WELCOME to NARITA KOKUSAI !!

トップページ内には上部に学校行事全般を紹介する日誌と、
その下に部活動・同好会の活躍を紹介する日誌がございます!
ぜひご覧ください!
 

Must SEE ! ~Narikoku紹介PV~

サイト内検索

カウンタ

あなたは2011272人目です!
H23.12.24移転 移転前は300,000

PDF形式のファイルについて

このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。

 

全国英語科・国際科高等学校長会

携帯用サイト

    

絵文字:携帯電話携帯でご覧になる方は
こちらから
 

ログイン

Introduction




女子サッカー部





【チームスローガン】
 

「共(に)~強く 美しく 勝つ~闘(う)」家族

共に闘う:Luchar junto(ルチャル フント)

強く:Fuerte(フェルテ美しく:Herumosa(エルモサ) 勝つ:Triunfar(トリウンファル)

【共通理解】

「人から応援されるチーム」「人を感動させられるサッカー」を具現化させる。

『サッカーを心から愛する気持ち、サッカーを心から楽しむ気持ち、サッカーの為に、犠牲にできる気持ち』

『心構え』=「素直さ」・「明るさ」・「向上心」・「謙虚さ」・「ひたむきさ」・「感謝する」心を持つ。

『察知力』・・・「心配り」・「気配り」・「目配り」


 

【目的】「人としての成長」+「プレーヤーとしての成長」→「チームの成長」=「勝利・結果」
     
○人としての成長・・・社会に出て、通用する人間。魅力ある人間。

        ○プレーヤーとしての成長・・・サッカーウーマンになる。

     ○チームの成長・・・一体感・絆

【目標】「日本一」・・・最終目標は大きく。目の前の課題を1つひとつクリアしていく。

《紹介》

1、創部:1989年

2、部員数:17名 

3、指導スタッフ:9名(部長:青木美奈、顧問:北條胡桃、監督:石井慎之助、コーチ2名、GKコーチ1名、トレーナー3名)

4、トレーニング:週6回(火~日)約1時間30分~2時間 ※土、日(公式戦orトレーニングマッチ)

5、公式戦・カップ戦・招待試合:
        
インターハイ予選、全国高等学校女子サッカー選手権大会予選、新人戦、リーグ戦

  熊谷市高校女子サッカー大会「めぬまカップ」(3回出場)、千葉県女子サッカー選手権

  エスパルスカップ(第1回から出場)



 

 成田国際高校女子サッカー部はサッカーを共有する共に闘うファミリー(家族)である。スタッフも選手もしっかりとONとOFFを使い分けながら、ピッチ内では、真面目に厳しく取り組み、ピッチ外ではたくさんのコミュニケーションを取りながら信頼関係を築いている。サッカーを心から愛し、楽しむこと、その為には、いろいろなことを犠牲に出来ることを当たり前の事として活動している。そして、向上心、謙虚さ、感謝する気持ちを持って取り組んでいる。サッカーを高校から始める選手(中学校時代様々な部活所属)や小、中学校で経験してきた選手など様々な選手がいる中、このチームでやる以上は、すべての選手がゼロからのスタートであると考えている。そのような環境で取り組み、必死でひたむきに努力していく姿勢をもって、切磋琢磨している。

 女子サッカー部の「復活」、また、「新しい歴史の始まり」をかけて、選手個々の力を伸ばし、個人の責任と役割を果たしながら、チームのために力になる選手を育成し、チームとしての結果を出したいということが基本的な考え方である。部員全員が、このチームの目標を達成するために、家族の一員として、共に闘う集団を目指していきたいと考えています。






 





 

Girls' Football

女子サッカー日誌
2013/02/26

新人戦 最終結果報告

| by Web管理者
第3位

2月2日(土) 準決勝 VS幕張総合(0-2)

2月3日(日) 3位決定戦  VS千葉明徳(1-0)

 2月2日(土)に新人戦準決勝が行われました。場所は幕張総合高校で、対戦相手は幕張総合でした。立ち上がりから緊張とプレッシャーのせいか、思うようにゲームが進められず、落ち着かないうちにミスから2失点をしてしまい、前半を0-2で折り返しました。ハーフタイムに修正点と自分たちのサッカーを全力でやりきることを指示し、後半を迎えると徐々に力も抜け、チャンスを作りかけるものの決定機は作れず、失点は0に抑えることはできたものの得点には結びつけず、前半の2点が大きく響き、0-2で敗れました。 
 2月3日(日)の翌日には、3位決定戦が行われ、八幡球戯場で、千葉明徳高校と対戦しました。試合全体を通して、昨日に引き続き自分たちのサッカーができず、バタバタしたゲームをしてしまい、押し込まれながらも後半にカウンターで1点を奪うことができ、そのまま最後まで粘り続け、勝利を収めることができました。結果的には、3位になれたことは良かったと思います。
 多くの保護者の皆様には、連日、応援に駆け付けていただきありがとうございました。次の大会に向けて、しっかりと準備をし、日々、前進していけるように取り組んでいきたいと思います。

01:04
2013/01/31

新人戦途中経過

| by Web管理者

 「試合結果」
 1月27日(日) 準々決勝
 VS 市川高校 (6-0)

 グランドコンディションを考慮し、12:00キックオフに変更され、まずまずのグランド状態の中で、試合は開始されました。試合開始から、ペースを掴み、優勢にゲームを進めながらチャンスを作るものの、相手DFの体を張った守りに、ゴールを奪うことができずにいましたが、慌てることなく、粘り強くチャンスを作り続け、前半7分にセットプレーから待望の先取点を奪うことができ、その後も、1回戦同様にゴール前に人数をかけ、押し込む形で2点を追加することができ、前半を3-0で折り返すことができました。後半に、入っても優勢にゲームを進めることができ、後半も3点を追加し、勝利を収め、準決勝に進むことができました。2試合通じて、攻撃陣もゴールを奪い、守備陣も0点で抑えていることはよかったと思います。
 準決勝は、柏の葉高校を7-0で破った幕張総合高校との対戦となります。秋の大会では、大敗している相手ですが、ここまで取り組んできたことを全て出し切れるように、しっかりと準備して、ゲームに臨みたいと思います。
 試合当日は、多くの保護者の方々、サポーター、本校野球部の生徒たちの大応援が大きな力となりました。感謝の気持ちを持って、次のゲームも頑張ります。

 「試合日程」
 準決勝
 2月2日(土) VS 幕張総合 13:00 キックオフ  会場:幕張総合高校
19:14
2013/01/24

女子サッカー部 新人戦途中経過及び日程変更

| by Web管理者

「試合結果」
1月19日(土) 1回戦 VS八千代松陰 4-0

 当日、グランドコンディションの悪い中、新人戦1回戦が行われました。試合開始、直後から一進一退の攻防が続く中、押し込まれた時間を耐え、鋭いカウンターから1点を先行し、その後成国のリズムをつかみ始め、2点目となる追加点を奪い、前半を2-0で折り返すことができました。後半になっても、気持ちを切り替え、しっかりとしたゲーム運びと粘り強い守備で失点を0に抑え、後半も2点を追加することができ、4-0で勝利を収めることができました。
 準々決勝は、匝瑳・敬愛大八日市場を7-0で下した、市川高校と対戦します。しっかりと、準備をし、次もグッドゲームができるように頑張りたいと思います。
 成国サポーターの皆様、応援ありがとうございました。次も、よろしくお願いいたします。

「日程変更」
1月27日(日) 準々決勝

会場:成田国際高校
時間:12:00 キックオフ
相手:市川

※当初、10:00キックオフの予定から、グランド状況を考慮して、12:00 キックオフ
に変更になりました。
12:41
2013/01/17

平成24年度千葉県高等学校新人サッカー大会 女子サッカーの部

| by Web管理者

新年 あけましておめでとうございます

「前進・全信・全身全霊」をスローガンに一年間取り組んでいきたいと思います。

 平成24年度から「全日本高等学校女子サッカー選手権大会」が、1月開催に移行され、現在静岡県磐田市で、連日、熱き戦いが行われています。TV放映もされるようになり、高校女子サッカーの注目度も着々と上がってきています。ここまでくるにあたっての多くの指導者の方々、関係者の方々の御尽力、御苦労があってのことです。そのことを忘れずに、このような環境でサッカーができることを当たり前と思わず、感謝する気持ちをもって、取り組んでいきたいと思います。
千葉県代表の幕張総合高校がベスト8に進出しました。成田国際高校も来年度の全国大会出場を目指して、日々、地道に力をつけて、全国の舞台に立てるように頑張っていきたいと思います。
まず、今週末から始まる新人戦で、取り組んできた成果を出したいと思います。

『組み合わせ』
1月19日(土)
〇会場:成田国際高校
1回戦 VS 八千代松陰  10:00 キックオフ

1月27日(日)
〇会場:成田国際高校
準々決勝 VS (市川VS匝瑳・敬愛大八日市場の勝者)  10:00 キックオフ

2月2日(土)
〇会場:幕張総合高校
準決勝  13:00 キックオフ

2月3日(日)
〇会場:八幡公園サッカー場
決勝  10:00 キックオフ
3決   12:00 キックオフ

応援よろしくお願いします
12:00
2012/04/10

第18回 熊谷市高校女子サッカー大会「めぬまカップ2012」

| by 体育5

第18回 熊谷市高校女子サッカー大会「めぬまカップ2012」

3月25日~29日 IN 熊谷市利根川総合運動公園サッカー場、熊谷市妻沼運動公園

グループリーグ F組
①VS日本大学櫻丘(東京都代表) 0-2
②VS水沢(岩手県代表) 0-1
③VS高岡商業(富山県代表) 2-0  得点者 小野、
④VS桐陽(静岡県代表) 0-2
⑤VS本庄第一(埼玉県代表) 0-7

1勝4敗 グループ5位

順位トーナメント
①VS太田商業(群馬県代表) 2-0  得点者 小野2
②VS磐田東(静岡県代表) 1-9  得点者 高橋
③VS熊谷女子(埼玉県代表) 0-1

総合順位  36位


 この大会に出場することができ、大きな経験が積めたと思います。全国レベルのチームと合計8試合でき、ゲームを通して学んだこと、また、ピッチ外での行動など、どれをとっても、このチームにはないものを感じたと思います。そして、この大会が、18回目の開催という歴史のある大会であり、大会関係者の方々の多くの労力、さらに多くの方々の協力があって開催、運営されていることを肌で感じたと思います。サッカーができること、参加できることを当たり前と思わず、指導者、選手共々、しっかりとひたむきに取り組んでいきたいと思います。


        

14:02
2012/04/03

卒業!!

| by 体育5

 諸事情により更新が遅れましたことをお詫び申し上げます。

 祝!卒業!!

 

 3月9日に卒業式が行われ、女子サッカー部から6名の卒業生が巣立っていきました。
今年の3年生は、ピッチ内外といろいろなところで、身体を張ってチームを引っ張って行ってくれました。指導体制が変わり、たくさんの苦労をしてきたと思います。後輩たちはそれをしっかり見てきました。そして、その伝統や歴史が受け継がれていくのです。この3年間で、学んだことをそれぞれの進路先で活かすとともに、その後の人生においても経験という名の引き出しを持って、ひたむきに向上心をもち、言い訳をせずに、いろんなことにチャレンジしてほしいと思います。「強く・美しく・勝つ」の意味を忘れずに、「今」を本気になって、トライし続けてください。
応援しています。
「卒業おめでとう!!」

15:24
2012/02/06

新人戦 最終結果報告

| by 体育5

 平成23年度 千葉県高等学校新人体育大会サッカー女子の部

 順位決定戦 2月4日(土) 13:00キックオフ 成田国際グランド


 成田国際  VS  流経大柏  (0-0 PK 5-3)

 平成24年度千葉県高等学校総合体育大会サッカー女子の部 
 千葉県予選シード権獲得!!

 ※来年度より、インターハイ種目になります。代表校(1位)は関東大会に進み、関東予選(各都県1位 の8校)を行い、上位4校が全国大会に出場します。






 13:00運命のキックオフ!シード権をかけた大一番!流経大柏高校との対戦。立ち上がりから流経大柏の早い攻撃に圧倒される場面もあったが、ディフェンス陣の体を張った粘り強いディフェンスとGKの再三の好セーブによりピンチを防いだ。少しずつリズムを作りながらボールが動くようになるとチャンスを作り出せるようになってきたが、決定機までは作れず前半を0-0で折り返した。ハーフタイムで、もう一度徹底してやることの確認と修正をし、後半に入った。後半も、一進一退の攻防が続き、最後まで体を張った守備とチャンスを作り出すチャレンジを続けたが、両チームともに無得点に終わり、PK戦へと突入した。GKの活躍と5人全員がしっかりと決め、PK戦の末、5-3で勝利することができた。
 


  今年度の公式戦最終戦は、シード権を獲得して終了することができました。今シーズン取り組んできたことの成果の表れであると思います。チーム全員で勝ち取ったものであり、素直に嬉しいことであり、自信を持って欲しいと思います。しかし、来シーズンに向けての闘いは、もう始まっています。気持ちを切り替えて、次の準備をしっかりとしていきたいと思います。


 大会期間中、応援にかけつけていただいた「成国ファミリー」の皆様、

 差し入れ&応援ありがとうございました!!

 来シーズンは、もっともっと、みんなで「一喜一憂」できるように頑張りたいと思います!

12:03
2012/01/31

新人戦 途中結果!

| by 体育5

平成23年度 千葉県高等学校新人体育大会サッカー女子の部

〈準々決勝〉 1月28日(土)   成田国際 (0-2) 流山おおたかの森

〈順位決定戦〉 1月29日(日) 成田国際 (1-0) 千葉明徳  得点者 小野


準々決勝 VS 流山おおたかの森  14:00K  成田北グランド





 ベスト4をかけて、流山おおたかの森と対戦しました。立ち上がりから、相手の勢いに終始押され、受け身にまわることで、自分たちのリズムを作れず、開始早々に先取点を奪われた。焦りから自分たちのサッカーができず、終始相手のリズムでゲームが進み、それでも、何度か決定機を作るもののゴールを奪うことはできないまま、前半を終了した。ハーフタイムでげきを入れられるものの、流れを変えることができず、終了間際に相手に追加点を奪われ、0-2で敗れることとなった。
 今回の反省をどれだけ、次のゲームに改善できるかがカギを握る。

順位決定戦 VS千葉明徳  14:30K  成田北グランド





 特別規定により、来年度のインターハイ予選のシード権(条件2試合勝利)をかけて、千葉明徳高校と対戦しました。昨日のゲームの敗戦から、「このチームが目指すもの、ベースは何なのか?が問われるゲームである」というミーティングでスタートしたが、その答えを出せるゲーム内容にはならなかった。結果は、後半に1点を挙げ、勝利することはできたが、このチームの目指すべきものをしっかりとチーム全員で、もう一度確認していくことが大事であり、土曜日のシード権をかけたゲームで答えを出したいと思います。 

連日、応援に駆け付けてくれた「成国ファミリー」の皆様、

差し入れ&応援ありがとうございました!

シード権をかけて

2月4日(土) 成田国際高校グランド(ホーム)

13:00キックオフ

VS 流経大柏

チーム一丸となって、闘います。応援よろしくお願いします!


13:30
2012/01/24

新人戦 初戦突破!!

| by 体育5

 平成23年度 千葉県高等学校新人サッカー大会 女子の部 

「結果報告」


 1回戦 成田国際 11-0 匝瑳

 
 
 得点者 小野5、前田2、米沢2、長内、高橋 

 
 1/22(日)に新人戦の1回戦が行われました。対戦相手は匝瑳高校で、悪天候&悪いグランド状況の中試合は行われ、、経験不足から効果的なプレーができず、また、匝瑳高校の選手の体を張ったプレーに苦しめられ思うようにゲームを進めることができませんでした。先取点を奪うことができてからは、少しずつリズムを作り、追加点を奪うことができましたが、課題を残して前半を終了しました。
 ハーフタイムで、もう一度今日のゲームの狙いを徹底することと、ゲームの中で自分たちで考えて修正していこうという指示のもと、後半に入り、ゲームを支配しながら加点をすることで、何とか初戦を勝利で収めることができました。まだ、まだ、課題の残るゲームではありましたが、次戦のベスト8の闘いに向けて、数日間のトレーニングの中で修正、準備をしていきたいと思います。
 

 悪天候の中、応援に駆け付けていただいた「成国ファミリー」の皆様、
             ありがとうございました!!

 ベスト8
 日時:1月28日(土) 14:00キックオフ  成田北高校会場

 ベスト4をかけて、流山おおたかの森高校と対戦します!

 応援よろしくお願いします!!
 

11:06