地 域 連 携 ア ク テ ィ ブ ス ク ール


 千 葉 県 立 流 山 北 高 等 学 校

 

新着情報

 

日誌

流北日誌
12345
2019/03/22new

3学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by nagareyamakita-h
今日は3学期終業式が行われました。校長先生のお話で、節目を大切にし、先を見据えて努力を積み重ねること、行事など教室以外での学びを大切にしていくことの2つのお話がありました。あと40日で平成が終わり新しい元号になります。生徒達が新たな希望、目標を胸に、元気な姿で4月8日の始業式に登校してくれることを願っています。
   
09:18 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/03/20new

3学期全校集会・表彰伝達

Tweet ThisSend to Facebook | by nagareyamakita-h
今日は表彰伝達がありました。バドミントン部ダブルス読書賞は1年生・2年生各1名、1ヵ年皆勤生徒は1年生38名、2年生52名が表彰されました。その後、第3学期全校集会があり、進路指導部長の講話では、今年度の進学・就職の状況が説明されました。生徒指導部長の講話では、周囲の方々からいろいろな部分で注目されているという話があり、生徒達は真剣に耳を傾けていました。
     
10:27 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/03/05

第32回卒業証書授与式

Tweet ThisSend to Facebook | by nagareyamakita-h
今日は第32回卒業証書授与式が挙行されました。とても晴れ晴れとした表情で入場し、呼名での立派な返事、心のこもった卒業の歌など、決して忘れない素晴らしい式でした。
     
  
11:50 | 投票する | 投票数(14) | コメント(0)
2019/03/04

卒業式予行練習

Tweet ThisSend to Facebook | by nagareyamakita-h
明日3月5日は第32回卒業証書授与式なので今日は予行練習と、皆勤賞、精勤賞、努力賞、野球連盟優秀選手の表彰がありました。1.2年生は、いずれ自分たちも見送られる側になることを想像しながら、歌の練習や卒業式についての話を聞いていました。明日は190名の立派な返事が体育館に響き、卒業証書とたくさんの思い出を胸に、流山北高校を巣立ってくれると思います。
     
  
10:18 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2019/02/07

総合的な学習の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by nagareyamakita-h
 
今日の5・6限目の総合的な学習の時間では、1学年では仕事別進路ガイダンスがあり、14のブースを設置し、その職業に就くには、どういった進路を選択すべきか、どんな資格が必要なのかなど、詳しく知ることができました。2学年では、流山市選挙管理事務局の方々をお招きし、選挙の意味模擬投票を行い、手順などを知ることができ、自分の持つ一票の重みがわかったと思います。
                    
14:42 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
12345

校長日記 日々雑感

校長室より >> 記事詳細

2019/01/07

<136>日々雑感(3学期スタート)

| by 校長

 本日が3学期初日です。朝の登校時、生徒たちの登校の様子を見ていると、多くの生徒が良い表情をしていました。安心しました。良い年末年始を過ごし、しっかりとエネルギー充電をしたようです。
 学校もいよいよ1年間の総まとめの時期を迎えました。1・2年生は学年として、3年生は高校生活の総まとめをするわけです。
 3学期は一番短い学期です。3年生は1月終了後、家庭学習期間に入ります。登校日数は1月中18日、3月は2日間、合計20日間です。1・2年生の登校日数は49日となります。この短い日数の中で、総まとめをするわけですから、心を引き締めて、日々緊張感をもって過ごしてください。
 図書室前の通路のパネルも新年バージョンになりました。たくさんの良い書籍にふれて、豊かな生活を送るための原動力となる教養を高めていってください。
 ところで、本日の3学期の始業式の中では、次の二つのことを柱において、お話ししました。
 1.「くれない族」から「あげよう族」へ
 曽野綾子さんという女性作家が書いた『老いの才覚』という本を紹介します。
 曽野さんは「何々してくれない」と不平・不満を口にする人のことを「くれない族」と呼んでいます。曽野さんは「何をしてもらうか」ではなく、自分は「何ができるか」を考えて行動する大切さを訴えています。
  他者にあげることを惜しまない人は周りから好かれる人です。「あげよう族」は「相手から何々してもらいたいから」という打算的考えではなく、相手に感謝される行動自体に喜びを感じているということに特色があります。
 「あげよう族」の行動スタイルは幸せのパスポートとなります。「あげよう族」は、これからの共生社会において力を発揮する人たちで、必ず周りの人から認められ、幸福の道を歩む人たちです。是非、「くれない族」から「あげよう族」への移行をおすすめします。   

 2.何度も繰り返す体験を
 人間の脳の構造は、繰り返さないとマスターできないような仕組みになっています。
 私たちが何かを学んでいるとき、脳のなかでは脳神経細胞(ニューロン)がネットワークをつくって情報を伝達しあっています。このニューロン同士がうまくつながり情報をスムーズに伝達できている状態が暗記したということです。
 忘れるということは、このつながりが途切れることです。このニューロン同士の結びつきを強くするには、繰り返すことしかありません。
 「繰り返し学習したことだけを定着させる」という私たちの脳の性質は、「繰り返し学習をした人だけが新たな能力を獲得できる」ことになります
 努力が報われるようにできているのです。簡単に何でもマスターできてしまったら、やりがいがないと思います。小さな努力を積む重ねて、ようやくマスターできるようになった。これがやりがいに結びつきます。
 学習、スポーツ、趣味の世界、何でもかまいません。今学期、何か一つ、繰り返すことによって、今までできなかったことができるようになる経験をしてください。
 平成最後の3学期です。充実した3学期になることを期待しています。
   
3学期初日の登校風景      新しい図書パネル

 


16:18 | 投票する | 投票数(33) | 今日の出来事

本日の日課・行事

3月25日(月)~31日(日)
 学年末休業日
4月1日(月)~5日(金)
 学年始め休業日

4月8日(月) 始業式・頭髪服装検査
 

お知らせ