お知らせ

 特にございません。
 

日誌

陸上部の活躍 >> 記事詳細

2021/09/30

陸上競技部 県新人大会結果報告 ☆関東新人出場☆

Tweet ThisSend to Facebook | by 陸上部顧問

924()26()に千葉県総合スポーツセンターで千葉県新人大会が開催されました。関東新人大会に繋がる大事な試合です。本校からは短距離長距離合わせて30種目で県大会に進み、1種目でも多く入賞、そして関東大会の出場を目指し、試合に臨みました。


短距離ブロック結果

男子4×100mR 第8位

42秒52(予選 43秒20(決勝)

金杉渉夢( 工藤雷文( 富田啓介( 西銘洋斗()

予選から素晴らしい走りを見せた4人。支部新人からタイムを縮め、決勝の舞台に進みました。しかし、決勝の空気は4人に重くのしかかり、力及ばず・・・

試合を支配しきれなかったレースとなりました。チーム力の弱さが目立ってしまった結果なので、冬を越えて大きく成長した姿でこの場に帰ってきたいです。

8位入賞、おめでとう!


男子走幅跳

富田啓介() 第4位 m90 PB

1年生で初の県大会舞台自己ベストを大幅に更新し、見事4位に入賞しました。3位とは2cm差と惜しい結果で関東大会の出場権を逃しましたが、来年の総体では関東大会出場を目指したいと思います。

4位入賞、おめでとう!


男子三段跳

工藤雷文() 第1位 14m74 PB

ランキングトップで望んだ県大会。その状況に驕ることなく、冷静に試技を行い見事優勝しました。決勝の舞台では追い詰められる場面もありましたが、予選から安定して記録を伸ばしていき、関東大会の出場権を獲得しました。

関東大会でも県大会と変わらず、驕らず冷静な試合運びをして行きたいです。

優勝、おめでとう!


女子やり投

菰田七星() 第5位 33m24

力、出し切れず・・・

しかし1投目の失敗から、建て直して決勝まで駒を進めました。本人はこの結果に満足出来ず、競技終了から表彰式にかけて涙を流していました。「総体は絶対に関東に行きます」と強く言い放った姿はとても期待が持てました。総体でリベンジをしましょう。

5位入賞、おめでとう!


長距離ブロック

出場した10種目中9種目で15位以内に入り、来年の高校総体シード権を獲得しました。

県高校駅伝まで残り約1ヶ月!ここから更にチームの総合力を高め、万全の準備をして本番に臨みたいです!


女子800M  出場

菰田六花(2年)22866


女子1500M

4 若狹那々子(2年)43886 関東大会出場


7 坂野 聖心(1年)44142 PB 関東大会出場



女子3000M

  6  若狹那々子(2年)100377
10
 坂野 聖心(1年)101142 PB


男子1500M

15 澤田 光輔(2年)40683


男子5000M

10 村上 晏璃(2年)151805 PB 関東大会出場


男子3000Msc

 6 相関 慶人(1年) 94689 PB

11 澤田光輔(2年) 95335 PB

15 鈴木優晴(2年) 95787 PB


関東新人大会は1023()24()

茨城県の笠松運動公園陸上競技場で開催されます。

本校からは4名の選手が参加します。応援よろしくお願いします。


08:02 | 報告事項