トップページへ 
 
平成29年度大学別現役合格者数

中学生の皆さんへ New
佐高生の声がたくさんあります。

受検情報  

このコーナーでは、受検生への連絡、
志願状況等についてお知らせします。
 
☆ 一校1キラッ! New!
  <全日制> 
<定時制> 
 
 同窓会Topicsへ New
 

サイト内検索

トータル1433205
オンラインユーザー13人
ログインユーザー0人
住所 〒287-0003
        千葉県香取市佐原イ2685
電話 0478(52)5131
FAX 0478(52)9998 
 
 
 佐高Webページ QRコード
  
 

カレンダー (全日制)

更新ページ&行事予定

 <更新ページ>
      進路指導のページ  を更新しました。
   (平成30年3月卒業生の大学合格状況を更新しました。

    新潟大・医学部医学科,京都大,東工大,一橋大,東北大,名古屋大,神戸大,金沢大,
            東京芸大、千葉大は19名等の国公立大学に現役で106名が合格しました。)

       平成31年度入試日程のページ  を更新しました。
       一日体験入学のご案内のページ を更新しました。
New  星輝祭(文化祭)のページ を更新しました。(6月27日)

 
  <Schedule> 平成30年度 年間行事予定

 
日誌&連絡 >> 記事詳細

2017/11/24

国立極地研究所で提案発表しました。

| by 教頭

国立極地研究所「南極北極ジュニアフォーラム2017」で提案発表

 

 11月19日(日),国立極地研究所(立川市)で行なわれた「南極北極ジュニアフォーラム2017」において,理数科2年の久住樹さんが「南極の砂の調査」という提案をしました。この日は第14回中高生南極北極科学コンテストの表彰も行われ,久住さんが奨励賞を受賞しました。

 

久住さんの提案は,南極の「マクマードドライバレー」という砂漠の砂の由来を調べ,南極の成り立ちについて追究しようとするものでした。極地研究所の研究者の方,特に地質学を専門とする先生方に興味を持っていただき,南極について様々なお話をしてくださりました。南極の砂を分けていただきましたので,今後観察したいと思っています。

 

日本全国から集まった他校の生徒の提案内容も興味深かったです。今年度は,生物分野の提案が多かったです。また,フォーラムの後は南極・北極科学館の見学が行われ,南極の氷や岩石を見ることができました。「チバニアン」という時代の名称がつけられるかもしれないと話題になっている地層についての説明もありました。この地層の放射性年代の測定は,極地研究所の研究者が行ったのだそうです。

 

20:12