お願い

 NEWS,校長ブログ 等の記事の右下に,"投票する" というボタンがあります。
記事を読んで,「いいな」と思ったら,「クリック」してください。
どのような記事に興味を持っていただけるのか,参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 

携帯サイト

携帯サイトはこちら
 

アクセスカウンタ

トータル1013501

相談窓口

京葉高等学校
 0436-22-2196 (土日祝を除く8:30-16:30)
24時間子供SOSダイヤル
 0120-0-78310 (24時間)
千葉県子どもと親のサポートセンター
 0120-415-446 (24時間)
子どもの人権110番
 0120-007-110 (月~金8:30~17:15)
ヤング・テレホン
 0120-783-497 (月~金9:00-17:00)
千葉いのちの電話
 043-227-3900 (24時間)
チャイルドライン千葉
 0120-99-7777 (毎日16:00-21:00)
ライトハウスちば
 043-420-8066 (火~日10:00-17:00)
つらい時、苦しい時、困った時、
ためらわないで!
 

千葉県教育委員会から

ようこそ、校長室へ。

あなたは、37524 人目のお客さまです。(2020.1.17~)

校長室より愛をこめて

第21代校長ブログ >> 記事詳細

2019/09/13

校長室より111 生徒がいなければ学校ではない。嵐を乗り越えて。

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 台風の被害を乗り越えて、京葉高校は本日より授業を再開しました。生徒の健康や家庭事情などに配慮し、いつもよりも1時間始業を繰り下げ、午前中で終わるという形を取りましたが、多くの生徒が登校し授業に取り組んでくれました。



 生徒の健康状態に注意しながら、体育の授業も行いました。体育祭が近いためその練習を行っています。団体種目では歓声があがり、個人種目では応援の声がかかります。その声がいつもよりも大きな気がするのは、仲間と一緒に過ごすことのかけがえのなさを、皆がかみしめているからのような気がします。



 始業前には、ボランティアで校内の清掃をしてくれている生徒がたくさんいました。声をかけると、いつものように元気な挨拶が返ってきます。この子たちも数日間苦しい思いをしてきたのだ、今も厳しい状況の中で登校してきている生徒がいるかもしれないと思うと、胸が痛くなります。



 健康状態に問題がなく、無理なく参加できる者のみという指導を行いながら、時間を区切って部活動や体育祭の応援練習も始まりました。久しぶりに、校内に活気ある声があふれます。



 次第に熱が入ってきましたが、約束の時間になるとしっかりと活動を打ち切るのはさすがです(ちょっと足が出たところもあるかな)。



 生徒がいなければ学校ではない。学校の輝きは、そのまま生徒の輝きです。その輝きを大切にしたいと改めて感じました。
トラックバックURLhttps://cms2.chiba-c.ed.jp/keiyo-h/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=726
15:14 | 投票する | 投票数(19) | トラックバック(0) | その他