お知らせ

リンクリストに「学校から発信する家庭教育支援プログラム」を追加しました。
平成29年度学校公開(6月)を更新しました。
高等部 販売会のお知らせを更新しました。

平成28年度学校だよりを更新しました。

高等部入学者選考調査書を公開しました。
出席停止通知.(インフルエンザ用)
出席停止通知(インフルエンザ以外の感染症用)

 

メニュー

携帯サイト

 

アクセスカウンタ

トータル68224

小学部

小学部の紹介

目標

  1. 人とのかかわりを育てる。  
  2. 健康な体を育てる。  
  3. 学習や身の回りのことを自ら行う力を育てる。

概要

 小学部では,児童一人一人のもつ可能性を最大限に引き出すことをめざ しています。そのために,学校目標の「めざす児童生徒像」を受けた上記の目標を掲げ、個別指導計画に基づいて児童一人一人の心身の状態や発達段階・特性に応じた取り組みを重点的に行っています。また、日課表においては、生活年齢や集団の大きさを考慮して低・中・高学年グループごとに日課表を作成し、段階を追ったねらいに沿った活動内容を工夫しています。そして「国語・算数」「音楽」「体育」等の教科学習と「日常生活の指導」「生活単元学習」等の各教科・領域を合わせた指導、「自立活動」をバランスよく取り入れ、全体として児童の調和的発達を促すような日課をめざしています。

行事紹介
平成29年度行事紹介小学部
 

中学部

中学部の紹介

目標

  1. 人とかかわる力をつけ、集団の中で活動する楽しさを感じられるようにする。      
  2. 心の安定をはかり、心身ともに健康で調和のとれた発達をめざす。
  3. 自ら判断して動く力を伸ばしながら、身辺自立や働く意欲を育てる。  

概要
 中学部は、小学部で培われた基本的な生活習慣や表現力の向上を図りながら、心身共に調和のとれた発達をめざし、将来の社会参加に向けて必要な能力・体力・態度づくりに重点をおき指導・支援しています。
 学習内容として、「生活単元学習」では、身近な生活上の課題を解決する中で、友達と協力しながら意欲的に取り組む態度を身に付けます。「作業学習」では、働くことの楽しさや大切さが理解できるよう、一人一人の課題に応じた活動内容の工夫に努めています。「日常生活の指導」では、自分の力で身辺処理ができるよう着替えや食事、排泄の指導・支援を毎日継続して行っています。「国語・数学」では、読み・書き・計算を中心に生徒の実態に合わせ、個別の課題に取り組んでいます。「体育」では、日常生活で基本となる身体の動きの改善や体力の向上を目指して、ランニングやボール運動など簡単なルールのあるスポーツに取り組んでいます。「学部集会」では、行事等のお知らせやゲームなど生徒が企画や運営に加わり活動しています。その他に、「音楽」などにも取り組んでいます。「総合的な学習の時間」では、生徒の興味・関心に基づく学習や、将来の生活についての体験的な学習に取り組んでいます。また「自立活動」では、一人一人の障害の状態や発達段階に応じ、健康の保持、心理的な安定、人間関係の形成、環境の把握、身体の動き、コミュニケーションについて、具体的な目標を設定し、取り組んでいます。また、身体面のケアを指導を必要とする生徒に、実態に応じた指導を行っています。


行事紹介
平成29年度行事紹介中学部

 

高等部

高等部の紹介


目標
1.卒業後の生活を意識し、自律的な学校生活を送る。

2.健康な心と身体づくりをめざし、心身ともに充実した生活を送る。

3.生活する力や働く力を身につけ、自立と社会参加への意欲を高める。

4.集団生活を通して、好ましい人間関係や豊かな心を育てる。

概要

高等部は,学校教育の最終段階として,卒業後の進路が重要な課題になります。そのために,基本的な生活習慣の定着や健康な身体づくりを基盤にしながら,社会人として自立していくために必要な能力・態度,好ましい人間関係や豊かな心の育成などを重点におきながら指導・支援しています。

近年の高等部の生徒数の増加、障害の多様化に対応するため、平成27年度新1年生より高等部普通学級の教育課程を類型化して、A課程(重複学級)、B課程(普通学級)、C課程(普通学級)3つに分かれて実施しています。各課程の目標、進路目標、目指す生徒像、対象生徒については以下のとおりです。

 

A課程(重複障害)

B課程(重度・中度障害)

C課程(軽度障害)

目標

身辺自立・生活自立

社会自立

生活自立・社会自立

社会自立・職業自立

進路目標

・福祉就労

・企業就労

・福祉就労

・企業就労

 

生徒像

・日常生活に必要な力を高め、健康的に落ち着いて仲間の中で生活する。

・日常生活に必要な力を身につけ、仲間とともに活動に取り組む。

・社会自立に必要な力を確立し、周りの人と協力して活動に取り組む。

対象生徒

・指示理解に個別の支援を要する生徒

・身辺処理に多くの支援を要する生徒

・重複障害があり、障害が重度の生徒

 

・一斉の指示理解に個別の支援を要する生徒

・身辺処理の自立に個別の支援を要する生徒

・福祉就労、企業就労に向けて個別の支援を要する生徒

・情緒の不安定さから個別の支援を要する生徒

・一斉指示で行動ができる生徒

・身辺処理が自立している生徒

・企業就労を強く希望する生徒

・通学などで公共交通機関を自力で利用できる生徒

 

A課程では自立活動を重視し、日課に位置づけて指導します。原則、週日課に沿って行いますが、生徒一人一人の教育ニーズに合わせて学習を進めていきます。

 B課程では作業学習を中心とした教育課程になっています。また、一人一人のニーズを把握し、個別に支援をしながら学習を進めていきます。

C課程では作業学習に加え、教科学習も入った教育課程になっています。

どの課程でも特に「働く力」を大切に考え,作業学習を日課の中心に据えています。作業班は,A・B課程は農業・園芸・陶芸・縫工・木工・レザークラフトの6班,C課程は農業・サービスの2班あり,生徒一人一人の実態を考慮して所属班を決め,活動しています。A課程,B課程では,体力の維持・増進、コミュニケーション能力等の育成を図る「自立活動」,「音楽」「美術」「保健体育」では情操面・体力面での充実感を味わい,総合的な学習の時間の「わくわくタイム」では,自ら課題を解決する主体性を養えるように学習内容を工夫しています。特に、C課程では高等部卒業後の社会生活・家庭生活・職業生活に向けて「国語」「数学」「理科」「社会」「情報」「家庭」「職業」などの教科学習をおこなっています。また、高等部卒業後の進路を考えたり、ソーシャルスキルトレーニングを行ったりする「総合的な学習の時間A」、卒業後の余暇活動を考え、実際に体験する「総合的な学習の時間B」も設定しています。

平成29年度行事紹介高等部

 

みどり部

みどり部の紹介

目標

  1. 健康な体と豊かな心を育てる。
  2. 人とかかわる力をつけ、自分の思いや意思を伝える力を育てる。
  3. 自分でできることを増やし、可能性を広げる力をつける。

概要
 みどり部には、小学部から高等部までの児童生徒が在籍します。みどり部では、「自立活動」を学習の中心に据え、「個別の指導計画」に基づき、児童生徒一人一人の実態や本人・家庭の教育ニーズに応じたきめ細かな指導と支援を進めています。

  1. 学習や社会生活をする上で健康面に関する課題をかかえる児童生徒が多く在籍しています。個々の子どもに必要な支援を行いながら自立活動の学習を通じて健康の維持・増進に努めています。医療的なケアが必要な児童生徒には、主治医や本校の指導医、校医、看護師と連携し、校内で適切なケアを行いながら、学習をすすめています。

  2. 児童生徒全員が何らかの身体運動機能の障害をかかえています。自立活動の学習を通じて身体運動機能の維持・改善に努めるとともに、成長に伴う拘縮・側わん等の進行予防に取り組みます。また食べる機能に障害がある児童生徒には、給食時を中心に「摂食指導」に視点を当てた指導を行います。

  3. 認知やコミュニケーションの力を伸ばす学習をします。一人一人の障害の状態や能力に応じて視覚・聴覚・触覚等の感覚や認知・コミュニケーション能力の向上をはかります。児童生徒の能力、特性に応じ、コミュニケーション機器(AAC)や、iPadを使って表現力や相手とやりとりする力の向上をはかります。

 みどり部では、「自立活動」を軸に「日常生活の指導」「わくわくタイム(集団学習)」「個別学習」「身体づくり」「音楽」などの学習を行って、児童生徒一人一人のもつ力を引き延ばし、豊かな心を育むように努めています。 

行事紹介
平成29年度行事紹介みどり部
 

院内・訪問

院内学級・訪問学級の紹介
  1. 病気やけがにより,君津中央病院に入院している小1年~中3年までの学齢児を対象に,病院内に設けられている教室やベッドサイドで学習する院内学級があります。
  2. 障害が重く,通学が困難な児童生徒には,教師が家庭を訪問して学習する訪問教育があります。