校長日記 日々雑感

4月9日 入学式 式辞

 桜前線が日本列島を一気に駆けのぼり、今日の佳き日を祝福するかのように見ごろを迎えた本日、千葉県立流山北高等学校、第四十回入学式を挙行するにあたり、流山市立新川小学校 校長 門脇 哲也  様、本校保護者会会長 程田 美穂 様、副会長 岩浪 綾子 様、同じく副会長 八鍬 望美 様の御臨席を賜り、誠にありがとうございます。高いところからではございますが、厚く御礼申し上げます。

保護者の皆様におかれましては、御多用にも関わらず御列席をいただき、ありがとうございます。

 本日、このようにたくましく成長されたお子様の姿に、さぞや感慨深いものがあろうかと存じます。

只今、入学を許可いたしました百九十三名の新入生の皆さん、御入学おめでとうございます。流山北高校を代表し、皆さんの入学を心から歓迎いたします。

 皆さんは、これから始まる高校生活への期待に胸を膨らませ、大きな夢を抱いていることと思います。今のこの気持ちを忘れないでください。

 本日、入学式を迎えることができたのは、新入生の皆さんの努力の成果であることは言うまでもありませんが、これまで皆さんを、時には優しく見守り、時には厳しく指導してくださった、保護者をはじめ、御家族の皆様、小学校、中学校の先生方など、多くの方々の支えがあったからです。このこともしっかりと心にとめ、感謝の気持ちを忘れないでください。

 さて、本校は昭和六十年に創立された、今年で40年目を迎える学校です。

 また、平成二十七年度からは、「地域連携アクティブスクール」に指定され、今年で10年目を迎えました。本校は、学ぶ意欲に応える きめ細かな学習指導や、一人一人の夢をかなえる懇切丁寧なキャリア教育、地域との多様な連携を深めながら、規範意識を高め、自立した社会人の育成を目指す学校として、歩みを進めてまいりました。

 このような流山北高校でこれから三年間、高校生活を送る皆さんに向け、期待を込めて、3つほどお願いしたいことがあります。

 まず一つ目は日々の学習習慣を確立することです。中学校よりも質も量も増える高校での学習内容に対応するために、「予習して 授業に臨み 復習する」というルーティンをしっかりと身に付けてください。「予習・授業・復習」この3つがそろってこそ、高校の学習を攻略できる重要ポイントになります。

 続いて二つ目は、新しい自分を作りあげることです。今までは先生や周囲の大人から示されたレールに沿って行動してきた人が多いのではないでしょうか。しかし、これからは自分で目標を設定し、やり方を見つけ、トライアンドエラーを繰り返しながら、目標に到達する経験を積むことが大切です。そういった経験を通して、「これまでの自分」に「新しい自分」を上書き保存し、どんどんアップデートしていってください。

 最後三つ目は、様々な仲間との出会いを通じて、自分とは異なる、いろいろな考えや価値観があることを学んでください。互いに切磋琢磨し、豊かな人間関係を築き、自らの夢に向かい、果敢にチャレンジしてください。

 本日はあいにくの空模様となりましたが、やまない雨はございません。「雨降って地固まる」とも申します。私は、今日の雨を、恵みの雨、励ましの雨と捉えています。新入生の皆さん、今日のこの感激の気持ち、感謝の気持ちを忘れず、流山北高の生徒としての高い誇りをもって、有意義で実りある高校生活を送ってください。

 保護者の皆様、我々教職員一同は、本校の教育目標、すなわち「社会の一員として、規範意識を備え、自立し、社会に貢献できる人間を育成する」という使命と責任を重く受け止め、全力を尽くし取り組んでまいります。本校の教育活動に、格段の御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 新入生の皆さんの、輝かしい未来と、大いなる発展を心から祈念し、式辞といたします。

 

 

令和六年四月九日

 

千葉県立流山北高等学校長  泉水 潤一