日誌


2017/12/26

12月17日(日)

Tweet ThisSend to Facebook | by matsuo-h
 スウェーデンに到着して翌日の日曜日は、一片の雲なき快晴に恵まれ、ノーベル賞授賞式の余韻が残るストックホルム市内の名所を巡りました。テーマパークのような街並は、時差ぼけのわれわれを目覚めさせるのに十分なものばかりでした。

 まずは、ノーベル賞授賞式後の晩餐会が行われたばかりのストックホルム市庁舎を訪れました。

 晩餐会会場の「青の間」です。

 「黄金の間」です。

 有名なノーベルのレリーフと現役の市議会議場です。

 続いて、ノーベルミュージアムで山中伸弥教授の座られた椅子などを見学しました。

 午後は、現役国王が住まわれているドロットニング宮殿を訪問しました。バロック式の庭園が見事でした。
 ストックホルム市内の名所旧跡を巡りながら、スウェーデンの歴史を感じ、翌日からの研修にさらに意欲をかき立てられ、早めの日の入りを迎えました。
17:05 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)