SSH スーパーサイエンスハイスクール
理数科ポスター
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは?

 文部科学省により指定され、指定校では各学校で作成した計画に基づき、独自のカリキュラムによる授業の展開や、大学・研究機関等との連携による授業、地域の特色を生かした課題研究など様々な取り組みを積極的に行い、普段の高校生活では出会えない人との出会い、交流、研修による体験、発表等を行います。

 SSHに指定された学校に対しては、独立行政法人科学技術振興機構(JST)が活動推進に必要な支援を実施します。JSTは、学校に代わり物品購入、研修・講師費用等の支払いを行うほか、発表会の企画運営や情報提供等を行い、SSHの活動をサポートしています。

 

SSH活動掲示板

SSH活動報告
12345
2021/09/29

SSH特別授業「ドローンの最新技術」

| by sakura-h

SSH特別授業「ドローンの最新技術」が9月28日(火)の5~7限に2学年全生徒を対象にオンラインで行われました。FPV Robotics株式会社のCEO駒形政樹氏、技術スタッフの増田隆信氏、松岡慎也氏、山田敬祐氏よりドローンの歴史・メカニズム・その可能性・ドローンを制御する技術・実機の構造・操縦の仕方等を説明していただきました。

 この特別授業は「気付く・探る・考える」という行事名で実施しているものです。今回の目的は「ドローンの最新技術を知り、都市や地方の抱える課題に気付きヒトや貨物の移動手段として実用化に向けて動き出しているドローンの可能性を探り未来の暮らしを考える」というものでした。

  最後の質疑応答時には「プロペラが4枚と8枚ではどう違ってくるのか?」、「悪天候時の運転は?」、「無人運転で事故が起こったら責任は誰がとるの?」などの質問が相次ぎ、講師とのインタラクティブなやり取りができました。体育館で全員が集まって実施した過去の特別授業のときより活発に質問がでたように思います。

 「今後の夢を教えてください」との問いかけには「ヒトに優しいドローンでありたい」という回答が印象的でした。これを機に、高校生の課題研究でもドローンを利用したいという声が上がってくるかもしれませんね。


08:49 | 投票する | 投票数(13)
2021/09/25

千葉大学主催 第15回高校生理科研究発表会

| by sakura-h

15回高校生理科研究発表会が、9月23日()25日()にオンラインで開催されました。本校からは普通科1組、理数科(2H)23組が参加しました。2324日は生徒各個人で他校の生徒の発表動画を参観し、質問を投稿したりしました。25日は50分間の質疑応答を実施し、大学教授等による鋭い質問に対応していました。今後の課題研究に活かしてくれることでしょう。


16:07 | 投票する | 投票数(8)
2021/09/15

SSH第1回運営指導協議会がオンラインで行われました。

| by sakura-h
 本日、14:30~16:00、本校PC教室にて「令和3年度SSH第1回運営指導協議会」がオンライン(Zoom)で開催されました。
 7名の運営指導協議員の皆様と県教育委員会教育振興部学習指導課から指導主事の先生に出席していただきました。 
 協議の中で、「昨年度の実施報告と決算報告」及び「今年度の実施計画と予算案」の説明に対して、質疑応答が行われました。また、SSH指定第2期目の3年目となり、10月末に「中間評価」を目前に控え、指定3期目を目指して研究開発に取組んでいる点を踏まえて協議員の皆様から多くの御指導を頂くことができ、大変充実した協議会となりました。
  

19:00 | 投票する | 投票数(9)
2021/09/11

理数科1年対象サイエンスダイアログ

| by sakura-h

9月9日(木)6時間目、東京大学大学院工学系研究科の外国人研究者Dr. Canh Duc VU氏を講師として招待し、理数科1年生対象に、出身国や研究の面白い所、研究内容についての講義を全て英語で行っていただきました。研究の面白い所は新発見ができる所、研究内容は下水中のウイルス量と感染性を測定できる新しい方法についてでした。従来のPCR検査に比べ、感染する可能性のあるウイルスかどうかまで検出できる点が画期的であり、これからのご活躍が待ち望まれる研究でした。生の英語の講義に触れ、その速さに圧倒されながらも、より研究や英語の勉強への熱意が刺激される生徒が多く、実り多き講義となりました。


18:09 | 投票する | 投票数(12)
2021/09/03

SSH特別講義が行われました。

| by sakura-h

 9月3日(金)6時間目、秀明大学学校教師学部教授の大山光晴先生をお招きし、理数科1・2年生を対象にSSH特別講義「ガチャのカプセルの転がり方の探究」を行っていただきました。中身によって転がり方が異なる理由を考え、自分の仮説が正しいのか、様々な実験から検証し、考察するという、研究のプロセスそのものを体感できる講義であり、生徒は非常に活発に議論しながら実験に没頭していました。
 分散登校のため、2年理数科はオンラインで実施し、生徒が実験案を提案し、先生が実験を代行とするという形で行いました。多種多様な実験案が次々に提案され、生徒が実験自体を楽しみ、深く考えを巡らせている場面が見て取れました。研究への興味が刺激された生徒が多数いたことでしょう。この後、生徒のワークシートから仮説を基にした思考の深まりや探究活動のプロセスなどを評価していきます。
  
  
19:00 | 投票する | 投票数(19)
12345