プレゼンテーション

~平成29年度 プレゼンテーション~


◇関東・甲信越静地区SGH課題研究発表会◇
第2回関東・甲信越静地区 スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会を行いました。

<日時> 平成29年12月23日(土)10:00~17:00
<場所> 立教大学池袋キャンパス
<対象者>関東及び甲信越静地区のスーパーグローバルハイスクール指定校
<主催> 立教大学
<内容> ①課題研究プレゼンテーション
      日本語または英語による発表、質問、講評
     ②課題研究ポスター発表
      日本語または英語による課題研究内容のポスター展示及び発表









---------------------------------------------------------------------------------------------------------

◇山武市社会福祉協議会での研究発表◇

山武市社会福祉協議会の「やさしいおもいでささえあおう会」会議で学習成果発表を行いました。

1.日時  平成29年12月14日(木) 14:00~
2.場所  山武市役所 車庫棟2階 第6・7会議室
3.内容  SGHの指定を受けグローバル・エイジング(地球規模の高齢化)についてまなんでいる本
                     校3年生の生徒が「Think Globally. Act Locally.」(地球規模で考え、地域から行動せよ)
                      を目指して、山武市の状況を踏まえた具体的提案の発表
4.発表内容  Earn with strawberries.
                          Let's make a dining room in the public hall.
                          Creating an environment that is easy to raise children.
                          Is the overseas model valid?
       (日本語による発表)




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 ◇ SGH 研究発表大会 ◇


スーパーグローバルハイスクール(SGH)研究発表大会が実施されました。

<日時> 平成29年12月2日(土) 9:00~12:30
<場所> 松尾交流センター 洗心館
<参加者> 3年生GAⅡ選択者 16名
      2年生GAⅠ選択者 25名
      1年生GAⅠ選択希望者 28名
      1年生発表者(GAⅠ希望者以外) 4名
      来賓者様、保護者様、本校指導職員 43名
<目的> 文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け、実施してきた課題
     研究の成果を発表し、「世界に通用するグローバルリーダーの育成」と「グローバル化
     に関する学びの導入」について、地域関係者、県内の教育関係者に幅広くその成果を普
     及する。
<タイトル>  ①Elderly People For Making Town Good
                     ②Let's Enjoy Traditional Meal With Kids
                     ③Earn With Strawberries
                     ④Bucket Cultivation
                     ⑤Reintegration After Cancer Treatment
                     ⑥Hosting An Event By Employment Support Office
                     ⑦Let's Make A Dining Room In The Public Hall
                     ⑧Creating An Environment That Is Easy To Raise Children
                     ⑨Is The Overseas Model Valid?
                     ⑩Cooking And Preventing
                     ⑪海外フィールドワークⅠ(タイ王国)の事前学習について
                     ⑫海外フィールドワークⅡ(スウェーデン)の事前学習について
                     ⑬海外フィールドワークⅠ タイ王国福祉研究視察による報告
                     ⑭地域フィールドワークの報告 夏期休業中の活動報告
                     ⑮山武市への提言「外国人が活躍できる町づくり」
                     ⑯What Is Welfare?


3年生は、地域の高齢化問題を、グローバルな視点で考察したアクションプランを英語でプレゼンしました。
2年生は、海外フィールドワークの視察報告について英語でプレゼンし、その経験をもとにしたスピーチを英語で行いました。
1年生は、夏季休業中に行った地域フィールドワークでの経験をもとにした提言等をプレゼンしました。










---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



◇ SGH 研究発表大会 ◇
 

1 日時

  平成29年3月18日(土)午前9時から午後0時30分まで


2 場所

  のぎくプラザ

  ホール(350名収容)、第1会議室(35名収容)


3 日程

  9:00~ 9:30 受付

  9:30~11:30 課題研究発表(生徒の発表・ホール)

 11:30~12:30 研究開発に係る協議(職員の発表・第1会議室)


4 参加者

(1)生徒

2学年 全生徒、1学年 グローバルエイジングⅠ選択生徒

(2)職員

   グローバル推進部職員

(3)全国のSGH職員

(4)山武市内中学校生徒

(5)県内高校生

(6)山武市市役所職員

(7)県教育関係者

(8)成田国際高校、佐倉高校 生徒

(9)保護者(PTAグローバル推進委員会を含む)、同窓会、後援会

(10)山武市内インターンシップ等受入れ団体等

5 当日の様子

本校のSGHの取組をまとめ、スーパーグローバルハイスクール研究発表大会を行いました。 大ホールでは、第1部にスウェーデンフィールドワークに参加した生徒が、第2部にタイフィールドワークに参加した生徒が課題研究の成果をプレゼンテーションしました。弁論や英語での発表だけでなく、劇まである大変ユニークな発表が続きました。



 また、ホワイエで、2年生がグローバルエイジングⅠの授業で取り組んだ課題研究についてポスターセッションを行いました。予想しない突然の質問が多数出て、慌てる場面もありましたが、グループの団結力で落ち着いて回答することができました。



 生徒の課題研究の発表終了後、第一会議室で教育関係者を対象に、本校のSGH事業説明会を行いました。熊本県、高知県、埼玉県、宮城県と、本当に遠くから多くのSGHに参加していただきました。活発な協議が行われ、今後の本校の取組について御意見を多数いただきました。