校長室から >> 記事詳細

2018/12/04

多文化共生社会で大事な能力① …プレゼン力

| by ebihara-y
12/4(月)プレゼン力

 先生方との中間面接を行っており、2 名の先生方から授業での同様の取組を聴いた。
 1 年生の地理の授業では、授業のまとめとして、資料の読み取りや感想などを80字程度で表現させることに取り組んでいる。また、1,2 年の英語の授業では、質問(もちろん英語)に、一文ないし、二文で表現する学習に取り組んでいるそうだ。どちらもなかなか成果は簡単に出ないが、最初は単語だけだったものが、1文になり、接続詞を使って2文になっている生徒もいるとのこと。また、できるようになりたいと取り組む生徒も出てきたそうだ。努力が実を結ぶ取組になってほしい。
 世の中は、様々な表現はあるにせよ、「多文化共生社会」に向かって進んでいる。これは、紛れもない事実だろう。異なる文化(言語、宗教、習慣など)や、様々な境遇の多様な人々が折り合いをつけ、地域社会をつくっていく。理想は、かっこよく言えるが、実際は大変なことだ。
 こうした未来社会で生きるために重要な能力の一つが、プレゼンテーション力(プレゼン力)だ。先月、本校とさくら分校の生徒が、プレゼン力を発表する機会がいくつかあったので紹介する。

①東京情報大学でのプレゼン発表
 11/30(金)午後、情報コース2 年生全員が東京情報大学(高大連携校)で、修学旅行をテーマにプレゼンテーション大会を実施した。3~5 人一組で約5 分、情報を専攻している大学生(教職課程履修)相手にパワーポイントを使って行うもので、わかりやすい内容、見やすい資料、興味を持たせる話し方を追求し、工夫を凝らした発表が多かった。情報大のメディアホールをお借りしての大舞台であったが、時間をかけて練習すればここまでできることを証明する堂々としたものだった。情報コースでは、3 年生になってもプレゼン力を磨くカリキュラムが組まれており、2 年生の発表は3 年生が校内で行ったプレゼン大会に刺激を受けた成果とのこと。

②さくら分校の実習報告会
 11/30(金)午前中、さくら分校の生徒が、秋に実施した現場実習(就労体験)の様子を本校図書室で、生徒、保護者、教員向けに発表するというので見学させていただいた。各事業所での就労の様子を動画で見せながら、成功体験、課題、今後の方向性などについて、2 分間ほど、実習に行った生徒全員が発表するもので、1 年生では「あいさつや集中力」が目標だったものが、2 年生では「職場の方と積極的にコミュニケーションをとること」となるなど、一人一人の成長が実感できる内容で感心した。

③マレーシア派遣生徒の発表
 またまた、11/30(金)、今夏に実施した千葉県国際教育交流事業(マレーシア派遣)に参加した1,2 年生4 名が、本県高等学校歴史教育部会の生徒歴史研究発表大会において、現地での交流や体験の様子などを発表した。場所は、千葉県中央博物館講堂。この派遣プログラムでは、1 月に県庁で参加6 校の生徒が県の教育委員会幹部に対して、成果発表会をすることとなっている。今回は度胸試しとのこと。本校生徒代表として派遣したので、終業式でも発表の機会を用意します。

④植草学園 高校生プレゼンテーションコンテスト
 11/10(土)植草学園大学で行われた大会に情報コース3 年生3 名が出場し、200 名の聴衆を前に15 組中3 位相当の奨励賞を受賞した。「理想の共生社会をめざして~実現に向けていま私ができることとは」をテーマに競われたもの。私は修学旅行で直接見らなかったが、後日、本校の応接室で3 名に当日のままの発表をしてもらった。情報担当教諭の指導のもと、3 名で考えた「ピクトグラム」というテーマを練り、これまで磨いてきたプレゼン力の成果を発揮した見事な内容だった。
19:09