日誌

日誌

第2学年 進路ガイダンス

 7月3日(水)午後、第2学年の生徒向けに、進路ガイダンスが実施されました。

 生徒は、「なりたい」自分目指して、興味関心のある分野ごとに分かれて、少人数で説明や実習を行いました。皆真剣な表情で、しっかりと取り組んでいました。将来の職業選択と進路実現に向けて、良い体験となりました。

服飾手芸「房州うちわ講習会」

 7月1日(月)3・4限の家政科の三年生の選択科目「服飾手芸」の授業において、「房州うちわ講習会」が実施されました。

 本校卒業生で、木更津竹公房竹星の石山好美様を講師にお迎えし、生徒は授業で製作した浴衣にあったうちわのデザインを選び、竹の骨組みに紙を張る作業を行いました。生徒は、石山先生の手ほどきを受けながら、真剣に取り組んでいました。この夏は自作の浴衣とうちわで花火大会や縁日に出かけることになりそうですね。

 

ビジネス文書検定

 6月30日(日)本校を会場に、ビジネス文書検定が行われました。

 生徒は、就職や進学に向けて、資格という目に見える形で、日頃の学習の成果を残すため、真剣に取り組んでいました。全員合格目指してファイト‼

 

 

 

東高祭 第二日目(チケット制公開)

 6月22日(土)東高祭第2日目が開催されました。本日はチケット制公開ということで、一般の方々、中学生とその保護者の皆さん、本校生徒の家族の方々が大勢来校してくださり、大盛況のうちに終えることができました。

 生徒たちは、おもてなしの心で、日頃の学習の成果を発揮し、さわやかな笑顔とともに、本校の魅力を発信してくれました。

 来校いただいた皆さんありがとうございました。

                 

東高祭 第一日目(校内発表)

 6月21日(金)、東高祭第一日目が開催されました。本日は校内のみの開催となりました。家政科のファッションショーをはじめ、文化部のステージ発表や、各クラスの企画などおおいに盛り上がりました。

 明日は、いよいよ一般公開(チケット制)です。皆さん、ぜひお越しください。

 女子中学生は、制服を着て来てくれれば、チケットが無くても入れます。

 お待ちしています。

         

軽音楽部 部内ライブ

 5月30日(木)、軽音楽部が、部内ライブを開催しました。

 日頃の練習の成果をまずは学内で発表です。

 6月22日(土)の文化祭一般公開(チケット制)に向けて、全力演奏中!

朝学習

 本校では、毎日8時25分から10分間、朝学習を実施しています。

 さわやかな朝のカフェのような音楽が流れる中、生徒は、それぞれの課題をもとに、自主的に学習しています。

 1日10分、1週間で授業1時間分、1年間で1単位分に値する学習をすることになります。この積み重ねは、3年次の進路実現に大きな力となることと確信しています。

生徒たちは、皆、真剣に取り組んでいます。

 

公務員講座の様子

昨年度から引き続き東京IT会計公務員専門学校の橋本先生をお迎えして、公務員講座が開催されています。新年度から新たに2年生3名が加わり、総勢10名で目標に向かって頑張っています。

 

簿記講座始まる!

 5月22日(水)放課後、今年度も希望者を集めて、簿記講座を開講しました。簿記検定合格に向けて、定時制の商業担当の先生方に講義をしていただき、毎週水、金の2日間、自主的に学びます。

今年度は希望する生徒が多く、30名での開講になりました。

3年連続全員合格目指して、頑張ります。

2学年 修学旅行事前学習【平和学習】

2年生は、11月に沖縄への修学旅行を控えています。

今回は、ご縁あって、沖縄から「沖縄戦と平和劇実行委員会」の方々にお越しいただき、講演会を実施することができました。

これまで、沖縄県内で活動されてきたそうなので、「沖縄県外初」の実施校となりました。

【劇を通して沖縄戦を学ぶ】がテーマ。

初めに、画像を見ながら、太平洋戦争の背景から沖縄戦のプロセスについて、とても分かりやすくお話してくださいました。その後、平和劇を観賞。

当時の方が、どれだけつらい思いをしてきたのか、終戦から80年たとうとしている今でも色あせない思い・・・・それを少しでも自分事として捉えてほしいと、この活動を始めたそうです。

劇が進むにつれて、生徒たちからあふれる涙・・・

本日学んだこと、感じた気持ちを大切に、引き続き、学習していきます!!

【音楽の授業】ベリーダンス講座

 現在、3年生の選択授業「音楽一般」では、中東の音楽について学習しています。

 4時間目は、ゲストティーチャーとして、ベリーダンサーのSalassa (サラサ)先生をお招きして、アラブ音楽の学習をしました。

 ※サラサ・・・ギリシャ語で海・海の女神

 基本姿勢から始まり、スネークアームスやヒップアタック、シミーなどの動きを学習し、最後は全員でイスラエル民謡舞曲「ハヴァナギラ」の音楽に合わせて踊りました。

 衣装を着た先生の登場から大盛り上がり!!

 ヒップスカーフを巻かせてもらって、さらにハイテンション!!

 最後は、先生の即興ダンスをご披露いただき、感動しきりの50分でした。

 今後は、中東の楽器カーヌーンに見立てた”筝”で、「ハヴァナギラ」を演奏していきます。今回体で味わった”アラブ音楽のリズム感”を演奏に活かしていこうと思います。

交通安全に向けた話し合い

 5月10日(金)千葉県教育委員会の児童生徒安全課から担当の方がおいでになり、自転車乗車時の安全について、本校風紀委員の生徒24名と話し合いが持たれました。主に、努力義務化されたヘルメットの着用をテーマに、女子高生の本音について語り合われました。学校に髪を整える場所があれば、形はキャップ型がいいなど様々な意見が出されました。

1年生スタディサプリ説明会

 5月10日(金)1年生がスタディサプリの使い方について、リクルートの担当者の方を招いて、説明会が行われました。今年度から、タブレット導入と合わせて、自学自習できるようスタディサプリが使えるようになり、ワークや授業動画を活用し、学力の向上を図ります。生徒は真剣に説明に耳を傾け、今後の活用の参考としていました。

 

3年生進路説明会

 5月10日(金)3年生の生徒向けに進路説明会が開催されました。各自が希望の進路を実現するため、様々な会場に分かれて、大学短大や専門学校、企業などの担当者の方から直接説明を聞くことができました。さあ、なりたい自分目指してラストスパートです!

 

関東大会ブロック予選会②

4月27日(土)〜28日(日)、30日(火)陸上部と卓球部の関東大会ブロック予選会が各地の会場で開催されました。陸上部の2年生橋本さんが100mで、卓球部の3年生土屋・生貝組がダブルスで、卓球部が団体2位で、見事県大会出場を決めてくれました。拍手。 健闘を讃えます。

 

   

 

 

関東大会ブロック予選会

 4月20日(土)運動部の関東大会ブロック予選会が各地の会場で開催されました。

 生徒たちは、日頃の練習の成果を出すべく、全力でプレーしていました。勝ったり負けたり、勝負は時の運です。大切なことは、最後まで決してあきらめず、ベストを尽くすことです。負けてしまった部は、次はインターハイ目指して、頑張ろう!

 『為せば成る』

 

  

写真部の作品が選ばれました!

花丸「千葉県写真専門部会とホテルポートプラザちばとの連携事業 「ホテル客室展示2024」」に応募した写真部2名の作品が、同ホテルの客室に1年間飾られることになりました。お祝い

2年生の工藤来夢さんの作品は作品名「うららか」で505号室に、同じく2年生の宮嶋陽菜さんの作品は作品名「移ろい」で813号室に飾られます。ピースハート

工藤来夢さんの作品「うららか」

宮嶋陽菜さんの作品「移ろい」

対面式・生徒会オリエンテーション・部活動紹介

4月10日(水)午前9時から、講堂において、生徒会主催による対面式が行われました。

 一年生と二・三年生とが講堂において向かい合い、初めて顔を合わせる機会として、生徒会長から一年生に対して歓迎の言葉が述べられました。その後、一年生代表から二・三年生に対して、これから始まる学校生活に向けて、挨拶がありました。

 同午後1時45分から、生徒会オリエンテーション及び部活動紹介が行われました。

 生徒会から生徒会行事のプレゼンテーションが行われ、昨年度開催された行事の写真やビデオが放映されました。

 その後、運動部、文化部による映像や実演を絡めた部活動の紹介が行われました。新入生の皆さん、高校生活が活力ある充実した時間となるよう部活動に参加しよう。

 

 

 

 

令和6年度 入学式

 4月9日(火)千葉県立木更津東高等学校入学式が、同窓会会長加藤様、PTA会長藤田様、PTA副会長唐鎌様の御参列のもと、新入生、普通科120名、家政科37名を新たに迎え、盛大に挙行されました。

 生徒は緊張の中にも、今日から始まる高校生活に、胸を膨らませておりました。

 これから3年間かけて、「なりたい」自分を見つけ、自己実現を目指して着実に歩んでいってください。

 

第3回 保育士養成講座を実施しました。

 令和6年3月25日(月)、2年生5名を対象に、清和大学附属金田幼稚園にて保育士養成講座を実施しました。
 第3回目となるこの講座では、「なりたい自分」への挑戦に向け、体験実習を通して保育士・幼稚園教諭の仕事内容を理解することを目標に行いました。  
 当日は、清和大学短期大学部の副学長の古川先生、同学部教授の竹内先生、金田幼稚園園長代理切谷先生をはじめ、子どもたちを預かる現場の先生方より、子どもと接する際の心構えや基礎的な知識を御教授いただきました。生徒たちは、子どもたちの反応にとまどいながらも積極的に寄り添い、貴重な体験を通して仕事の理解を深めていました。