千葉県立京葉高等学校

    〒290-0034  千葉県市原市島野222
TEL 0436-22-2196    FAX  0436-25-1368 
 

お願い

 NEWS,校長ブログ 等の記事の右下に,"投票する" というボタンがあります。
記事を読んで,「いいな」と思ったら,「クリック」してください。
どのような記事に興味を持っていただけるのか,参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 

携帯サイト

携帯サイトはこちら
 

アクセスカウンタ

トータル14184282012.6-

相談窓口

京葉高等学校
 0436-22-2196 (土日祝を除く8:30-16:30)
24時間子供SOSダイヤル
 0120-0-78310 (24時間)
千葉県子どもと親のサポートセンター
 0120-415-446 (24時間)
子どもの人権110番
 0120-007-110 (月~金8:30~17:15)
ヤング・テレホン
 0120-783-497 (月~金9:00-17:00)
千葉いのちの電話
 043-227-3900 (24時間)
チャイルドライン千葉
 0120-99-7777 (毎日16:00-21:00)
ライトハウスちば
 043-420-8066 (火~日10:00-17:00)
つらい時、苦しい時、困った時、
ためらわないで!
 

千葉県教育委員会から

学習指導について

 生徒の立場に寄り添い、保護者と同じ観点に立った、きめ細やかな指導を行っています。
 数学、英語、国語では少人数授業(1クラス20人程度)を行い、数学と英語では習熟度別授業を行っています。また、定期考査前を中心に、放課後の課外授業を行っています。
 国公立大学等の志願者には、各教科担当による個別重点指導で、進路実現を目指します。
 

活動の様子

学習活動の様子
12345
2020/12/23

高校生のセンスが光る「舞姫」ポップ

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


3学期に現代文の授業の一環として、あるクラスが森鴎外作「舞姫」のポップを作成しました。2学期最後の日になってしまいましたが、3年生の教室のある廊下に掲示されています。



一枚一枚見せてもらうと、授業で学んだことを高校生のセンスで表現したステキな作品揃い。



作者の語るものを受け取ることと、そしてそれを自分なりに表現すること。どちらもとても大事だと思います。このようなアナログでの作業はいずれ時代遅れになっていくかもしれませんが、生徒の感性を大切に、工夫をしていきたいと思います。


12:00 | 授業
2020/12/08

期末考査開始!廊下でも質問タイム

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


今日から2学期の最後を飾る定期考査が始まりました。

このところ、放課後になると「○○先生はどこにいるか分かりますか」という声をかけながら、校舎内のあちらこちらをさまよっている生徒をよく見かけます。分からないところをそのままにせず、担当の先生を見つけて質問をしたり教えてもらったりしようとしている生徒たちです。先生も体はひとつですから、いつもの場所にいつもいるとは限らず、とんでもないところで別の生徒に捕まったりしています。



教務室(職員室)の前の廊下。本当なら生徒の出席状況を記録するための黒板の前ですが、とつぜん数学のミニ授業が始まってしまいました。細かいところまで真剣に質問し聞き耳を立てる生徒、とうとうチョークを持って出席記録黒板に数式を書き始める先生。学ぶ気持ちがあれば、いつでもどこでもそこは学び舎です。



感染症対策のために必要な換気で教室の気温が下がることを考慮して、考査中の服装等に特別な配慮をする形で始まった試験。寒さにも感染症にも負けず、ぜひ実力を発揮してほしいと思います。
16:00 | 補習・ゼミ等
2020/12/03

ピアノ・声楽発表会の素敵な時間

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


机の上に小さな招待状があり、楽しみに出かけてみると3年生の音楽選択者によるピアノと声楽のコンサートでした。30分という短い時間でしたが、とても幸せな時間を過ごすことができました。(仕事の関係で最初に1曲だけ聞き逃してしまいました。好きな曲だったのに残念!)

子供の頃から習ってきた腕をこの機会に発表するというのではなく、週2回の音楽の授業の中で、一生懸命取り組んできた成果の発表です。確かに時々たどたどしい部分もありましたが、そこにもまた、ひとりひとりが頑張って取り組んできた努力の跡が見えるようで素敵でした。

卒業するとこうやってクラシカルな曲に挑戦する機会もあまりなくなってしまう人が多いかもしれませんが、音楽を愛する心、自分なりに挑戦する気持ちはずっと持ち続けてほしいと思います。

拍手!
















17:00 | 授業
2020/12/02

試験前恒例の放課後教室自習

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


12月に入ると、もう期末試験1週間前。外は小雨が降り寒いですが、教室には明かりが灯り、勉強に励む生徒の姿が見えます。恒例の放課後教室自習です。



以前は、何人かで机を寄せ合って分からないところを教え合ったり、互いに励まし合ったりしながらチームワークで勉強する姿もよく見たものですが、感染症防止の心構えが自然にできているのか、前を向いて黙々と教科書やノートに向かっている姿が多いです。



先生も教室に行って、質問を受けたり説明をしたりしています。試験は受けることが大事なのではなく、それを機会に分からないところや曖昧なところを学び直すから意義があるのだと思います。やっぱり少人数だと質問などもしやすいようです。



校舎の所々に、試験対策のプリントが置いてあったりします。授業で配って強制的にやるとかではなく、もっと勉強したい人とか、不安なところを確認したい人のために、先生が手作りしてくれる、それを生徒が受け取って頑張ってくれる、そんな関係はいいなと思います。



試験範囲や提出物が、きちんと書かれている教室も多いです。そんなことのひとつひとつが、みんなの勉強する雰囲気を作っているのだと思います。勉強は一人でやるものかもしれないけれど、そのひとりが勉強しやすい雰囲気はみんなでつくるんですね。みんながみんなの背中を押せるといいと思います。



頑張ってきた2学期もあとわずか。気持ちよく年末を迎えられるといいですね。
17:00 | 補習・ゼミ等
2020/11/16

体育の授業

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


今年も、剣道の授業のまとめのひとつである軽米旗争奪剣道大会が開催されました。3密を避けて、風通しの良い大きな体育館で、そして今年は各クラス13対13の団体戦で行われました。防具の下にしっかりマスクを着用し万全の体制で集まっています。



審判も各クラスから選出されています。部活動で剣道をやっている生徒もいますが、もちろんそればかりではありません。剣道の審判というのはとても難しいものであると思いますが、きちんと勝負を仕切っていて立派だと思いました。



雄々しく、そして楽しげに。礼に始まり礼に終わるという感じでしっかりとけじめをつけて動いていますが、実際に競技が始まると体育館にみんなの声援が響きます。声援は味方に対しての応援のみ、いわゆる野次は一切禁止。ガッツポーズも取らず相手への敬意を忘れない。そんな心のあり方も授業の中で伝えるべき大事なことなのだと実感できます。



最後の大将戦はなんとクラス担任同士の大一番。それぞれが一本ずつ取り、網一本を狙ってにらみ合う白熱した試合でした。男子生徒はもちろん、応援に来た女子生徒も、ここぞとばかり我が担任を応援します。

みんな、お疲れさまでした。
13:57 | 授業
2020/11/10

勉強ノート

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


臨時休校が終わった頃、3年生のとあるクラスは、担任の先生が一日1ページの勉強ノートを呼びかけました。あれから半年近くが過ぎ、すでに進路が決まった人も出てきた頃、こんな感じで頑張っている生徒がいるんですよ、と担任の先生が嬉しそうに紹介してくれました。



学校の授業の内容が丁寧にまとめてあったり・・・



自分の進路に関することを、自分なりに調べた内容がイラスト入りで記載してあったり・・・



毎日の勉強の足跡が、自分の書いた答えとその直しの形で残っていたり・・・



努力がしっかりと形になって残っています。

授業で関わった卒業生が「先生の授業、こんなに一生懸命受けてたんですよ」と高校時代のノートを見せてくれたことがあります。びっしりと書かれたノートを手に、とても誇らしそうでした。そんなことを思い出しました。

高校時代の努力はずっと残ります。このノートもきっと大切な宝物となって、いつか誰かに自慢できるのでしょうね。何よりも今、積み上げてきた頑張りが、しっかりと形になっています。まぶしいです。
11:00 | 特別な取組
2020/10/30

現代社会の授業より

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


今日の3年生「現代社会」授業では、実際に起きた殺人事件をテーマに、グループ学習を行っていました。



前回の授業で事件の概要などを知り、今日の授業では判決を出すために必要ないくつかの法律の考え方を学びました。そして、被告人であるA子さんにどんな判決を出せばいいか、グループで話し合います。

班で話し合った結果は小さなホワイトボードに書き込み黒板に並べました。わかりやすいです。無罪から懲役7年まで、いくつもの判決案が示され、各班の代表者が判決の理由や法的な根拠などを発表しました。



題材となった事件は「栃木県矢坂市実父殺害事件」と呼ばれる痛ましいものです。事実の重さを感じながら、真剣に話し合う生徒の姿が印象的でした。授業終了、振り返りのプリントを見せていただきましたが、「人を裁くことの重さを感じた」「自分と異なるたくさんの意見を聞けてよかった」等、心に残る授業だったことがうかがわれました。
16:31 | 授業
2020/10/19

授業公開アンケート結果

| by 校長

NEWSから転載


10月12日(月)に実施した授業公開のアンケート結果を掲載致します。
アンケートにご協力いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

アンケートまとめ.pdf
09:36 | 授業
2020/10/13

授業公開

| by 校長

NEWSから転載


10月12日(月) 授業公開を実施し、地域の中学生とその保護者の方に、授業や部活動の様子をご覧いただきました。中学校の秋休み中にもかかわらず18名の方々にお越しいただき、「学校のことが良くわかった。」、「京葉に入ってみたいと思った。」などと好意的なご意見をいただきました。

09:29 | 授業
2020/09/24

学習サポーター

| by 校長

第21代校長ブログ「校長室より愛をこめて」から転載


9月から、本校では「学習サポーター」さんという新しい仲間を迎えました。



この「学習サポーター制度」というのは、千葉県の義務教育を対象としたもので、千葉県教育委員会のサイトでは、次のように説明されています。

 県内の市町村立小・中・義務教育学校(千葉市を除く)に、学校教育活動の一環として行われる学習支援、家庭学習の充実に向けた支援等を行う地域人材を学習サポーターとして派遣し、児童生徒の学力向上を図ります。なお、本派遣事業は、国の「補習等のための指導員等派遣事業」を受けて実施しています。

今年度は臨時休業のため思うように勉強ができなかった状況に対応するため、高等学校にもこの制度が適応されることとなり、本校でもこうして新しい仲間を迎え入れることができました。



1年生の数学と英語の授業に加わり、授業担当の先生の補助をしながら生徒の様子を見たり、個別の指導をしたりしてくれています。もともと少人数制を取り入れ、できる限り生徒の理解に応じたきめ細やかな授業をめざしておりましたが、さらに生徒に寄りそった、丁寧な学習活動を行っていきたいと考えます。

できた!と思える授業のために。
15:41 | 特別な取組
12345