SSH活動報告
12345
2021/01/06

SSH有機化学実験講座

| by sakura-h
令和2年12 月 26 日( 土 )、 27日(日) の2日間、東邦大学理学部においてSSH有機化学実験講座が開催され、 2年生1名、1年生14名の計15名(普通科4名、理数科11名)が参加しました。
講座では、アスピリン の 名 で 知られているアセチルサリチル酸をサリチル酸から合成し、再結晶法により精製 、融点測定 、 塩化鉄 による定性試験 や 赤外線吸収 スペクトル 分析 IR ・ 核磁気共鳴 スペクトル 分析 NMR ・ 質量 分析( MS を行って 同定するという一連の化学的手法を体験しました。
また、コンピュータを用いての分子モデリングを行い、合成物と機器分析の結果の比較も行いました。


16:33 | 投票する | 投票数(4)
2020/12/11

SSH千葉県立農業大学校講座

| by sakura-h

令和2年12月10日(木)
  千葉県立農業大学校から清水敏夫先生をお招きして、千葉県立農業大学校講座②が開催され、理数科1年生40名が参加しました。

今回の講座では「微小害虫の標本作製と同定」をテーマに、微小害虫として知られているアザミウマ類の植物や農作物への影響に関する講義と双眼実体顕微鏡を用いてアザミウマ類のプレパラート標本作製と同定を行いました。参加者一人一人が無事に標本を作製することができ、各自で作製した標本を観察しながらアザミウマ類の同定を行いました。





14:46 | 投票する | 投票数(8)
2020/12/08

SSH 株式会社常磐植物化学 研究所 講座

| by sakura-h
  令和2年 12 月 8 日( 火 )、 佐倉市内 の 企業 であ る 株式会社 常磐植物化学 研究所 か ら 6 名 の 講師 を お 招き し て 、 SSH 講座 が 開催さ れ、 普通科 と 理数科 か ら 1年生 14 名が参加しました。
  講座では、 「 植物 の 成分 を 精製 し よう !」 を テーマ に 、 生薬 と し て 知 ら れ てい る 「 甘草( カンゾウ)」 エキス か ら 、 そ の 主成分 であ る 「 グリチルリチン 酸」 の 分離・ 検出 と 睡 眠 の質(眠りの深さ)を向上させる天然ハーブ と し て 知 ら れ てい る 「 ラフ マ 」から 、 そ の 主成分 であ る 「 イソクエルシトリ ン 」 の 分離・ 検出を 行 い ま し た 。

tokiwa1tokiwa2tokiwa3
tokiwa4tokiwa5tokiwa6
tokiwa7tokiwa8tokiwa9
17:30 | 投票する | 投票数(12)
2020/11/30

第3回 SSH徹底探究基礎講座

| by sakura-h

1129()船橋高校にて、SSH徹底探究基礎講座「色と濃度の関係の研究」、「画像解析ソフトを用いた天文実習」、「簡易分光器の制作と光の観察」、「水質とその調査方法について」4講座同時展開で講座が実施されました。佐倉、船橋、柏、長生、木更津、市立千葉高校が参加しており、みな協力しあって課題を解決していました。


09:23 | 投票する | 投票数(10) | 佐倉アクティブ
2020/11/27

SSH千葉県立農業大学校講座

| by sakura-h

 令和2年11月26日(木)、千葉県立農業大学校から清水敏夫先生をお招きして、SSH千葉県立農業大学校講座①が開催され、理数科1年生38名が参加しました。

講座では「農業分野における生物の活用方法について」というテーマで、これまでに清水先生が取り組まれてきた「飛ばないテントウムシを活用したアブラムシ類の防除」や「微生物農薬を飛ばないテントウムシに積載させることによる害虫防除」など、飛ばないテントウムシの「実物」や「動画」を交えてわかりやすく説明していただきました。同時に、このような形で利用されるテントウムシは、「生物農薬」と呼ばれることなども教えていただきました。また、清水先生が命名した「クロシマノコギリクワガタ」について、ピンク色をしたバッタ「クビキリギス」のメスの単為発生についてなど大変貴重なお話を「実物」や「動画」を交えて紹介していただきました。



16:54 | 投票する | 投票数(7)
12345