校長室から >> 記事詳細

2020/04/07

令和2年度入学式

| by kaneda-k

未来への希望に溢れた新入生を迎えました。祝辞を掲載させていただきます。

式 辞

 

万物に生命の息吹あふれる春、この佳き日、今般の新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、例年のような御来賓の参列が叶わない中ではありますが、 本校保護者会会長様の御臨席を賜り、また、保護者の皆様が見守る中で、令和二年度 千葉県立佐倉南高等学校 入学式を挙行できますことは、この上ない喜びであり、本校教職員を代表して、心からお礼申し上げます。

さて、一六〇名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

 

皆さんは、人生はじめての試練ともいうべき入学試験を乗り越え、本日、晴れて佐倉南高校の生徒となりました。皆さん一人一人の努力の成果であることはもちろん、ご家族や中学校の先生方など、多くの皆様の支えがあったことを忘れてはなりません。皆さんは、本日から佐倉南高校の生徒です。明るく希望に満ちた三年間になるよう、同級生、上級生、そして私たち教職員とともに、毎日の生活を大切にしていきましょう。皆さんの入学を心から歓迎します。


 新入生の皆さんに、校長として望むことを三つ申し上げます。

一つ目は、「生涯学び続ける基礎を作る」ということです。学ぶことは、自分を高めることです。毎日の授業や清掃、学級活動、学校行事、部活動の一つ一つの中に、自分を高めていく楽しさ、人のために役立つ喜びを発見してください。その喜びは、学校を卒業した後の長い人生を、豊かで幸せに満ちたものにしてくれるはずです。

 二つ目は、「人間関係を築く力を持つ」ということです。

高校時代は大人に近づく時期であり、自分について考える、最も悩みの多い時期です。「自分」は、他者との関係の中で明確になっていきます。失敗を恐れず、失敗に負けず、勇気を持って、多くの人とかかわってください。そして、人とのつながりの中で、自分について考え、自分の役割を見出し、周囲の人々にプラスの影響を与えられる人間へと成長していってください。

三つ目は、「心身の練磨」です。人生の基盤は健康にあります。心身ともに大きく成長する高校時代に、睡眠をしっかりとり、朝早く起きる。きちんと食事をとるなど、毎日の積み重ねを大切に、日ごろから自分の健康を自分自身で管理する能力を養い、心身を鍛えてください。

保護者の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます。

私ども教職員一同、一致協力して、全力を尽くし、愛情を持ってお子様の教育に取り組んでまいります。

高校時代は、大人になるために、自分自身を認識する大切な時期であり、お子様には高校生としての自覚を持って行動すること、我々には、発達段階に応じて適切に指導することが求められます。学習面はもとより、生活面や進路においても、時に厳しく、時に優し

く、親身になってお子様に寄り添ってまいりたいと思います。

つきましては、今後とも、本校教育について深く御理解をいただき、学校と御家庭が手を携えて、お子様の健全な育成を促すべく、特段の御支援と御協力をお願い申し上げます。

 

結びに、御多用の中、本日御臨席を賜りました 本校保護者会会長様に心より感謝を申し上げますとともに、新入生の皆さんのこれからの三年間が、実り多きものになることを、祈念して式辞といたします。

 

令和二年四月七日 

千葉県立佐倉南高等学校長 金田 一幸

 


13:23