日誌

ソフトテニス部
12
2018/10/26

10月のご報告

| by ソフトテニス部

秋も深まっていき、テニスコートも5時には球が見えなくなる時期となりました。
時の流れのはやさを実感しています。

さて、10月は二つの大会に参加してまいりました。
そのご報告をさせていただきます。

10月5日(金)は新人戦個人戦地区予選でした。
あいにく、雨天でした。
トーナメント進出決定のためのリーグ戦で敗退してしまいましたが、全力でプレーできました。
例年であれば、団体戦のご報告もするところですが、現在、1ペアで活動しているため、団体戦はエントリーできませんでした。
来年度は、個人戦でも新人戦でも県大会へ出場できるように頑張りたいと思います。

10月8日(月・祝)は佐倉市民大会に参加しました。
こちらは、晴天でした。
ブロックの違う高校や、社会人の方々とプレーができて充実した時間を過ごせました。

    

今後は日没も早くなり、コート状態も悪くなっていくため、思い描くような練習をしにくくなっていきますが、限られた中でもしっかりと頑張っていきたいと思います。
10:40
2018/08/28

きらめき大会

| by ソフトテニス部

暑い日が続きますね。
ソフトテニス部は3年生が引退した後、2人で活動しております。

定時制ソフトテニス部と合同練習をしていただいたり、
練習試合に誘っていただいたり、
引退した三年生が練習につきあってくれたりと、皆様の協力のもと、日々活動をしております。

8月27日(月)に、新チーム初めての大会である「きらめき大会」に参加して参りました。
結果は1回戦は勝ち上がったものの、2回戦で敗退してしまいました。
新人戦まであと一ヶ月という中で貴重な体験をさせていただきました。



今後は自分たちの強みを最大限に引き延ばしつつ、この夏休みで実感した足りていない部分を克服していきたいと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 

15:39
2018/06/18

総体

| by ソフトテニス部

6月9日、16日と2週にわたり、ソフトテニスの総体に参加しました。
ご報告させていただきます。

6月9日は個人戦でした。
本校代表として伊藤・鈴木ペアが出場しました。
長いラリーやデュースが続く白熱した試合となりました。
ファイナルまで持ち込みましたが、惜敗しました。
部長、副部長として部をまとめ導いてくれた姿が、最後まで必死にプレーをする姿につながっていたと思います。
「個人戦」といえども、応援の声がとても重要でした。
それぞれの持ち味を生かすようなアドバイスを部員全員でしていたことが印象的でした。

6月16日は団体戦でした。
当日の朝は雨。
なんとか雨があがっても、コートには水たまりが……。
コートを変更して、試合が始まったときには13:00となっていました。
それでも、集中力を切らさずに全力でプレーできたと思います。
残念ながら1回戦で敗退しましたが、何よりも、佐倉東らしく、笑顔で前向きにプレーをし続けられたことが良かったと思います。

3年生はこれで引退となりました。
技術指導ができる顧問ではなかったため、自分たちで全て考え、実行しなければならないという恵まれない環境にもかかわらず、いつでも一生懸命ソフトテニスをしていた部員達でした。
この経験はきっと将来にいきることと思います。
また、多くの方々に励ましの言葉をいただきました。
それら全てに感謝しています。
そして、今後もご支援のほど、よろしくお願い致します。

  

  
17:53
2018/04/24

関東大会地区予選

| by ソフトテニス部
平成30年度がスタートして3週間が過ぎました。
ソフトテニス部も年度のスタートとなる関東大会地区予選に参加してまりました。

20日(金)は団体戦でした。
団体戦の良いところは、同じコートの中で応援をしたり、アドバイスをすることができるところです。
残念ながら県大会へ進むことはできませんでしたが、そのよさを存分に発揮して佐倉東高校らしい団体戦ができました。

21日(土)は個人戦でした。
どの学校も昨秋の新人戦からの半年間で大きく成長していたり、1年生が入り層に厚みが増していたりと、とても白熱した戦いが繰り広げられました。
こちらも県大会出場を逃しましたが、6月の総体に向けて頑張っていこうと思います。

今後とも応援していただけるようなソフトテニス部でありたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

  

  

  
18:44
2018/03/19

市民大会団体戦

| by ソフトテニス部

3月18日(日)、今年最初であり本年度最後である大会、「佐倉市民ソフトテニス大会団体戦」に参加してきました。

1月下旬の降雪により、コートが一ヶ月使用できず、さらに高校入試や学年末考査で部活動停止が続き、練習を思うように実施できない日々が続きました。
それでも、ソフトテニスをやりたい気持ちはいつでも持ち続け、今回の大会となりました。
どのペアも、それぞれの良さが出ていて、笑顔でプレーすることができました。また、4月に行われる関東大会の地区予選に向けての課題も見つかり、今後の練習のモチベーションも上がりました。

来年度も自分たちらしいプレーができるように、精一杯頑張りたいと思います。

   
09:01
2017/12/19

佐倉市オープン大会

| by ソフトテニス部
11月26日(日)に佐倉市オープン大会に参加しました。
第40回ということで、「かむろちゃん」の絵柄の入った記念ネームプレートもいただきました。

良い結果は残せませんでしたが、普段対戦のできない他地域の高校生や、社会人の方々と試合ができたことは今後の大きな糧になりました。
平成29年の大会出場はこれが最後となりました。
次回の大会は3月の市民大会団体戦となります。
その間に基礎・基本を磨き、さらなる飛躍を目指したいと思っています。
今後もどうぞよろしくお願い致します。

  
14:04
2017/11/06

新人戦県大会

| by ソフトテニス部

新人戦県大会の報告をさせていただきます。
2週にわたって台風が週末に襲来しましたが、この週は晴天に恵まれました。

11月3日は個人戦でした。
清家・高橋ペアが、他ペアの応援を受けながら健闘しました。
1回戦目を粘り強さを発揮して勝ち上がり、2回戦まで進むことができました。

  
  

11月4日は団体戦でした。
団体戦は一丸となって戦うことができたと思います。
1回戦を勝ち上がり、2回戦まで進むことができました。
  
  

「うれしい」「悔しい」などさまざまな体験をさせていただきました。
今後の切磋琢磨の糧になったと思います。

今回も沢山の応援をいただきました。
それに恥じないように今後も精一杯頑張りたいと思います。
ありがとうございました。
10:01
2017/10/10

新人戦、個人も団体も…

| by ソフトテニス部
平成29年度も後半になりました。
8月のきらめき大会で「この経験を次に生かす」と選手たちが力強く述べていた新人戦ブロック予選が終了しましたので報告致します。



まずは、個人戦。
3ペアによるリーグ戦でリーグ1位になると県大会出場が決まります。
本校からは3ペア出場しました。
その中で、清家・高橋ペアがリーグで2連勝し、県大会への出場を決めました。
昨年は伊藤・鈴木ペアが県大会出場を果たしたので、2年連続となりました。

次に団体戦。
「団体戦で県大会へ行きたい」とかねてより生徒のみならず、顧問も思っていました。
誰か一人が上手ならば行けるものでもなく、逆に調子が悪いペアがあったとしても他のメンバーがカバーできるのが団体戦の良さであり、部活動としてソフトテニスをやっている醍醐味だと思うからです。
部員は6人で、試合に必要な人数も6人と、まさに全員が一丸となって戦いました。
そして、ついに団体戦の県大会の切符を手に入れました。

「県大会出場して良かったね」で終わることがないようにこれからも練習に励みたいと思います。
どうぞ応援のほど、よろしくお願いいたします。
12:13
2017/08/28

8月のソフトテニス部② きらめき大会

| by ソフトテニス部

8月9日の講習会で学んだことを活かすべく、8月25日にきらめき大会に参加してきました。
当日は気温が高く、運動をするにはコンディションが悪い中での大会でした。
その中でも、集中力や団結力を持って取り組めたことが良かったと思います。
伊藤・武藤ペアが3回戦まで進むことができました。
それぞれが、「新人戦にこの経験を活かそう」と言っていたことが印象的でした。
その新人戦地区予選は10月6日に行われます。
あと一ヶ月。文化祭もありますが、こつこつと練習に励んでいきたいと思います。

 
08:37
2017/08/28

8月のソフトテニス部① 講習会

| by ソフトテニス部

暑い日々が続きますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
ソフトテニス部は三年生が引退し、また新たな気持ちで部活動に励んでいます。
8月中のソフトテニス部の活動についてご報告致します。

8月9日、ヨネックス株式会社より森田奈緒選手に御来校いただき、講習会をしていただきました。
本来ならば、3月に実施する予定でしたが、前日からの大雨でかないませんでした。
今回も台風等の心配がありましたが、当日は太陽がまぶしく輝いていました。
さまざまなラケットを試し打ちさせていただいたり、ラケットの振り方を個別に見ていただいたり、練習メニューを教えていただいたりと半日とは思えないほど沢山のことを経験させていただきました。
森田選手の温かいお人柄と、情熱を感じられたことも今後の励みとなりました。
このような機会を提供していただいた森田選手、企画・運営をしていただいた宣伝部の矢島様にお礼申し上げます。

  
08:22
12