> SGH> R1タイフィールドワーク 

R1タイフィールドワーク

松尾高校の取組 >> 記事詳細

2018/12/23

第3回関東・甲信越静地区SGH課題研究発表会

| by hope
 12月23日(日)に第3回関東・甲信越静地区スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会が立教大学の池袋キャンパスにて行われました。各々の研究内容をプレゼンテーション・ポスターを英語または日本語で発表します。

 本校からは学校設定科目「グローバルエイジングⅡ」を選択している3年生11名が発表いたしました。

・英語によるプレゼンテーション



・日本語によるプレゼンテーション



・英語によるポスター発表


・日本語によるポスター発表




    プレゼンテーションもポスターも発表後、審査員の先生や他校の生徒さんから活発に質問を受け、生徒たちは一生懸命回答していました。
 また、他校の発表においては、英語が堪能な生徒も多く見られ、様々な工夫がされており、大変勉強になりました。

 最後に審査の結果発表、表彰式がありました。
 松尾高校からは日本語によるプレゼンテーションで発表した 菅谷 龍平くんの「山武市にリトルコロンボを~あえて国内に外国人コミュニティを作る」が見事、金賞を受賞することができました。
 菅谷君が表彰された賞状です。千葉県から出場した生徒では唯一の受賞とのことです。

 
 最後に立教大学の大きなもみの木の前で。
 

  参加した生徒にとってはとても良い経験になったと思います。

 GAⅡの研究成果の発表会はこれにて一段落となります。2年時に「グローバルエイジング」を選択してからの彼らの成長は目を見張るほどでした。本当にここまでよく頑張ったと思います。3学期も授業で活躍してもらう予定ですが、各々で研究したことを卒業後も生かして欲しいと願います。
18:30