お知らせ

 特にございません。
 

日誌

陸上部の活躍 >> 記事詳細

2021/06/30

陸上競技部☆全国大会出場☆関東高等学校陸上競技大会結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 陸上部顧問

結果報告

男子4×400mR 予選1組 4位

相澤・宮崎・岩本・松岸 3‘14“56(チームベスト)全体11

出場するメンバー全員が初の関東大会。前日は緊張と不安で動きも固く、動揺が隠せない状態でしたが、当日には気持ちも入り、攻めの姿勢でレースを展開してくれました。1走を走った相澤くん、8レーンという苦手なレーンでのスタートでしたが、持ち前のスタートダッシュでライブカメラも見失うスピードで2走の宮崎くんへ。各校のエースが集う2走、ぐんぐんと加速をしていく中、エース宮崎くんも負けじと加速し、4高が混戦した状態で3走の岩本くんへ。レース前、「攻めることしか考えません」と話した通りにバックストレートでトップになり、ホームストレートは我慢の戦い。再び混戦の状態で4走の松岸くんへ。各校勝負に出た4走、松岸くんも必死に食らいつき、決勝進出に望みをかけましたが、組4着で決勝を逃してしまいました。しかし、県大会からタイムを3秒縮めてきたことは素晴らしいことです。本当によく頑張りました。


男子三段跳 全体14位

相澤玲音 13m56cm

県大会ではたった1本の跳躍で関東大会を決めた相澤くん。しかし関東大会は甘くはなっかたです。普段とは勝手が違う流れに困惑している中、競技が始まってしまい、最後まで自分のペースを掴めずに終えてしまいました。実力を全て発揮させることができずに競技を終えてしまったことが心残りですが、立派に戦った選手はとても誇らしいです。よく頑張りました。

女子1500M 予選2組 7位 

若狹那々子(2-843778P B

集団の中で粘り抜き、自己ベストを8秒近く更新する勝負強さを見せました。全体14位の記録で惜しくも決勝には進めませんでしたが、来年に繋がる大健闘の走りでした!

男子3000msc 決勝 5位 

全国大会出場

平間純哉(3-891273 

スローペースで進むなか、途中転倒もありましたが、底力を見せ、見事5位入賞を果たしました!

全国大会出場は、流南男子長距離初の快挙となります!万全の準備をし、持てる力を最大限に発揮できるように本番を迎えたいです!!

全国高校総体 陸上競技大会(福井)

7/28(水)〜8/1(日)


09:07