出欠に関する届(新型コロナウイルス感染症関連)

出欠に関する届(新型コロナウイルス感染症関連)
必要な場合は、印刷してご利用ください
 

健康観察のお願いと欠席等の取り扱い、学校生活での注意事項について

新型コロナウイルス感染症については、予断を許さない状況が続いております。

 つきましては、引き続き御家庭での健康管理などに関して、以下の点に御協力いただきますようお願いいたします。


1 毎朝、必ず自宅にて体温を測定し、体調のチェックをしてから登校してください。体温並びに健康観察の結果は配布してある健康観察表にきちんと記録し、保管をしてください(感染症発症時に保健所などの確認がある場合があります。)

 

2 熱(微熱を含む)があるときはもちろん、熱がなくてもだるさ、息苦しさ、風邪症状(咳、喉の痛み、鼻水、たんなど)などがある場合は無理をして登校せず、必要に応じて医療機関を受診し、治癒するまで自宅で療養してください。その場合には、別紙「出欠に関する届(新型コロナウイルス感染症関連)」の提出により欠席扱いとなりませんので、学校にその旨をご連絡ください。

 

3 同居する家族に発熱や風邪症状などがある場合は、登校せずに、まずは学校にご相談ください。

 

4 以下に該当する場合は、登校せず、学校にご連絡してください。別紙「出欠に関する届(新型コロナウイルス感染症関連)」の提出により、欠席扱いにはなりません。

・新型コロナウイルスに感染した

・濃厚接触者になった

・PCR検査の対象者になった

・同居する家族がPCR検査の対象者になった

 

5 登校することによる感染の心配があり、保護者の方からの申し出により欠席する場合は、別紙「出欠に関する届(新型コロナウイルス感染症関連)」の提出により、欠席扱いとなりません。

 

6 発熱等の症状がある場合は、まずは日ごろ通院している医療機関か、自宅の近くにある医療機関に電話でご相談ください。

   ※直接、医療機関を受診せず、事前に必ず医療機関へ電話で相談をお願いします。

 

  ◆かかりつけ医がいない等、相談先に困った場合は、以下の相談窓口に電話でご相談ください。

    【相談窓口】 ※各相談窓口の電話番号等は千葉県ホームページで参照してください。

       ●発熱相談センター

         ○千葉県発熱相談コールセンター

         ○千葉市・船橋市・柏市の各相談センター

       ●市町村役場(千葉市・船橋市・柏市を除く)

       ●発熱相談医療機関

 

  ◆次の<相談・受診の目安>にあてはまる場合は、すぐに相談してください。

    少なくともいずれかに該当する場合は、すぐに相談する。(該当しない場合も相談可)

       ●息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかが

ある場合

       ●基礎疾患等があり、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合

       ●上記以外で、発熱や咳など、比較的軽い風邪症状が続く場合

        (症状が続く場合は必ず相談。症状には個人差があるため、強い症状と思う場合

はすぐに相談。解熱剤等を飲み続けなければならない場合も同様。)


  ◆発熱等がある場合の相談・受診等の流れ

7 学校内では体育の時間や部活動中を除き、マスクを着用してください。予備のマスクも持参するようにしましょう。

  ただし、熱中症のリスクが高いと判断した場合には、身体的距離を保ち、会話を控えた上で、マスクを外すなど熱中症への対応を優先させてください。

 

学校で注意してほしいのは、マスクをはずす「昼食」「体育」「部活動」の3つの場面です。

これまで複数の感染者が発生した学校の事例をみると、「昼食時」「休憩時」「体育時」「部活同時(部室などでの更衣も含む)」でマスクを外して会話をしていたことが原因となったと思われます。

   昼食のときは、感染リスクが高くなりますので、昼休みの前半20分間は自席で前を向いて、会話をせずに食事してください。食事の終わった人はマスクを着用し、時間になるまでは読書などをして静かに過ごしてください。

   休憩時は、会話をするときは必ずマスクを着用する。

   体育でマスクをはずすときは、なるべく人と人との距離を保つこと、距離が十分保てないときには、会話は控えるようにしてください。

   部活のときは、集合やミーティングではマスクを着用すること、なるべく人と人との距離を保つこと、距離が十分保てないときには会話は控えること、まわし飲みなどはしないこと、体調が悪い場合は無理に参加しないようにしてください。特に部活動の場面では、部活の終わりの部室での感染が確認されています。更衣の際にもマスクの着用やソーシャルディスタンスを意識して行動してください。

 

8 石けんと流水によるこまめな手洗いを心がけてください。

 

9 授業場所においては、可能な限り、常に体格の窓と廊下側のドアを10~20cm程度開けます(廊下側は欄間を全開にするでも可)。常時換気が難しい場合には、休み時間ごとに窓と廊下側のドアを全開にします。

  換気にともなう暑さ、寒さなどは衣服で調節してください。

 

10 ハンカチやタオルの共有、まわし飲みなどのリスクの高い行為はしないでください。

 

11 教室では人との距離を保つのが難しいので、手洗い、マスク、換気、健康管理がとても重要となります。一人一人が感染防止に努めてください。

 

12 免疫力を高めるため、「十分な睡眠」、「適度な運動」、「バランスのとれた食事」を心がけてください。

 

13 行動範囲が広いみなさんは、学校内だけでなく、学校外においても感染予防に努め、外から学校内にできるだけウイルスを持ち込まないように協力してください。