茶華道部

【活動状況】 
 外部から講師の先生を招いて、月3回の稽古を行い、基本から丁寧に教えていただいています。
 畳の歩き方、お辞儀の仕方など、日頃あまり気にとめていないことから、稽古をし卒業するときには、綺麗な立ち振る舞いが自然とできるようになっています。
 今は、文化祭と
高文連主催の年2回の茶会に向けて稽古に励んでいます。1年生の後半になると、お点前もできるようになります。
 また、お道具の扱い方は、先輩から後輩へと伝授されています。お釜の扱い方、掛け軸の扱い方などなかなか難しいのですが、お道具を大切に思う心も併せて受け継がれています。季節に応じたお道具を使って、日本の美しい四季を充分に感じ取りながら3年間を過ごしていきます。茶華道を通じて、豊かな心を育んでもらいたいと思っています。