのものしかないので、
加工して20インチ用に仕上げなくてはなりません。

今回タイヤチューブを更新することになり、
3年生の石塚くんと2年生の水上くんがその作業に挑みましたが、
これがなかなか難しい様子。

今回は練習している様子をのぞいてみました。

まずはタイヤチューブを適当なところで切ります。

 
ここからは工程ごとに滑りやすくするためのベビーパウダーや、
ゴミが入って接着を妨げないためのパーツクリーナーを要所要所に
施していきます。

 
一端を外側に25㎜程度折り返します。

 
折り返した山側7㎜程度のところに半周分だけゴムのりを塗布します。
折り返し全体に塗ってしまうと変なところにくっついてしまったり、
逆に少なすぎるとはがれてしまったり、
この7㎜という幅が下総オリジナルで、とても重要なポイントになるそうです。

そこに同じように7㎜幅でゴムのりを塗布したもう一端を合わせて接着します。

 
半周分がくっついたら、もう半周分同じようにゴムのりを塗布し、
折り返しを元に戻しながら接着します。
圧力をかけてなじませます。

 
そこからもう一度端をめくりますが、今度は接着したところまで。
ここからはタイヤチューブに空気を少し入れて、
チューブを筒状にした状態で作業します。

端の残っている部分にゴムのりを塗布してめくったところを元に戻してなじませれば、
タイヤチューブ完成です。


いや、完成ではありません。
しわが寄ってしまい、ここから空気が漏れてしまって失敗してしまいました。

コツは?と聞くと
「気合です」と答えてくれた3年生の石塚くん。
このあと本番で一本成功したようです。


見習い中の2年生の水上くんも真剣にメモをとっていました。

スペアタイヤ合わせて全部で10本…
先は長いけど頑張れ!
17:19 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/08/28

自動車部 壮行会

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部
8月11日(金)に自動車部OBによる壮行会が行われました。

自動車部の大会は10月なのですが、その付近はOBの皆さんも多忙なため、
夏休み中のこの時期に集合することになりました。
卒業してもこれだけのOBが集まるところに、自動車部愛を感じます。

 
最初に主催者の飯田さんと岩本さんからご挨拶があり、
乾杯をしたらさっそくバーベキューの開始です。

 
おいしいお肉や飲み物もたくさん用意していただきました。

 
今回の目玉は流しそうめんです!
日ごろ部活に明け暮れている部員たちも、
先輩お手製の流しそうめん器で夏を満喫できたのではないでしょうか。

 
みんな喜んでお腹いっぱい食べた様子でした。

会食中も先輩方からお話を聞けましたが、
それぞれの代の代表者から一言ずつ激励のお言葉をいただきました。

最後に現部長から感謝の言葉と大会に向けての意気込みを語ってもらい、
壮行会は大盛り上がりで幕を閉じました。

お忙しい中壮行会を企画してくださったOBの皆様、
ご参加いただいて励ましのお言葉をかけてくださった皆様、
またご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
下総高校自動車部はこれからも精進してまいります。
どうぞあたたかく見守っていてください!
12:48 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/08/10

自動車部 スクリーン製作

Tweet ThisSend to Facebook | by 自動車部

日本各地で猛暑日を記録したこの日、
自動車部ではなんとストーブをたいていました。

そしてそこに部員が集合。

あまりの暑さにおかしくなってしまったわけではなく、
新型マシンのボディーの外形が完成し、
そこに貼り付けるスクリーン(窓)の製作をしているのでした。

 

スクリーンにはペットボトルに使われているペット樹脂を使います。

温めると柔らかくなり型に押し付けて冷やすと
その型どおりに成型される性質をもちます。

室内の気温が低いと温めて柔らかくなってもすぐに固まってしまって難しいので、

気温の上がるこの時期が成型にはもっともやりやすい時期となります。

 

とは言え暑い。

作業を始める前の室温は34.1℃。

温まったペット樹脂を安全に、そしてうまく型に押し付けるために
お手製の治具と万力を取り付けます。

 

ストーブを炊く前に部屋を閉め切ると湿度が上がって不快に感じました。

樹脂が柔らかくなるとそこから一気に作業を進めるので、

始める前にしっかり打ち合わせをします。

そしていよいよストーブを炊いてその真上で樹脂を温めます。


作業はじめは34.3℃だった気温が徐々に上昇、35.9℃

徐々に体温に近づいてきました。

このくらいでも笑顔が見られてまだ多少の余裕を感じます。


37.0℃、体温を超えてきました。全員の顔から体から汗が吹き出します。
 
額の汗、作業着の汗染みでこの暑さが伝わるでしょうか!?

 

樹脂が温まったらすばやく型に押し付けて成型します。

四方から樹脂を引っ張りながら、手の空いている人が素手で樹脂をなじませていきます。

「あっち!もう少しそっち引っ張って!あっち!」

という声が響きますが、「あっち」が方向を示している言葉なのか、

熱いという意味なのか、もはや分かりません。


この時点で気温は37.4℃。
しかし体感温度は計り知れません。

 

「全方向同じタイミングで、同じ力で均等に引っ張らないと、
しわになったり歪んだりして難しかったです。」
1年生の永長くんが言うように、部員全員が呼吸を合わせないと成功しないのです。

 

そうして出来上がったスクリーンは…少ししわが寄ってしまって失敗。
しかしこの後もう一度暑い思いをして、ようやく納得のいくスクリーンが1枚完成しました。

 

3年生の厚海くんは
「もともと曲面が複雑になっていて難易度の高いフロントスクリーンですが、

今回は面積も大きくなっているので難しかったです。
実は4枚くらい失敗してようやくできたのですが、完成して良かったです。」

と話してくれました。

サイドのスクリーンもまだ残っていますが、
最も難易度の高いフロントスクリーンが完成して少し安堵した様子でした。

 

何度も失敗したにも関わらず完成に至った陰には
2年生の秋山くんが作った治具の存在が大きかったようです。
 

これまでは直線の角棒などを簡易的な治具として使っていましたが、

今回は面積も大きく曲面も複雑なので型に合わせた治具を製作しました。

「最初は前中心がずれてしまってスクリーンに段差ができてうまくいかなかったのですが、中心を鉄板とボルトでしっかり固定できるように改良してからうまくいったので、
良かったと思います。」

 

自動車部が毎年作っているマシンは、まさに汗と努力の結晶。
この調子で10月の大会まで走り続けます!


16:06 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
12345