インフルエンザ罹患時の対応

 インフルエンザ罹患時の提出書類が変わります。
 インフルエンザは重篤化すると命に関わることもある感染力の強い病気です。そのため、学校保健安全法施行規則第19条により、他の人に感染させる恐れのある期間(発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで)は登校することができません。
インフルエンザと診断を受けた場合は、医師の指示のもと、十分療養し、回復してから登校するようにしてください。また、お子様が回復し登校する際には、保護者の方が下記の「インフルエンザ経過報告書」を記入し、処方された薬の説明書を添付して学校へ提出してください。
※従来の「治癒証明書」「登校許可証明書」を病院でもらった場合は、その提出でもかまいませんが有料となります。
※インフルエンザ以外の感染症については、「治癒証明書」「登校許可証明書」の提出をお願い致します。

インフルエンザ経過報告書