千葉県教育委員会から

アクセスカウンタ

トータル906500

お願い

 NEWS,校長ブログ 等の記事の右下に,"投票する" というボタンがあります。
記事を読んで,「いいな」と思ったら,「クリック」してください。
どのような記事に興味を持っていただけるのか,参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 

携帯サイト

携帯サイトはこちら
 

ようこそ、校長室へ。

あなたは、9543 人目のお客さまです。(2020.1.17~)

校長室より愛をこめて

第21代校長ブログ >> 記事詳細

2020/01/07

校長室より196 730年の歴史と50回の伝統を胸に百人一首大会。

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 始業式などが一段落した放課後、本校の新春恒例行事「百人一首大会」の初日が、セミナーハウスで行われました。これは、各クラスから6名の選手が出場し2日かけて行われるもので、初日の今日は1回戦と2回戦が、源平戦(チーム戦)で行われました。



 この百人一首大会は、今回で50回目という長い歴史を持っています。私自身も、本校で担任をしていたころ、生徒の頑張りを夢中になって応援していました。見事に優勝した生徒たちと叫び声を上げたこともよく覚えています。小倉百人一首の持つ730年(一説です)には及ぶべくもありませんが、様々なものがデジタルに置き換わっていくこの時代、京葉高校がこのような行事を守ってきたことに改めて感動します。



 と、言いながらも選手たちは今の若者たちです。1枚の札を取るたびに歓声を上げ、取られたと言っては悔しがり、セミナーハウスは大いに盛り上がりました。全く初めてこの競技に臨む生徒もいる一方、冬休み中も登校して稽古を重ね、クラス対抗の「練習試合」を繰り返してきた選手もいるとか。会場は次第に熱気と緊張がみなぎり、上位3クラスが決定しました。この3クラスが明日の決勝に進出することになります。



 私も、2回戦では詠み手を務めさせていただきました。慣れない声の出し方でのどがちょっとうまく動かず生徒たちには迷惑をかけてしまいましたが、とても楽しく詠み終えました。

 このようなものを大切に守っていく学校、一生懸命取り組み楽しむことができる生徒たち。新年早々、なにより嬉しい時間でした。

 関係の記事は<こちら>にもあります。
トラックバックURLhttps://cms2.chiba-c.ed.jp/keiyo-h/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=854
16:12 | 投票する | 投票数(0) | トラックバック(0) | 学校行事