緊急連絡

現在のところ、緊急の連絡はありません。

お知らせ

【お詫び】令和6年度入学者選抜に関して、出願受付時に配付いたしました「志願者のみなさんへ」のプリントに記載されている本校の電話番号に誤りがございました。以下のように訂正させていただくとともに、心よりお詫び申し上げます。

(誤)0476-26-2710

(正)0476ー27-2610

令和6年度入学者選抜に係る選抜・評価方法等はここをクリックしてご確認いただけます。

改正道路交通法の施行により、令和5年4月1日から自転車利用者のヘルメット着用が努力義務化されました。
    自転車乗車用ヘルメット着用についてのお願い.pdf ☜ クリック
    児童生徒向けわいせつセクハラ相談窓口について.pdf
 ☜  クリック

新型コロナウイルス感染症・インフルエンザ療養報告書 はこをクリックしてダウンロードできます。

新着情報
2023年度 Topics

2023年度(令和5年度)

令和5年度校内マラソン大会及びPTA・後援会による豚汁の提供

1月31日(水)快晴の中、4年ぶりに校内マラソン大会が行われました。中台運動公園の陸上競技場をスタート・ゴールとし、スターターの成田市長・校長の合図と共に、成田ニュータウン内の緑道コースを走りました。冬期における体力トレーニングの一環として、体力向上と忍耐力を養う目的で長年行われているマラソン大会は、今年、男子は7.6㎞、女子は5.3㎞を走り、その後、PTA・後援会により豚汁が振舞われました。PTA・保護者の方々は前日8時から1日かけて仕込みをし、当日は早朝6時前から準備をしてくださいました。長距離を一生懸命に走った後に、嬉しそうに何杯もお代わりする生徒たちの姿も印象的でした。日頃からご支援をいただいている、PTA様・後援会様・同窓会様はじめ、今回緑道を走るにあたりご理解とご協力をいただいた地域の皆様に、心より御礼申し上げます。

 

African Music Fes.

 

1月22日(月)6・7時間目、第2学年において国際理解教育講座「African Music Fes.」を開催しました。講師として国士舘大学教授(文化人類学)鈴木氏、コートジボワールの歌手であるニャマ・カンテさんご夫婦をお招きし、ミニ・コンサートと講演をしていただきました。お二人の気の置けない掛け合いが笑いを呼び、アフリカ文化にもあたたかく触れることができました。最後は会場全体で踊り、歌い、身体感覚から文化に親しむことができ、とても貴重な体験になりました。

 

 

韓国姉妹校 果川外国語高等学校との交流

1月29日(月) 韓国姉妹校の果川外国語高等学校が本校を訪れ、交流しました。歓迎セレモニーでは、両校からダンスや歌、演奏などのパフォーマンスが披露され、大きな歓声とともに交流がスタートしました。3時間目は果川の生徒に授業に参加していただき、4時間目は本校韓国語選択者との交流を行いました。互いの国について素朴な疑問を尋ね合ったりして、和やかな雰囲気の中で交流を深め合いました。果川の皆さんは24日(水)に来日後、関東近郊を観光され、27日(土)から本校生徒宅にホームステイしています。本日は各ご家庭でご用意していただいた弁当を持参し、お昼には楽しく会食する様子が見られました。果川の生徒からは「とても楽しかった。もっと日本にいたい。」と感想をいただきました。昨年(2023年)、久々に本校からの韓国訪問が実現しましたが、果川からの訪問受け入れも実に4年ぶりとなります。これからも末永く、両校の友好関係が維持され、互いに学びを深めていけることを願っています。

看護医療系出張講義

1月11日(木)、「ena看護千葉」の校長先生をお招きして、看護医療系出張講義を開催しました。講義には、看護師や助産師をはじめ、保健師、臨床検査技師、言語聴覚士、薬剤師などを目指す1・2年生が22名参加し、入試の特徴や医療従事者としての適性、高校生活の過ごし方等について学びました。受講生徒たちからは、「残りの高校生活や入試に必要な準備について考えるきっかけになった」「面接や小論文の壁があると知って早めに用意したいと思った」という声が聞こえてきました。看護医療系を志す生徒が進路について考える良い機会となりました。

 

 

全校集会

12月22日(金)全校集会にて、賞状伝達が行われました。少林寺拳法部・ソフトボール部・箏曲部・英語ディベート部、書道部、部活動以外でも、英語科から、スピーチコンテストでの成果が複数あがり、また、令和5年度「大切な命を守る」作文コンクールで警察庁犯罪被害者等施策推進課長賞を受賞した生徒には成田警察省庁様から直々に表彰されました。様々な分野で、生徒たちの努力が実を結ぶ結果となりました。その後、成田警察署の方による防犯等の講話を行い、全校集会を閉じました。

 

 

 

R5 英語教育拠点校事業に係る授業公開並びに授業実践研究協議会

11月28日(火) 英語教育拠点校事業に係る授業公開並びに授業実践研究協議会を実施しました。今年度は「Can-Do-Listを活用した評価の試みとその指導の在り方を考える」をテーマに研究協議を行いました。午後の研究協議では朝日大学からお招きした亀谷教授に「目標・指導・評価の一体化 ~豊かな言語活動で思考力・判断力・表現力を育成する~」というテーマでご講演をいただき、授業づくりの基本等について学びました。県内高校・中学校から多数の英語教員にご参加をいただき、改めて自己の授業を振り返るとともに、若手、ベテラン問わず、とても刺激を受けた1日となりました。

「第2回開かれた学校づくり委員会」及び「学校を核とした1000か所ミニ集会」

 11月20日(月)、13:05~16:00まで、「第2回開かれた学校づくり委員会」と「学校を核とした1000か所ミニ集会」が文化ホールにて行われました。開かれた学校づくり委員、周辺地域の自治会長等をお招きし5時間目の授業見学と校舎案内を行った後、14:00~「地域で考える避難所運営」と題し、図上訓練と言われる避難所運営ゲームHUGを行いました。このゲームは、災害時避難所で起こるであろうことを疑似体験するもので、避難者の立場や被災状況等が書かれたカードを、時折出てくる災害本部からの依頼カードに対応しながら図面を避難所に見立てて配置していきます。出席者33名を6グループに分けて行いました。参加者からは、実際に避難所に行かなければならない状況になった時のことをこうして考える機会ができてよかった、時間があっという間で実際に避難所運営にあたる時にはスピードが大事とわかったという声が多くありました。最後には成田市役所防災管理専門官の米田氏より御講評いただき、終了となりました。とても充実した時間となりました。

 

 

高校生向け出前講座「せんせいっていいもんだ」

 11月14日(火) 県教育委員会教職員課の方と本校卒業生で教員3年目の2名の先生をお招きして、高校生向け出前講座「せんせいっていいもんだ」を実施しました。教職を志す1~3年生までの生徒23名が参加し、熱心に耳を傾けました。教職員課からは教員免許や教員採用試験の現状等について、また、2名の現役若手教員からは「教職の魅力、やりがい、教師を目指したきっかけ、高校時代にやっておくべきこと」など、興味深いお話をたくさんいただきました。

 この3年間で成国の卒業生が46名、千葉県の公立学校に採用されていることを知りました。これからも多くの成国卒業生が教壇に立ち、本県の教育界を支えてくれることを心から願っています。

国際科セミナー 第3日

11月10日(金) セミナー最終日を迎えました。午前中は全グループを “New Course”, “New School Trip”, “New Club Activity” の3つのカテゴリーに分け、Presentation Competition を行いました。各グループがメンバーと協力しながら、それぞれの提案に対しての「理由」を明確にしつつ、工夫を凝らした発表を行っていました。午後はDetective Mystery Gamesを楽しんだ後、Closing Ceremony を迎えました。英語漬けの充実した3日間を過ごした生徒たちからは「英語の勉強をもっと頑張りたいと思った」「ALTと仲良くなれて別れるのが寂しい」などの感想が寄せられました。ご協力をいただいたALTのみなさんと千葉大学からお越しいただいた講師の方々に心より感謝申し上げます。

国際科セミナー 第2日

11月9日(木) セミナー2日目は終日Debate Matchを行いました。午前中のRound1では各研修室に3チームが入り、それぞれ2試合ずつ行いました。”Narikoku students must join club activity” というテーマ設定で、肯定側(Affirmative)と否定側(Negative)に分かれて討論しました。午後のRound2で勝者同士が試合を行い、優勝チームを決めました。日頃の「コミュニケーション・アーツ」の授業等での学びを生かし、発信力の強化につなげることができました。

2022年度  後期Topics

2022年(令和4年度)後期

日米高等学校交流派遣プログラムその15

3月30日(木)午後3時40分ごろ、12泊14日の派遣プログラムを終えた15名の生徒及び3名の引率教員が無事に帰国しました。長時間のフライトに疲れもみられましたが、全員体調に問題はなく、元気な姿を見せてくれました。コロナ禍で中断していた海外派遣が4年ぶりに再開しましたが、入念な準備と事前指導を行い、満足のいく成果が得られたことと思います。派遣に際し、保護者の方をはじめ、多くの方々にご支援とご協力をいただいたことに深く感謝申し上げます。これから4月の報告会へ向けての事後学習を進めていきます。今後ますます国際交流事業が復活し、「成国らしさ」を取り戻していくことを心より願っています。

2022年度 前期TOPICS

2022年(令和4年度)前期

令和4年度 高校開放講座 5回目(初級・中級英語)

9月24日(日) 5回目の講座が行われました。初級講座では Show & Tell や「ALTに日本のNational Holidayについて説明する活動」などが行われ、また、中級ではBirthrateを上げるための自治体の施策について賛成か反対かを議論するDiscussionにチャレンジしました。本日で開放講座は最終回となりましたが、3年ぶりに行われた本講座に楽しく参加していただき、充実した講座を行うことができました。今後も地域との連携を大切にしつつ、本校が持つ教育資源を地域の皆様に還元していけるよう努力してまいります。今回ご参加くださった市民の皆様と成田市教育委員会様に心より感謝申し上げます。