千葉県立京葉高等学校

〒 290-0034 千葉県市原市島野222
TEL 0439-22-2196 FAX 0436-25-1368
 

お願い

 NEWS,校長ブログ 等の記事の右下に,"投票する" というボタンがあります。
記事を読んで,「いいな」と思ったら,「クリック」してください。
どのような記事に興味を持っていただけるのか,参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 

携帯サイト

携帯サイトはこちら
 

アクセスカウンタ

トータル12363812012.6-

相談窓口

京葉高等学校
 0436-22-2196 (土日祝を除く8:30-16:30)
24時間子供SOSダイヤル
 0120-0-78310 (24時間)
千葉県子どもと親のサポートセンター
 0120-415-446 (24時間)
子どもの人権110番
 0120-007-110 (月~金8:30~17:15)
ヤング・テレホン
 0120-783-497 (月~金9:00-17:00)
千葉いのちの電話
 043-227-3900 (24時間)
チャイルドライン千葉
 0120-99-7777 (毎日16:00-21:00)
ライトハウスちば
 043-420-8066 (火~日10:00-17:00)
つらい時、苦しい時、困った時、
ためらわないで!
 

千葉県教育委員会から

学習指導について

 生徒の立場に寄り添い、保護者と同じ観点に立った、きめ細やかな指導を行っています。
 数学、英語、国語では少人数授業(1クラス20人程度)を行い、数学と英語では習熟度別授業を行っています。また、定期考査前を中心に、放課後の課外授業を行っています。
 国公立大学等の志願者には、各教科担当による個別重点指導で、進路実現を目指します。
 

活動の様子

学習活動の様子
12345
2020/08/27

校長室より323 夏休み終盤、実力アップで進路を切り開け!

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


市原市の小中学校はすでに夏休みが終了し、頑張って登校する子どもたちの姿を見かけます。本校は例年と変わらず9月1日に始業式を行いますが、今日も、校内にはたくさんの生徒がさまざな活動をしています。



例年より短くなった夏期休業期間ですが、今年度も希望する生徒が参加できる夏期講座が、19講座開講されました。国語、数学、英語といった定番の教科もありますが、小論文指導など進路関係に特化した講座もあります。もちろん共通テスト対策も行っています。



様子を見てみると、少人数ではありますが、自ら進んで取り組んでいるだけのことはあります。みんなとても真剣で一生懸命でした。また、教材を選んだり作ったりするところからはじめて、生徒一人一人に寄り添いながら指導をしてくれる先生がたの努力にも、頭が下がる思いです。



就職を考えている生徒たちも、この時期は面接練習などに必死で取り組んでいます。暑い中みんなで登校している小・中学生に負けないように、自らを磨く充実した夏にしてきましょう。
10:26 | 補習・ゼミ等
2020/08/20

校長室より320 漢字検定試験に挑戦。

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


感染症のため、本日が今年度初めての漢字検定試験ということになりました。学校内での実施です。まるでこの日を待ちかねていたように、たくさんのチャレンジャーが集まってくれました。中には部活の中で声を掛け合って一緒に参加し、励まし合って準備をしてきた人もいるようです。



先生からの丁寧な説明があった後、試験開始までのしばらくの時間。真剣に説明を聞いた後ふっと気持ちがほどけ教室の雰囲気が柔らかくなります。念のためにトイレに向かう人もいます。そして、「あと1分」という先生の声にまた教室の空気が変わり、「はじめ」の合図と共に、一斉にみんなの手と頭脳が動き始めます。とてもいい感じです。



校舎内の比較的目立つ場所に、漢字検定の過去問題が掲示しています。前に足を止めてじっと見入っている生徒の姿を時折見かけます。普段からのそんな気持ちが、試験当日にも表れてくるのですね。



努力の成果を楽しみにしていたいと思います。
10:22 | テスト
2020/07/29

校長室より314 本はもうひとつの世界へ連れて行ってくれる魔法のツール

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


図書委員会が主催する読書会にお邪魔しました。放課後の図書室に10数名の生徒が集まり、図書館担当の先生の司会で進みました。



内容は、それそれがお気に入りの本を持ち寄り、その内容や魅力をみんなに話すというものでした。一通り終わると、今度はみんなの発表についても意見を述べ合いました。選ばれた本を見ても、それに対するそれぞれの感想を聞いても、若い感性がしっかりと本の内容を受け止めていることがわかります。とてもすてきな時間でした。

最後に感想を述べる機会がありました。

この年になっても、仕事が終わってベッドに潜り込み一冊の本を開くと、疲れていてもあっという間に別の世界への扉が開く。本というのは、素晴らしい魔法の力を持っていると思う。その素晴らしさに、高校生の気づいて楽しめるみんなはとても幸せだと思う。これからもわくわくしていってほしい。

おおむねこんなことを話したと思います。

実は昨日、市原市中央図書館協議会に、委員として参加してきました。子供、若者たちに本の魅力を知ってもらうため、多くの大人が努力していることを知り感銘を受けました。本校の図書室も大人の一人として、これからもワクワクを若者たちに広げていきたいと思います。

参考までに、本日生徒が取り上げてくれた本を紹介します。
  • 「マスカレード・ホテル」東野圭吾
  • 「世界から猫が消えたなら」川村元気
  • 「いなくなれ、群青」河野裕
  • 「黒子のバスケ」藤巻忠俊
  • 「放課後美術室」麻沢奏
  • 「一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない」冬野夜空
  • 「三日間の幸福」三秋槌
  • 「武士道シックスティーン」誉田哲也
 酒井の好きな本も何冊かはいっていて嬉しかったです。

14:39 | 特別な取組
2020/07/29

読書会

| by 校長

NEWSから転載


 7月29日(水)の放課後に図書室で、読書会を行いました。参加者は、図書委員7名と希望者4名と校長先生でした。
 図書委員会では毎年読書会を行っていますが、今回は「おすすめの本を紹介しあおう」というテーマで、1人1冊本を持ちより、その本のあらすじや見どころを発表するという内容で行いました。
 参加した生徒からは、「普段自分が読まない本について知ることができてよかった。」、「緊張したけれど、自分の言いたいことをしっかりと話すことができてよかった。」などという言葉があり、とても意義のある読書会となりました。

14:35 | 特別な取組
2020/07/22

校長室より311 検定試験で腕に力を、胸に自信を

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


本校のコンピューター室を会場に、「日本語ワープロ検定試験」「情報処理技能検定試験(表計算)」が実施されました。



検定試験の最中は気が散って困るので遠慮して、直前まで続いた練習の様子を見せてもらいました。それぞれが課題を見つけて、集中して取り組んでいる姿が印象的でした。検定が始まる前に「頑張ってね」と声をかけてコンピューター室を後にしました。



雨降りでしたから、校舎内のあちらこちらで走ったりトレーニングをしたりしている部活動の姿があります。しかし、このような試験の妨げにならないよう部員も顧問も気を遣っていて、この界隈は静かです。検定本番が近づくにつれて、会場は緊張した空気が濃くなっていました。

いい結果が出るといいですね。
14:44 | テスト
2020/07/17

校長室より308 期末試験2日目。梅雨空の下、真剣なまなざし

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


期末試験2日目。あいにくの雨模様です。通学は大変ですが、本校では大きな被害はなく、こうして過ごせることを幸せに思わないといけませんね。



雨の「自転車門」。試験に備えて早めに登校している人、保護者に甘えて自動車で送ってもらっている人もいるのでしょう、いつもよりも人通りが少なく感じます。毎朝、この門の存在が生徒の安全を守ってくれています。



雨合羽など、しっかりと雨対策をしてくれているのは立派だと思います。傘差し運転ほど危険なものはありません。濡れたものを置く場所をしっかり準備できないのは申し訳ないのですが。



「机の中は空っぽだね?」「スマホ持っている人はいないね?」「机に落書きとかない?」等々、試験直前に監督の先生がひとつひとつ声をかけます。わかっていることであっても、すべての試験前にすべてのクラスで確認をしてもらっています。時々うっかりしている人がいて頭をかいたりしている中、徐々に試験に向かう雰囲気ができていきます。

試験問題と解答用紙が配付され、時間が来るまでのしばらくの間、教室の中に緊張と静けさが訪れます。みんな前を向いて手を膝の上に置き、まるで呼吸を整えているようです。覚えてきたこと、理解してきたことを、もう一度頭の中で確認しているのでしょうか。



そして、チャイムと監督の先生の号令。一斉に問題用紙が裏返され、筆記用具を持つ音が聞こえます。勝負です!

今学期、ただ一度の定期テスト。各教科の出題範囲を見せてもらうと、臨時休業中の努力も大事に評価に組み入れたいという先生がたの思いを感じます。テストが勉強のすべてではないし、勉強が学校生活のすべてではなく、もちろん学校生活が人生のすべてではありません。でも、自分が自分であるために、たった一度の高校時代、全力で学び、その証として全力でテストに臨んでほしい。

そんな姿を今日も見せてくれることが、校長への最高の誕生日プレゼントです。
14:48
2020/07/15

校長室より307 放課後の自主勉強は京葉の誇らしき伝統

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


いよいよ今年度最初の定期考査前日になりました。普段は部活動の声があちらこちらから響いてくる放課後ですが、さすがに雰囲気が違います。それでも、校舎の中を歩いてみると、たくさんの生徒の姿があります。



試験前の放課後になると、みんなが誘い合って教室で勉強をするのが、本校の誇らしい伝統です。



部活動やクラスの仲間でグループを作り、ちょっと賑やかにお互いに教え合っている教室もあります。「みんなで頑張る」って友情の他にも、誰かに教えるって自分の知識や応用力を鍛えるすばらしい方法なんですよね。



みんなが同じ方向を向き、張り詰めた雰囲気の中で一心に教科書やノートに向かっている教室もあります。真剣さが伝わってきて、思わず息を潜めて見守ってしまいました。



頑張っている生徒がいれば、放ってはおけないのが本校の先生がたです。科目・教科ごとに教室と日を決めて、生徒の質問に答えたりわかりにくいところを改めて説明してくれたりしています。半分自習、半分授業のようなとってもいい雰囲気です。



初めての定期考査に臨む1年生はどうかな、と教室をのぞいてみると、やっぱり自主的に勉強をしている姿がたくさん見られました。頼もしい!先輩から後輩へ、取り組む姿勢が引き継がれていっていることに安心します。

みんな、頑張れ!
14:49 | 補習・ゼミ等
2020/06/23

令和2年度、第1回英単語テスト

| by keiyo-h

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


本校では基礎学力充実のため、英単語テストと漢字テストを月1回程度行い、成績にも反映させています。今年度は4月から続いた臨時休校のため、今日が初めての英単語テスト(本校では英単テストと呼びます)でした。普段は朝一番に実施し以下の時間割を繰り下げるのですが、今は時差登校を行っているため一斉に朝行うわけにはいかず、昼休み終了後に行うことにしました。



昼休みが終わる少し前から、テストに備えた行動に入ります。いつものように机の中を空っぽにし、カバンを廊下に出します。もちろん、電源が入ったままのスマホ等を持ち込むことはできません。担任や副担任の先生も、早めに教室に行き声をかけてくれていました。しっかりと気持ちの切り替えができているでしょうか。



時間になると、「始め」という号令とチャイムを合図に真剣な空気が教室に広がります。みんながどのくらい準備してきてくれているかが気になります。このような小テストは、結果以上に取り組む過程が大切なものですから。登校できるようになって3週間が過ぎ、皆で学ぶことのかけがえのなさ、頑張りをぶつけることができる場所があることのありがたさ、もう一度かみしめてほしいと思います。
09:55 | テスト
2020/06/04

琴の授業(音楽)

| by keiyo-h

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


感染症拡大防止のため、各授業の取り組みにはどうしても制限が生じます。たとえば音楽の授業では、みんなで声をそろえて歌うことは当面できません。どんなことからスタートしているかと様子を見に行くと、さっそく印象的な取り組みでした。



本校は今のところ小規模の高校で、更に選択科目や習熟度別授業などを取り入れているため、もともと少ない人数での授業が多いのですが、今は午前・午後に分かれての登校です。少人数を活かしてしっかりと距離を置いた上で、和楽器である琴の演奏から今年度の音楽の授業は始まりました。人数が少ないからこそスペースも楽器も確保しやすいのですね。ひとりひとりに目が届きやすいし。



説明を受けた後、最初はおそるおそる、先生の指示に従って楽器を扱っていきます。柱を立て、爪をつけ、糸をはじいた瞬間、絨毯敷きの音楽室に和の世界が広がります。音ってとても不思議ですね。そしてとても魅力的です。今日のメンバーはとても勘が良くて、すぐにきれいな音色を醸し出していました。昨年の芸術鑑賞会での「和ギルドBAND」の演奏を思い出したりしながら、やがてこれらの音が溶け合って、素敵な音楽を作ってくれるのがとても楽しみです。
09:25 | 授業
2020/06/03

臨時休校開け、令和2年度初授業

| by keiyo-h

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


やっとのことで、今年度最初の授業が始まりました。生徒も先生も全員がマスクを着用し、可能な限り人と人との間隔を開け、窓やドアを全開にした中、はやる気持ちを抑えるようにやや落ち着いた口調で授業が進みます。今日は最初なので、今後の授業の進め方やルールなどを確認してから内容に入っていく教室が多いようでした。



自宅学習とは異なり集団での学びが学校の特色のひとつですから、本来であればそれを十分に活かした生徒相互の交流や対話を通じて、単に知識の伝達だけではない、生徒自らが何かを発見していくような授業を行いたいところです。感染症拡大防止の観点から、まずはできるところから始めて行くしかないようです。まずは、みんなが共に学べることを素直に喜びたいと思います。



換気のため空調の効果が十分でないことを考え、登校後に着替えて体操服で授業を受けることも可能としました。また、ペットボトルや水筒を使って、授業中であっても各自のタイミングで水分を取ることもできるようにしました。熱中症対策を始めとした生徒の体調管理のために生徒指導担当の先生たちがいろいろと考えてくれました。生徒一人一人が趣旨を理解し、しっかりとした学校生活を送ってくれることを期待したいと思います。



体育の授業はグラウンドにマーカーを置き、ソーシャル・ディスタンスを意識してもらうところから始まりました。日陰を使ったりしながら時間をかけて準備体操を行い、歩くところからゆっくり走るところまで、さらにいろいろな形で体を動かしていき、少しずつ運動に体を慣らす授業でした(それでもきつそう・・・)。楽しそうな生徒たちに「距離を取って!」と先生が声をかける場面もありました。



1年生を対象とした国語総合の授業では、図書館の使い方や読書の勧めの授業がありました。本校の司書の先生が画像を使って説明します。どうしても換気が悪くなってしまうので、最小時間での説明としましたが大切な内容です。最後に先生が「ありがとうございました」と挨拶をすると、すかさず生徒みんなが「ありがとうございました」と返してくれます。図書室がすがすがしくなりました。(そして換気、消毒)



分散登校ですので、生徒にとってはわずか数時間の授業です。それでも下校する生徒の顔には、久しぶりの授業の疲れと充実感が感じられました。やっぱり授業は学校の柱です。大事にしていきたいと思います。
09:20 | 授業
12345