進路指導方針

令和3年度 進路指導の方針

本校では、生徒一人一人の自己実現に向けて「三カ年一貫進路指導計画」を策定し、その実現を目指しています。以下に具体的な目標とそれに向けての要項をまとめました。

 

 指導目標>

 1 進路への関心を高め、将来の望ましい進路を選択できる能力の発達、伸長を図る。

 2 将来の進路について目標を設定させ、目標の実現に向けて意欲的な学習態度を育成するとともに、学力の向上に努める。

  全ての生徒の個性を伸ばすとともに、生徒理解を深め、生徒の正しい自己理解を深化させることで進路意欲の高揚に努める。

 

指導要項>
 1 教科や各年次との連携を密にとり、生徒の学力向上と進路指導の充実を目指す。
 2 到達度確認演習の機会をとらえ、授業効果・講習効果の検証を真摯に行う。
 3  難関大学受験にも対応できる進学講習を、生徒のニーズにより、効果的に開講する。
 4  面談を通年で計画的に行うことにより、個に応じた進路選択の実現を図る。
 5  大学、関連諸機関との連携を密にし、必要な情報の入手を行う。
 6  新指導要領の元での高大接続改革に対応し、職員研修を充実させ、指導力の向上を図る。
 7  進路情報の保護者への提供を的確に行い、必要な情報の共有化を図る。
 8 進路相談室、進路閲覧室の整備に努め、生徒が利用しやすい環境をつくる。