千葉県立柏陵高等学校

 

柏陵歳時記2

校長室七十二候 >> 記事詳細

2017/05/22

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

| by 109
  蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)
 5月21日(日)から25日(木)までが七十二候(二十四節気「小満(しょうまん)」の初候)の『
蚕起食桑(かいこおきて、くわをはむ)』です。
 「小満(しょうまん)」は二十四節気の一つで、太陰太陽暦の4月中(4月後半)のことで、太陽の黄経が60°に達した日(現代の太陽暦の5月21日か22日)に始まり、芒種(ぼうしゅ)(太陽暦の6月6日か7日)の前日までの約15日間。あらゆる生命が太陽の光を浴びてすくすくと育ち命が満ちていく時期です。
 その初候(しょこう)が「蚕起食桑(かいこおきて、くわをはむ)」です。蚕が元気に桑の葉を食べ成長する頃を表しています。その昔は「おかいこさま」と呼ばれ、生糸の生産で人々の生活を支えていました。
 5月の連休中に植えられた苗も、太陽の光を十分に浴びてスクスクと成長していました。5月20日(土)・21日(日)と我家の庭の温度計が30℃を超えました。学校でも5月から熱中症の心配をしなければならない時代になりました。
 今日から1学期中間考査が始まります。
 生徒諸君!最後まで全力で頑張れ!!

 我孫子市日の出にあるNEC我孫子事業所近くの水田風景(2017年5月21日撮影)
05:23