日誌


2017/12/24

12月19日(火)

Tweet ThisSend to Facebook | by matsuo-h
 研修3日目、午前中は、高齢者のためのデイ・アクティビティー・センターを訪問しました。昨日訪問した、グループリビング兼ナーシングホームの方々と比べると、自立して生活できる能力の高い方々が利用する施設です。皆、高齢者専用のアパート等に暮らし、他の高齢者とのふれあいを求めて、デイケア専用の自動車で訪れています。

 自分でできることは、自分で行います。介助が必要な所だけ介護士さんが介助します。

 多くの利用者が朝食を共に集まり、そこで交流させていただきました。かつて海外を股にかけて活躍した武勇伝などを沢山伺えました。



 午後は、お城のようなナーシングホーム内で、理学療法士による介護補助器具テクノロジーに関するワークショップに参加しました。


 磯貝先生も、将来に備えて体験しました。
 介助される側を第一と考えて補助器具は作られていると言うことですが、介助する側にも優しいものばかりでした。
 

 ホーム内には様々な施設があり、トレーニング器具もそろえられていました。


 「自分でできることは自分で」、「今ある機能を最大限維持させる」、介助する側もされる側も笑顔が絶えない一日でした。
18:43 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)