大野アートギャラリー

写真をクリックし、生徒の作品を御覧ください!
 

「パラスポかつなん」

『パラスポかつなん』では
障害者スポーツをひろめるため、千葉県葛南地区の県立特別支援学校の取組を紹介したり、障害者スポーツ用具の貸出を受け付けたりしています。
ぜひ、ご活用ください。


『オリパラ作品展』のページもご覧ください。
 

アクセスカウンタ

トータル236248

携帯サイト

 

校長挨拶 松本巌

『10th Anniversary
 千葉県立特別支援学校市川大野高等学園のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、社会的自立・職業的自立を目指す生徒のための専門学科(4学科9コース、1学年定員96名)を設置した高等部単独の特別支援学校です。

 「本物の働く力を育み、笑顔輝く生徒の育成」を教育目標とし、全ての生徒の豊かな社会参加の実現と企業就労を目指し、職業教育の充実、各教科・領域の学習や課外活動にも力を入れています。                                       

 校名の「市川大野」には市川市大野町に位置することから、地域密着型の学校になってほしいとの願いが込められたもので、平成24年4月の開校以来、地域方々の行事等への御支援と近隣企業・農家・公共施設等の「デュアルシステム」(働きながら学ぶ取組)への御協力を得て、地域密着型の学校として、確かな歩みを続けてまいりました。そして今年度からは、コミュニティー・スクールを導入し、校名の由来のとおり、地域と一つになり、地域とともにある学校として、さらなる進化をしていきます。

 また今年度は、記念すべき開校10年目を迎えました。この『10th Anniversary(10周年)』の年を「10th  Year」として位置づけ、開校記念式典をはじめ、年間を通して、様々な場面で、これまでの市川大野の10年の歩みを振り返りつつ、次の10年の礎となる学校づくりを目指していきます。

そして、生徒たちの働く力を育て、楽しく学び、社会で逞しく生きる力を身に付ける充実した学校生活を実現するため、教職員が一丸「チーム市川大野」として教育活動に取り組み、保護者の皆様や地域の方々に愛され、信頼される学校づくりに取り組んでいきます。

今後とも本校の教育活動への御理解と御協力をよろしくお願いいたします。


                              

 

学校概要

(1)名 称  千葉県立特別支援学校市川大野高等学園

 

 

(2)所在地  〒272-0805  千葉県市川市大野町4丁目2274番地

               TEL  047-303-80118012

               FAX  047-303-8191

 

 

(3)学科(コース) 園芸技術科農業コース 園芸コース

工業技術科木工コース 窯業コース

生活デザイン科ソーイングデザインコース
                                       染織デザインコース

流通サービス科(フードサービスコース
                                       流通コース
                                       メンテナンスサービスコース

 

 

(4)定 員  1学年12学級96名(各学科3学級24名)計288名

 

 

(5)施設・設備等 校地面積             40,876.00

          施設面積 管理・特別教室棟    3,162.01

               普通・特別教室棟    3,000.63

               体育館         2,829.39

 

 

(6)校 名  千葉県立特別支援学校市川大野高等学園

        一般に校名募集を行い,62候補の応募があった。本校は市川市大野町に位置し,市川大野という名称は市民によく親しまれている。地域との連携を深め,地域密着型の学校になってほしいとの願いが込められた。

 

 

(7)校 歌  未来へ  作詞・作曲 東風平 高根                        

        沖縄県出身のシンガーソングライター。」「」「自分と向き合う姿をテーマにした心に響く歌詞と「心の躍動感」「音を楽しむこと」が伝わる名演によって,音楽関係者をはじめ,教育関係者からも高く評価をけている。

    校歌「未来へ」







 

歴史と沿革

【本校設立の趣旨】

平成18年に改正された教育基本法では,その教育の目標の一つに「職業及び生活との関連性を重視し,勤労を重んずる態度を養うこと」が示され,平成20年に策定された教育振興基本計画においては,社会全体で教育の向上に取り組み人材育成に関する社会の要請に応えることが施策としてあげられた。教育と職業や産業社会との相互のかかわりを一層強化し,キャリア教育を推進し,産業界と連携して初等中等教育段階から高等教育段階に至る教育の連続性に配慮しつつ,職業教育を推進することが提示され,具体的な施策として「地域の人材や民間の力も活用したキャリア教育・職業教育,ものづくりなど実践的教育の推進」,「産業界・地域社会との連携による人材育成の強化」があげられた。

千葉県では,「千葉県の特別支援教育の在り方について(提言)最終報告」(平成18年3月)及び,「千葉県特別支援教育推進基本計画(平成19年3月)」において,『後期中等教育の充実と卒業後の自立支援』が提示され,職業教育の充実や地域ネットワークの重要性が唱われ,各地域において特別支援学校を中心とした就労支援ネットワークの構築が進められた。

平成19年に策定した「千葉県教育の戦略的なビジョン」及び「千葉県の教育を元気にする有識者会議(平成22年2月)」の提言をふまえ,「みんなで取り組む『教育立県ちば』プラン(千葉県教育振興基本計画)」が策定された。

「『ふれる』,『かかわる』,そして『つながる』」を基本的な取組方針とし,10年後の子どもたち・家庭・学校・地域の姿を展望し,それを実現するための目標と施策の方向性及び今後5年間に実施する重点的・計画的な取組等が示された。さらに、「元気プロジェクト 施策6」では「一人一人の特性に目を向けた特別支援教育を推進する」ことが示され,「特別支援学校の児童生徒数増加への対応」「キャリア教育と後期中等教育の充実」について重点的に取り組むこととなった。

このことを受け,千葉県教育委員会では,平成23年3月に「県立特別支援学校整備計画」を策定し,特別支援学校における児童生徒数の増加による教室不足,知的障害のある高等部生徒への社会的自立・職業的自立を図った。その計画に基づき,知的障害のある高等部生徒の社会的・職業的自立を図ることを目的とした県内2校目の高等特別支援学校として,平成24年4月に開校した。

 

【沿革】

平成234月 1日 県立市川高等特別支援学校(仮称)準備室設置

室長 渡邉昌夫,室長代理 松田厚,他室員4

 平成244  1日 千葉県立特別支援学校市川大野高等学園開校

初代校長 渡邉昌夫,高等部12学級96名,職員56

平成254  1日 平成25年度千葉県教育委員会研究指定校

高等部24学級189名,職員80

平成264月 1日 平成26年度千葉県教育委員会研究指定校

高等部36学級285名,職員108

平成274月 1日 高等部36学級287名,職員108

平成284月 1日 第2代校長 砂川博延,高等部36学級285名,職員109

平成294月 1日 高等部36学級287名,職員106

平成304月 1日 平成30年度千葉県教育委員会研究指定校

3代校長 田中均宜,高等部36学級284名,職員108

 平成314月 1日 平成31年度千葉県教育委員会研究指定校

          高等部36学級282名,職員107
 令和 2年4月  1日 第4代校長 松本巌,高等部36学級287名,職員108名

 

2020学校案内

 
2021学校案内
学校案内のリーフレットになります。
リーフレット表紙(1)
リーフレット(2-3)
リーフレット裏(4)
 

お知らせ


一校1キラッ! こちら 
 

所在地/アクセス

●所在地
住所: 〒272-0805  
    千葉県市川市大野町4-2274
TEL:  047-303-8011  FAX:  047-303-8191
mail: ichikawaono-sh@chiba-c.ed.jp
  
●アクセス
電車: JR武蔵野線 市川大野駅より徒歩約19分 
市川大野駅からの案内 (PDF)

バス: 市川大野駅、本八幡駅、市川駅より「医療センター入口」または「市川営業所」下車


マップ