> SGH> R1タイフィールドワーク 

検索

カウンタ

76190人目の訪問者です。

R1タイフィールドワーク

松尾高校の取組 >> 記事詳細

2019/01/28

英語教育拠点校公開授業及び研究協議会

| by hope
 1月28日(月)午後から、英語教育拠点校公開授業及び研究協議会を開催いたしました。公開授業は以下のとおりです。
・5限 2年生学校設定科目「グローバルエイジングⅠ」
・6限 2年生 「英語表現Ⅱ」    
 特に、5限目は「地域から考えるグローバルエイジング(世界の高齢化)」を研究テーマとした教科横断型(公民科、福祉科、英語科が担当)で課題探究型の、新学習指導要領を先取りした授業を公開いたしました。
 県内からは地元からだけではなく、遠くから多くの高等学校の先生方にお出でいただきました。また県外から福岡県立早良高等学校からの参加に加え、小中学校の先生方にも御参加いただくなど、多方面から意見交換を行なうことができました。御参加いただいた先生方お忙しい中ありがとうございました。
 研究協議では、講師として、麗澤大学外国語学部 森 秀夫 教授、県教育庁学習指導課 中村 逸作 指導主事 に御指導いただきました。小中学校における英語教育の状況や大学入試改革における新テストから見た授業改善などをわかりやすく説明いただきました。心から感謝申し上げます。本校英語科職員が今後授業改善の核として松尾高校を牽引していってくれると信じております。

 英語表現の授業では、不定詞を用いた単文を作り、発話していくことを目標とした授業を展開いたしました。
 



 
 グローバルエイジングの授業の様子です。あるテーマについて自分たちで作った説明文から、テーマを推測するゲームです。


 
 その説明文を暗唱し、ジェスチャーを交えてプレゼンするための作戦会議です。


 
 グループごとにプレゼン開始です。





 2つのクラスとも、生徒は活発に活動しその態度は立派でしたよ。先生方も皆さんに負けないよう努力していきます。
18:40