サイト内検索

Must SEE ! ~Narikoku紹介PV~

成田国際高校部活動の活動指針

転・編入学試験について

転・編入学試験については、下のリンクから千葉県教育委員会の転編入学に関するWebページをごらんください。

こちらをクリックしてください
 

カウンタ

あなたは2682200人目です!
H23.12.24移転 移転前は300,000

PDF形式のファイルについて

このWebページでは
一部PDF形式のファイルを利用しております。
PDF形式が閲覧できない場合は
お手数ですがこちらから
Adobe Readerをダウンロードしてください。

 

携帯用サイト

    

絵文字:携帯電話携帯でご覧になる方は
こちらから
 

ログイン

日誌

2019 SGH日誌 >> 記事詳細

2020/01/27

1学年SGH課題研究発表会開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by 教頭2
1月27日(月)午後、1学年のSGH課題研究校内発表会が開催されました。文部科学省から指定を受けたSGH事業も今年が最終年度。本日の1学年課題研究校内発表会はその最後を飾るイベントとなりました。
 本校SGH総括アドバイザーの東京海洋大学小松教授をはじめ、千葉大学、麗澤大学、国際医療福祉大学、千葉敬愛短期大学、東京学芸大学から指導助言の先生方8名をお招きして、8教室に分かれて、各教室8グループずつ、1グループ15分間の持ち時間で研究の成果を発表しました。
 本日は本校の「開かれた学校づくり委員会」も同時開催され、開かれた学校づくり委員の皆様にも参観いただくことができました。
 委員の方からは、課題研究の発表はもちろん、1学年フロアの廊下に掲示されていた、昨年9月に実施された国内フィールドワークの成果ポスターについても、「とても丁寧に実地調査の成果をまとめていますね。」とのお褒めのお言葉をいただきました!
 指導助言いただいた先生方からも、「大変興味深い発表で、聴いていて面白かったです。」「生徒同士の質疑応答を聴いていて、自分でしっかり考えて発言していることが伝わってきて頼もしく思いました。」「高校1年生なのに、大学1年生と比べても遜色ないですね!」との感想をいただきましたよ!
 SGHの指定は今年度で終了となりますが、成国生の探究学習は次年度以降ももちろん各教科の授業や本校での学習活動において続いていきます。成国生の皆さん、自分の頭で考える習慣を継続し、真の意味での批判精神を持った知性を着実に伸ばしていきましょうね!


21:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)