千葉県立流山おおたかの森高等学校
NAGAREYAMA OTAKANOMORI HIGH SCHOOL
 
ユネスコスクール加盟校
 
 

お問合せ

千葉県立流山おおたかの森高等学校
〒270-0122
千葉県流山市大畔275-5
電話  04-7154-3551
FAX 04-7155-6991
 
校長室から
12345
2020/09/02

第2学期始業式

| by 120
 2学期が始まりました。依然として新型コロナウイルス感染拡大が心配される状況で、今回も放送での式となりました。いずれ出口が見えますので、その時を楽しみにしながら、生徒の皆さんには今できることを精一杯頑張ってほしいと思います。
 
 始業式式辞→こちら
13:47
2020/07/31

第1学期終業式

| by 120
 本日、第1学期の終業式を行いました。入学式、始業式に続き、今回も放送による式となりました。4月に着任してからまだ生徒の皆さんの前で話す機会がありません。相手の顔を見ずに話すというのは、自分の話が届いているのかどうか幾分不安に感じるものです。しかしながら、おおたか生のことですから、しっかり覚えてくれていることでしょう。

 終業式式辞→こちら

生徒の皆さんへ
 さて、今日の終業式でお話しした「習慣化」については、成功するための秘訣がいくつかあると言われています。ただし、人それぞれですから、すべての人にあてはまるかどうかはわかりません。

(1)新しいルーティーンを始めるにはトリガー(きっかけ)が必要である。
 新しく何かを習慣化しようとしても、うまくいかないことがあります。そんなときはすでにあるルーティーンと組み合わせるのがコツです。
 例えば、「学校から帰宅したら自分の部屋に行き、カバンを机の左側に置いて、制服を脱いで部屋着に着替える」というルーティーンがある場合、「着替えたら机に向かって15分間勉強する」というようにルーティーンを追加すると、帰宅後の着替えがトリガーになって、勉強が無理なくルーティーンに組み込まれます。

(2)習慣化し始めてもすぐに時間を延ばしてはいけない。
 なんとなく毎日1時間勉強できるようになってきて、楽になってきたなぁと思っても、すぐに2時間に延ばすと失敗することが多いそうです。しばらくそのまま1時間で続けましょう。

(3)習慣化するまで約2か月かかる。
 ルーティーンが定着するまで約2か月かかると言われています。夏休み毎日勉強できたからと言って、習慣化に成功したとは言えません。継続しましょう。

(4)例外を作らない。
 今日は日曜日だからとか、部活で試合があったから、家族でおばあちゃんのおうちに行ったからという言い訳を作らないで、毎日続けることが大事です。

 自分という人間をどうやってうまく動かすか、大きな挑戦となりますが是非頑張ってください!


14:51
2020/05/25

学校で働く人たち6

| by 120
 学校の事務室には、県教育委員会や他の機関から、毎日大量の文書が届きます。それを受け付けて、仕分けして、担当部署に回したり保管したりするのも大事な業務です。本校でそれを担当されているのが、事務室の森主事です。(顔出しは恥ずかしいのでNGということで…)

 舞台、特にミュージカルがお好きだそうです。帝国劇場や日生劇場などで行われる東宝系等のミュージカルがお好みで、そもそも好きになったきっかけは、小さい頃テレビで見ていた教育番組のダンサーの方だそうです。今まで見たミュージカルの中で1つあげてくださいとお願いしたところ、「2016年に赤坂ACTシアターで上演された『グランドホテル』です」と即答でした。
 生徒の皆さんへ「歳も近いので、気軽に話しかけてください」とお言葉をいただきました。
16:27
2020/05/14

学校で働く人たち5

| by 120
 今日は事務室の永井育雄さんを御紹介します。永井さんは、就学支援金関係の事務業務をサポートするために4月から7月まで本校で勤務されます。就学支援金とは、高等学校等における教育にかかる経済的負担を軽減し、教育の機会均等に寄与するためのもので、所得制限はありますが多くの人が利用している制度です。

 元々学校事務のお仕事をされていて、なおかつ、現在の業務も本校で3校目ということで頼もしい限りです。
 スポーツがお好きで、高校では陸上、大学ではバドミントンをされていたとのこと。現在も休みの日には、朝のラジオ体操に始まり、午前中はサイクリングをして健康のための取り組みをされています。
 何をしている時が一番楽しいですか?とお聞きしたところ、「仕事ですね」という答えが返ってきました。やはり頼もしいです。
13:26
2020/05/07

校長からの挑戦状

| by 120
生徒の皆さんへ

 臨時休校が長びく中、学習習慣を維持するのが難しく感じる人もいるでしょう。でも、今がピンチをチャンスに変える時です。いろいろなことをじっくり考えてみてください。新しい学習指導要領では、各教科等の特質に応じた「見方・考え方」を働かせて、問題解決に向けて思考すること等が求められています。
 そこで、皆さんに私から課題を課します。これまで学んだことや自分で調べてわかったことを活用しながら、次の問題を考えてみてください。正解はありませんので、自分なりの答えを導き出せたら、下のメールアドレスに送ってください。できるだけ多くの人が私の挑戦を受けてくれることを願っています。
 ただし、私の課題は提出の義務はありません。皆さんの成績にも関係しませんので、各教科から出された課題を優先してください。この挑戦を受けて立つかどうかは、あなた次第です。

挑戦状1(数学)
挑戦状2(地理歴史・保健)
挑戦状3(英語)
挑戦状4(国語・公民・理科・家庭)

提出先:student5.n.otaka-h@chiba-c.ed.jp

17:19
12345