御挨拶


ようこそ!千葉県立佐倉東高等学校のホームページにいらっしゃいました。

本校は,本年で創立112年目を迎える伝統校です。
 明治40年,佐倉町立佐倉女子技芸学校として開校し,大正7年印旛郡立佐倉実科高等女学校,同12年千葉県立佐倉高等女学校を経て,昭和23年には千葉県立佐倉女子高等学校に昇格し,昭和25年夜間定時制を開設し、佐倉第二高等学校へ改称されました。その後,同36年佐倉東高等学校と改称され,平成17年には共学となりました。現在は,服飾デザイン科,調理国際科,普通科の3つの学科を有する,生徒の多岐にわたる学びにこたえられる高等学校となっております。

服飾デザイン科は県内公立校で唯一の学科で,服飾やデザインに関する専門的知識や技能を習得し,将来の服飾関連業界のスペシャリストを目指します。多彩な講師陣によるデザイン画や色彩,着付け,立体裁断についても学ぶことができます。大学に進学する生徒もいますが,専門学校に進学しさらに専門性を高める生徒が多くいます。
 調理国際科も県内公立校で唯一の学科です。設備の整った環境で豊富な実習を行い,多彩な講師陣による専門的な指導で即戦力のスペシャリストを目指します。卒業時に調理師免許が取得できるのが大きな特徴です。進路は就職のほか,大学や専門学校に進学しさらに専門性を磨く生徒も多くいます。
 普通科ではコース別カリキュラムで一人ひとりの進路希望に合った学習ができます。わかる授業を展開し,進路実現に向け,きめ細かな指導を行っています。
 本校の学校教育目標には「目標を持って学ぶ」という文言が入っています。また,本校の校訓である「真摯醇正」(しんしじゅんせい)とは,ひたむきなまじりけのない正しさを意味します。目標に向けてひたむきに努力する生徒の皆さんを我々教職員は応援していきます。
 今後も,歴史と伝統を継承しつつ,さらにそれぞれの学科に特色を持たせ,進路実現に向け,たくましく挑戦する生徒を育成したいと考えております。 
    校長 木次 愼一(きつぎ しんいち)