平成18年4月創立【茂原農業高等学校と茂原工業高等学校統合】


 創る 育む 輝

カウンダーの画像およびスクリプトの著作権は千葉県教育委員会が所持しています。無断転載・利用を禁じます。
このサイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・写真等)の著作権は千葉県立茂原樟陽高等学校にあります。本校校長の許可なく利用することはできません。
 

実習風景

同窓会総会資料(平成28~30年度)

平成27年度 同窓会総会開催

 
 7月18日(土)午後3時から、本校文化ホールにおいて、同窓会総会が開催されました。
 統合10年目を迎え、前年度、今年度の事業、予算等が協議され、今後は、学校や生徒たちの活動をさらに積極的に支援に関する意見が活発に出されました。 
 総会には、本校OBでいらっしゃる顧問の千葉県議会議員 鶴岡宏祥様、白子町町長 林 和雄 様にも御出席いただき、御挨拶の中で、茂原樟陽高校への期待や今後の在り方についての御意見もいただきました。
 
 
 また、学校の現状も見ていただこうと、希望の方には、学校の部活動や施設・設備等を見ていただきました。

 同窓会からのお願い
  同窓会の活性化に向けて、今後支部での活動を促進したいと考えています。
  支部総会の開催の折には、事務局までお問い合わせください。
  
  御不明な点は事務局教頭(学校 0475-22-3315)までお問い合わせください。
 

同窓会の皆様へ(お願い)

 
 日頃から、同窓会の皆様におかれましては、本校の教育活動に御理解と御協力をいただきまして、まことにありがとうございます。
 本校も統合して以来、来年度は創立10年目を迎えます。
 旧茂原農業高校、旧茂原工業高校の卒業生の皆様、是非、現在の本校に是非ご覧ください。
 同窓会の皆様に見ていくことで、母校への関心をより一層高めていただき、御意見をいただくことで、同窓会活動が活発になり、それが学校の活性化にもつながると考えます。
 また、各支部で、同窓会を開催する予定がございましたら、事務局まで御一報ください。
 今後の茂原樟陽高校の教育活動の推進と発展に向けて、同窓会の皆様からの御指導を賜りたいと存じます。
 

平成26年度 同窓会総会開催(H26/07/19)

 
 7月19日(土)平成26年度同窓会総会が本校文化ホールにて開催されました。
 同窓会の活性化に向けた1年間を振り返り、これまで活性化会議や役員会など協議されてきたことを踏まえ、今後の同窓会に向けた提言が総会では多く出されました。
 今回は、卒業生の方々に学校を知っていただこうと、工業実習棟や農場の見学を総会に先だって行いました。
 今回、生徒の教室に扇風機をつけていただくことが決定しました。同窓会の皆様のおかげで、
各教室に2台ずつ扇風機が取り付けられました。
 心から感謝いたします。
 

睦沢支部同窓会開催

1 日 時 平成26年5月24日(土) 午後2時から午後5時
2 場 所 睦沢町 「おだか」
3 参加者 13名 
4 内 容 山崎希輔副会長が理事を務める睦沢支部同窓会は、支部会員11名と校長、教頭の計13名で開催されました。
       それぞれ学校での思い出を語り合う中で、本校の現在の状況についての情報交換も行われました。
  
       睦沢支部では、今後、本校の見学、支部同窓会の再開が予定されています。
 

活性化に向けた役員会実施(H26/03/12)



同窓会役員会開催

2月に実施された同窓会活性化会議で協議された結果をもとに、今後の具体的な活性化対策に関する取り組みを協議するため、このたび、役員会が開催されました。

出席者は、牧野 昭会長、山﨑希輔副会長、岩崎重良、片岡正江、糸井徳吉監事、古山隆二、特選理事の齊藤郁夫校長、山本事務主幹兼事務長、藤土教頭、そして事務局の伊藤実習助手です。

 協議内容は下記のとおりです。

 

1 来年度総会(7月開催予定)の出席人数を増やす方策と今後の活性化方針を出席者に説明する。

 

具体策

 (1) 総会出席の御案内の範囲を従来の理事の方々とともに、評議員まで含める。

その際、案内は往復ハガキとし、通信欄を記入し、各評議員の状況を把握する。

(2) 来年度総会時に“同窓会会報”(仮称)の創刊に関する方針を発表し、協議してもらう。

 

2 事務局の運営について、本校職員以外の同窓会員も事務局運営を担う。

 

理由

   統合以来、旧茂原農業、旧茂原工業時代の同窓会員の意識が変化し,同窓会意識が希薄になっている傾向がある。茂原樟陽高校卒業生も含め,近年、本校の卒業生が、教員として母校に勤務する人数は極めて少なく事務局を担うには十分ではない。そのため、同窓生の中から適切な人材を選出し、茂原樟陽高校を拠点とし、事務局の業務を依頼する。

 

3 各支部会等の活動の促進と情報発信。

 具体策

  (1) 各支部会や同窓会、クラス会の開催について、状況や記録(写真含む)を事務局まで提供していただく。

  (2) (1)の企画に際し、本校の見学や視察を含め、是非来校していただき、同窓会員と本校との相互の関係づくりに努める。


 

同窓会活性化委員会開催(H26/01/21)

同窓会の活性化を議題として、活性化委員会が1月21日(火)実施されました。
当日は、役員、監事とともに各地区支部の理事、評議員などを含め、本校の校長、教頭、事務主幹、そして事務局を入れた20名の委員で活発な意見交換が行われました。
牧野会長(写真上)からは、冒頭の挨拶で、地域での同窓会活動の活発化とともに、総会への出席者を増やしていきたいという趣旨で、当委員会を開催しました、と述べられました。

支部大会の開催が、昨年11月に長南支部が実施され、今後は、2月23日(日)鶴枝支部、白子支部が3月に予定されています。
意見交換の中では

1 理事の方々の見直し
2 在校生の活躍や学校の様子を、同窓会だよりなどで配布し、学校や同窓会に関心を持って もらう。OBの活躍なども含める。
3 学校の職員だけでの事務局運営は苦労が多い。以前よりも卒業生の職員がいない。
4 同窓会主催のブースを、樟陽祭(文化祭)で展示する。卒業生の交流の場とする。
5 支部単位ではなく、卒業年度単位で卒業生の掌握をしたらよいのでは?
6 支部の活発化が全体の活性化につながる。
7 同窓会の皆様に学校をもっと知って欲しい。支部大会や何かの集まりの際には、ついででよいので学校に立ち寄って様子を見て欲しい。
8 活性化の内容を具体的に定義して、議論することが大切である。

など、貴重な意見が多く出されました。
統合して来年度は9年目に入ります。10年の節目を前に、同窓会の在り方とともに、学校を支え、卒業生同士の絆を強めていくなど、活性化への議論はこれからも続きます。
同窓会の皆様、御意見等があれば、学校までお知らせください。

事務局 伊藤、教頭まで 

 

お知らせ

☆同窓会活性化委員会開催
1月21日(火)午後2時 本校会議室
約20名の同窓会員の方々が出席され、今後の同窓会活性化に関しての意見交換を行います。


各支部の皆様
 支部ごとの事業を開催の折には、案内を掲載いたします。
 事業後は、写真や様子などを送付してください。
 当ページに掲載し、同窓会の活動を皆様に広くお知らせしたいと思います。
 問い合わせ先
    事務局 生産流通科 伊藤隆博
          教頭 佐藤・藤土
 

長南支部役員会

平成25年11月19日(火)長南支部役員会が開催されました。
約20名の長南支部の方が集まり同窓会活性化について支部で話し合いました。
 

同窓会による援助

同窓会より、正門看板修理、農場入口の案内看板、野球バッテイングゲージを寄付しました。



 

臨時三役会 活性化について 10/30(水)

臨時三役会を行いました。総会の議事に出た活性化について会議を開きました。
 

平成25年度 同窓会総会

平成25年7月20日(土) 同窓会総会が開催されました。今年度の学校への支援などを話し合いました。
 

同窓会役員会

平成25年6月28日(金) 同窓会役員会が開催されました。