カウンター画像およびスクリプトの著作権は千葉県教育委員会が 所有しています。無断転載・利用を禁じます。
このサイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・写真等) の著作権は、千葉県立大多喜高等学校にあります。本校学校長の許諾なく利用することはできません。
 

心のケアリーフレット

「臨時休校中の児童生徒の心のケア」に関する生徒向け、保護者向けのリーフレットのアドレスを下記に掲載いたしました。こころの健康のために御活用ください。
中・高校生向けリーフレット .PDF
中・高校生保護者向けリーフレット.PDF
 

SNS相談窓口について

SNSを利用した悩み相談窓口の利用について → リーフレット .PDF
 

1校1キラッ!

アクセスカウンタ

トータル102237
      
千葉県立大多喜高等学校
 〒298-0216    
 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481
  電話 0470-82-2621
  FAX 0470-82-4980
 

大多喜共創プロジェクト

大多喜共創プロジェクト
2020/02/20

1学年ビブリオバトル学年大会速報!

| by 作成者
1学年ビブリオバトル学年大会
2月20日(木)本校第2体育館にて1学年ビブリオバトル学年大会が行われました。決勝には各クラス代表の生徒が出場しました。


学年生徒の前で5分間プレゼンをし、2分間質疑応答を行います。
最優秀賞はなんと同票で2人の生徒が受賞しました。


でした。最後に4人で記念撮影しました。

来年、もう一度このビブリオバトルはあります。この1年生は探究活動・ビブリオバトル等を通して、自己表現能力を育むことができたと思います。来年は更なる成長を楽しみにしています!


16:20
2020/01/20

大多喜共創プロジェクト

| by 作成者
大多喜共創プロジェクトとは?
本校はこれまでも生徒主体の地域への貢献活動を継続的に実施してきました。
探究活動が始まることにより、地域と
の連携が深まり、課題意識をもって活動に参加する生徒が増えるなど、相乗効果により、主体的な活動となるよう取り組んでいきたいと思います。
(a)「いすみ鉄道活性化プロジェクト」
   いすみ鉄道、大多喜町、沿線中学校、高校、特別支援学校

  推進組織「中高生いすみ鉄道活性化プロジェクト会議」設置

協議会(年1回:令和元年は617日実施)では活性化に向けた意見交換及び取り組み内容の協議等を行っている。
   
 
   令和元年度の活動計画及び内容
   本校マンドリン部生徒によるマンドリンギター列車の運行 中学校、高校による最寄り駅の駅舎清掃(月1回)
   
 
   その他に全参加校による沿線への菜の花の種まき、駅舎周辺への植栽事業等がある。

(b)「大多喜町・読書活動推進プロジェクト」

   大多喜町読み聞かせボランティア(ドリームの会) 大多喜小学校
大多喜町教育委員会では読書活動推進計画を策定し、町内の児童生徒が読書習慣を身につけ、読書に親しみやすい環境づくりを推進している。本校では「朝読書」の時間を設け、読書活動を推進している。さらに大高探究においても町の読書活動の推進を課題とする生徒も存在している。

・小学生読み聞かせ(読み手)実践

9月18日(水),昨年度に続き大多喜小学校で1年生から3年生に絵本の読み聞かせを行いました。
   参加したのは本校の将来は教育関係や保育関係の仕事に就きたいと考えている生徒たちです。

     
   これは令和元年9月18日の様子です。

・ビブリオバトルの開催

   本校で開催するビブリオバトルを開催し、読書活動への興味関心を高める機会をつくっています。

   
(c)「大多喜町・元気プロジェクト」

   千葉銀行 いすみ鉄道 大多喜町 

   大多喜2大祭り「さくらまつり(3月下旬)」「お城まつり(10月中旬)」の活性化
  まつり開催時における、いすみ鉄道大多喜駅及び周辺での観光案内、会場での各種補助係員

道部・マンドリンギター部・吹奏楽部による各種催し
   
 

   大多喜町の観光活性化に向けた研究への参画

   千葉銀行・大多喜町・マイナビ地方創生・わくわくカンパニー大多喜の4者が締結している
   「歴史的資源を活用した観光まちづくりに関する連携協定」に基づき、
   高校生の視点から町を元気にす
るプログラムの推進に協力していくこととする。

(d)「インターンシップ・ボランティア推進プロジェクト」

   大多喜町企業連絡協議会 大多喜ガス 町内小中学校等

   本校では自治体へのインターンシップや、幼稚園・小中学生との交流を積極的に行っている。
   令和2年度からは「大多喜町企業連絡協議会」を窓口としてインターンシップを行うこととする。
   これにより地元へ就職する生徒を一人でも多く輩出していきたいと考えている。


17:38