日誌


2017/12/23

12月20日(水)

Tweet ThisSend to Facebook | by matsuo-h
 研修4日目、午前中はストックホルム大学を訪問し、日本語学科の学生と交流しました。
日本語も堪能で、よく日本のことも知っていました。映画「君の名は」、人形浄瑠璃、近松門左衛門・・・というような言葉が次々と飛び出してきました。
 我が松尾高校生は、まさか「チカマツって、何人?」なんて言わなかったよね。




 午後は、ストックホルム市内のフィールドワークです。公共の交通機関を使って行いました。新しい発見が沢山ありました。
 信号が低く、車椅子の方も利用しやすいようにボタンの位置も低くなっていました。また、どの信号も、目の不自由な方のために、青の間は「カラカラ」と音が鳴っていました。


 歩道や、自転車専用道路も区別されていました。

 車椅子車両専用の駐車スペースも至る所にありました。

 トイレのマークもおしゃれでした。

 バスも車椅子の方やベビーカー用のスペース確保のため連結車両がほとんどでした。ちなみに、車椅子の方やベビーカーを押している方は無料でバスを利用できるとのことです。



 地下鉄もたくさん乗りました。

 日本が初めて参加したオリンピックが開催されたスタジアムがある駅です。


 ジブリの「魔女の宅急便」のモデルとなった街も、クリスマスムードでいっぱいでした。



 最後に、ストックホルムの街を堪能できました。研修内容もとても質が高く、生徒たちとってとても有意義な海外研修となりました。帰国したら、全校の生徒たちに還元できるよう研究を積み重ねてもらいたいと願っております。
19:27 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)